TOP > 社会 > テラハは「花のメンタルより視聴率が大事」母が見た苦悩:朝日新聞デジタル

テラハは「花のメンタルより視聴率が大事」母が見た苦悩:朝日新聞デジタル

 フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラー木村花さん(当時22)が死去した問題で、母親の響子さん(43)が4日、朝日新聞の取材に応じた。花さんが番組スタッフから、撮影…...

ツイッターのコメント(46)

もともとテラスハウスってほんとクズみたいな番組だと思ってたけど妹が「みんなそれをわかった上で楽しんでんだよ」と言うのでそりゃそうだよなと思っていた。木村響子さん、応援したい。
こういうのって怖い
テレビはそうって思ってるけど
フジテレビは暴力的だと思う。
私だって永峰明さんにされてきた名誉毀損や嫌がらせを思うと、フジテレビは決して倫理観がある企業には思えない。
結局、やらせハウスだったのね。酷い話だ。
番組のせいにしたいのはわからないでもないが、花さんは元々メンタルが弱く何度も自殺未遂を起こしていたみたいだし本人の名誉のためにこれ以上は言わない方が良いのでは?
お母さんは「無責任な人たちが安全な距離から石投げてるだけだから気に病むことはない」と励ましたけど、花さんは「ごめんなさい」と命を絶った。

胸が締め付けられる。
切り取った部分だけで分かった?
すべては切り取られた一部である
これはここで当然として政治にも愛方さんにも言えること。伝わるのは一部。それが相手への尊厳。
それなしを続けるとどうなるか?
視聴率ちゃうんや。あんなもん表向きの理由。
要はなぜ「リアリティショー」なんてものを流すのかだ。
要するに現実に近く、ぎすぎすにすることで視聴者の精神を削ってエネルギーを奪うためなんだ。
子どもは学校で、大人は会社で、人はたまたま割り振られたキャラクターを演じることになる。
そのキャラは本来、自分そのものではない。
そんなことは分かってる。

でも、テレビのリアリティー番組は
そのキャラの味付けをカネに変換している。
キャラをリアルと思わせて。
「出演者と制作側は対等ではない」という言葉、番組制作者側にちゃんと受け止めてほしい
TV局はやるよ。
あいつら、自分らを神だと思ってるからな
スタッフから男性をビンタしてはと持ちかけられ悩んだ末に相手の帽子をはたいた経緯を車の中で響子さんに打ち明けた。撮影で涙が止まらず過呼吸気味になってもカメラを回され続けたなど悩んでいた☞
初めからわかりきっていたこと
≪「明確な指示がなかったとしても、出演者と制作側は対等ではない。22歳の子が断れる状況だったといえるのか」と反論した。「(『』は) リアリティー番組をうたっているけど、中身はそうじゃない、視聴者の誹謗中傷を誘うつくりだったと認めてほしい」≫
この一問一答は、新聞調の切り詰めた文体じゃなくて、間やためらい、重複も含んだ、書き起こしで読みたい。/
なんかもう全部しんどい

"「たとえば花が『テラスハウスはしんどい、辞めたい』と言っているのをみんなが聞いてて、スタッフの人たちにも伝えていたのに、『花ちゃんがいると視聴率がとれるから』『花ちゃんのように目立つキャラの子が入ってくるまで待って』と引き留められていた」"
「演出なし」という演出には視聴者への「騙し」が入っている。騙しが生む炎上も意図されたもの。誹謗中傷した人以上に制作側の責任が厳しく検証されないと、花さんが浮かばれません
「リアリティTV」という形式と「プロレスラー」という出演者の組み合わせ。出演者の職業規範のようなものが、わかりやすい演出を期待する番組制作側にとって都合のよいものだったのかもしれない。
「自身も元プロレスラーだった響子さんは、「プロレスラーは期待されたものに対して無理しても応えようとする。骨が折れても『大丈夫』と言う人たち。ビンタを期待されたら、断ることは花にとって苦しかったのでは」と話した」
制作側は さんの精神ケアよりも視聴率や利益を最優先していたのではないか。第三者による検証を。

木村花さん母
なぜ、炎上した内容を地上波で放送するユーチューブにアップする必要あったのか。花の精神状態よりも視聴率を大事にしたという風にしか見えない。
腐り果てたテレビ屋の中でもフジテレビはバイ菌までばら撒く腐乱テレビ屋だよ。
。『死の8日前、花さんはコスチューム事件の場面ではスタッフから、男性をビンタしてはどうかと持ちかけられ、悩んだ末に相手の帽子をはたいた経緯を車の中で響子さんに打ち明けた。』 フジはこれを嘘と言う。
かつて「いやなら見るな」で視聴率を下げたフジテレビ、また皆んなで見ないでおこうか!www
認めたら が終わるくらいの衝撃だから(毒)
「本当にみんな体質が一緒なんです。プロレス団体の親会社、芸能事務所、フジテレビ、制作会社。みんな木村花という人間ではなくて、商品としてしか見ていなくて、自分たちがもうけて利用した」
ものすごい核心をついてるよ…
なぜ演出という名のヤラセをしてしまうのか。
なぜバラエティー番組を鵜呑みにして誹謗中傷してしまうのか。
なぜ(卒業証書が偽物とかの)デマを鵜呑みにして批判しまうのか。
疑問は尽きない。
花さんが番組スタッフから、撮影中に共演者をビンタするよう提案されたと聞いたと明かし、「本当のことを知ってもらって、花の名誉を回復してあげたい」と語った
フジ側「ビンタ求めた事実出てない」

死人に口なしってやつか。誓約書出させておいて、そんなこと求めていないと逃げたり。フジテレビは卑劣だ。
は「花のメンタルより視聴率が大事」母が見た苦悩:朝日新聞デジタル
も悪いようですね
スタッフは口が裂けても言わないよね。自分が提案したことで人が亡くなると思わなかったの?若い命が失われたことだけがただ一つの事実。

-
"期待されることを150パーセントやろうとしてしまう"女の子を利用し尽くしたのがこの件の全貌なのだとわかった。
企業は人のことを使い捨てとしか思っていない。
ぜひ提訴して業界を壊してほしい。
貴社(朝日新聞)の下にもテレビ朝日ってテレビ局ありますが・・数字(視聴率)大事に考えてないんですかね(´・ω・`)
逆に言うとテレビを見ている人達が悪質カルト化してると言う事。テレビを見ている人と見ない人の差がどんどん開く。
木村花さんは女子プロレスを広めようと真摯に取り組んでいました。母親の響子さんの訴えを読む限り、制作側にプロレス=暴力という誤った価値観があったと感じざるを得ません。

フジテレビは昔、全日本女子プロレスとも関係が深かったテレビ局です。責任ある対応を望みます。
今のコロナ対策の構図と同じものを感じます。
「テラスハウス」に出演していた木村花さんが亡くなった問題で、母親の木村響子さんにお話を聞くことができました。インタビュー記事です。
台本までは無いにしてもキャラ設定や演出意図はスタッフ側に有ったのだろう。指示通りに行動してSNSで叩かれて誰もフォローしてくれない状況はとても辛かったに違いない。(´;ω;`)
いまだにTVの世界って1人の人間より視聴率が大事だなんて,どうかしている.組織の人間でも1人の人間として何も考えないのだろうか.真実が明らかになりますように.
プロレス団体の親会社、芸能事務所、フジテレビ、制作会社。みんな木村花という人間ではなくて、商品としてしか見ていなくて自分たちがもうけて利用した。周りの大人たちがうそばっかりいっていたので疑心暗鬼になった
死の8日前、スタッフから男性をビンタしてはどうかと持ちかけられ、悩んだ末に叩いた経緯を母に打ち明けた。撮影で涙が止まらず過呼吸気味になってもカメラを回され続けたことなども話し、悩んでいたという。
"出演者は番組側と「本番組収録期間中のスケジュールや撮影方法(演出、編集を含みます。)及び待遇等本番組を制作及び配信・放送するために必要な「一切の」事項に関して、「全て」貴社らの指示・決定に従うことを誓約します」などと取り決めた同意書を交わしていた。"
プロレスラー木村花さんの母親の響子さんのインタビューです
以上
 

いま話題のニュース

PR