TOP > 政治・経済 > 二階氏に届いたすし20箱に臆測 幹事長攻防、最終章へ:朝日新聞デジタル

二階氏に届いたすし20箱に臆測 幹事長攻防、最終章へ:朝日新聞デジタル

 昨年夏から秋にかけ、幹事長の座をめぐる激しい暗闘が自民党内であった。それからもうすぐ1年。政権の浮沈につながりかねない争いが、再び繰りかえされようとしている。 7月2日夜、東京・紀尾井町のホテル。二…...

ツイッターのコメント(28)

政権幹部は今のところ、9月下旬に人事を想定する。その時点で、首相の党総裁としての任期は残り1年。長期政権の総決算ともいえる人事で、「首相にとって最後の本格人事になるだろう」(首相側近)との声も
二階幹事長って81歳?!
81歳にもなって権力持ちたいの?
GoToキャンペーンが81歳の面子を立てるために巨額の税金が投下される不思議な国
こんなことで自民党総裁が選ばれるんだから、この国が迷走するのも無理はない。いやむしろ必然。
今度の内閣改造で幹事長になれなきゃ岸田さんの目はいよいよない。
石破さんの言動を見ると、二階さんは少しずつ反主流派になりつつあるのかな。河合夫妻の事もあって今更岸田さんを推すわけにもいかないし。
「石破さんがこんなことをするなんて」。6月中旬、二階氏が執務する党本部の幹事長室がざわめいた。石破茂元幹事長(63)から突然、20箱のますずしが届いたからだ←政治の季節
親中派議員を幹事長に据えるとこの国は崩壊する‼️次期衆院選には親中派を排除せねば国民にそのツケが回って来る😤有権者の皆さん他人事では無く我々の将来に関わる‼️親中派排除を…。
昨年夏から秋にかけ、幹事長の座をめぐる激しい暗闘が自民党内であった。それからもうすぐ1年。政権の浮沈につながりかねない争いが、再び繰りかえされようとしている。
斯様にくだらない理由で、この秋に国会解散を本当に考えているなら、正に愚の骨頂だぁ😡
様々な世界が重なり合って、いまの現状があるんだと改めて思わされる。
そう思わせてくれるような記事が、多方面から多く世に出て行くことが、社会を変化させていくんじゃなかろうか。
これぞ政局記事!というのを久々に読んだ気がします。時代劇めいていると言ったら当事者に失礼ですが、権力をとりにいく人たちのドラマが活写されています
>6月中旬、二階氏が執務する党本部の幹事長室がざわめいた。石破茂元幹事長(63)から突然、20箱のますずしが届いたからだ。

「20」は党総裁選に出るための推薦人20人と同じ数。
こういう物語仕立ての記事、信用できるエビデンスがなさそうなんだけど、どうやって検証したらいいんだろう?
>
私の大好きなすし案件。新ネタ。

〝岸田氏を「トップをめざす人なんだから」と持ち上げ、「前途洋々だ。次を期待する」と笑みを向けた。「ありがとうございます」。岸田氏も顔をほころばせた〟
害毒と不要。

>さらに岸田氏を「トップをめざす人なんだから」と持ち上げ、「前途洋々だ。次を期待する」と笑みを向けた。「ありがとうございます」。岸田氏も顔をほころばせた。

「いつ記録になるのか」。二階氏は最近、周辺にしばしばそんな問いかけをする。幹事長としての通算在職日数が、9月8日で師と仰ぐ田中角栄元首相を超え歴代1位になることを意識しての言葉だ。👉
昨年の今頃のデジャブのようでいて、さらに複雑さを増し、この先の政治状況にも直結する幹事長人事。首相の立場で考えると、政権が揺らぐ時期にあってこの人事の難しさは際立ちます。
知らんわ。
”岸田派の若手は、首相の座を射止めるためにも「今年は幹事長をとりたい」。同派の関係者は「他のポストとは、カネと人事と影響力が違う。幹事長になればもっと人は寄ってくる」と語る”
秘書「先生食べ過ぎです。」
幹事長攻防: もし、現幹事長が「幹事長ポストが欲しくてたまらない総理総裁亡者」に幹事長ポストをスンナリと明け渡したら。新幹事長の下で解散総選挙が行われて自民党はボロ負け。新幹事長は、責任を取らされて総裁選挙に出る資格すら無し?!
うーん気になる。そして岸田はダメそう……。/
おぅ クラスタの「朝飯」がきたお
親日・親韓の二階には引導を渡す時が来たわ。コイツに媚びとる石破が総裁⇒首相になったら日本は謝罪外交を復活して1990年代の暗黒時代に逆戻り。大体80過ぎて政界に残っとるんじゃねえよ。
こんな政治ゲームに翻弄されるのはいやだ。ただ国盗りゲームの覇者になって、自身の財を増やしたいだけ。これまでの在り方を見ると、そうとしか思えない⇒
以上
 

いま話題のニュース

PR