TOP > 社会 > 何度も氾濫した熊本の「暴れ川」 模索していた治水対策:朝日新聞デジタル

何度も氾濫した熊本の「暴れ川」 模索していた治水対策:朝日新聞デジタル

 熊本県南部などを襲った集中豪雨。大きな被害が出たのは、過去に何度も水害が起きていた1級河川・球磨(くま)川の流域だった。これまでの治水対策は十分だったのか。気象庁による事前の警戒の呼びかけは十分だっ…...

ツイッターのコメント(21)

暴れ川とか聞いたことないないし、言った記憶もない。
九州の大雨氾濫、お悔やみ申しますが、球磨川はこの20に年で6かいの氾濫って?これ人災?国県市って何もやって無いのか?激甚災害指定にも動いて無い?
今回の球磨川洪水大被害で、なんとも不思議なのは、ここのダム建設を含む治水事業に関する数十年に渡る紆余曲折にTVが全く触れないことだ。現知事と、民社党政権がダム中止を決めたからといって、それにほっかぶりは国民を益々馬鹿にしてしまう。議論の封止だ。
被害は前回の約半分!

『球磨川流域では1060ヘクタール
6100戸が浸水したとみられる
戦後最大の洪水が発生したのは1965年
流域の人吉市や八代市で堤防が決壊
家屋1281戸が損壊、流失
約1万2800戸が浸水』
熊本県南部などを襲った集中豪雨。大きな被害が出たのは、過去に何度も水害が起きていた1級河川・球磨(くま)川の流域だった。
豪雨災害は本当に対応、対策が難しいと思う。まったく人ごとではないな。
→浸水だけでなく建て直しが必要な場合、被災リスクの高い土地での再建は認めるべきでない。安全な代替え地に集団移転を!
田中康夫知事の番記者として「脱ダム宣言」を取材した経験から、ダムの是非に議論を収斂させるのは危険。一定の溢水や決壊も想定し、命と財産を守る総合治水を深化させてほしい
こいつらのせい やろ.

・五木を育む清流川辺川を守る県民の会
・川辺川を未来に手渡す流域郡市民の会
粉塵マスクしなさい。
乾いた頃用に準備を。ダチョウマスクあるか?

一般市民の人は堆積土砂片付け時と作業後に水浴びできる国なら幸いな方だ。奴隷状態で、在庫あるのにマスクすらくれない政治犯に憎しみや怒りは当然だが、腹が減るだけである。
政治犯は呪詛奇病量世界初値
何やらまた適当な記事が上がってるようですな 市房は事前に貯水位減らしてるんだけど…それにあの線状降雨帯が来たらダムあっても何ともならんよ:
今日のテレビ朝日「モーニングショー」で、玉川徹氏は重要な指摘をした。人間が住む場所を拡げて、昔なら人が住んでいなかった所に住むようになった問題を指摘した。同感。
球磨川氾濫について今朝の朝日新聞の記事。
捜索するかたも頑張ってください、九州の方々の無事を祈ります、一人ひとりのチカラが命を救う
何を今更『治山治水』かな。お前が書いてきたのは「正しく避難すればいい」だろう。治山治水工事に反対してきた犯人はお前だよ。
おはようございます、多くの犠牲者が出てしまいました、ご冥福をお祈りします。どのような治水対策が必要だったのかしっかりと検証してください。
中国なら、住民をどかしてでも放水用の運河やトンネルを作るかな。/
犯人(?)探しも。「これまでの治水対策は十分だったのか。気象庁による事前の警戒の呼びかけは十分だったのか」。 /
この川に限らず毎年のように氾濫を繰り返す川の自治体って何をしていたの?と思わずには居られない。初めてなら後手に回るのも仕方ないが毎年の事に護岸なり改修なりダムなりなにか手は打てなかったのか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR