岸田氏「長期政権のおごりや飽き、謙虚に受け止めねば」:朝日新聞デジタル

■自民党・岸田文雄政調会長(発言録) 長期政権のおごり、あるいは飽きがあるのでないかということは、謙虚に受け止めなければならない。(安倍晋三首相の自民党総裁の)4選について具体的な動きはないが、国民の...

ツイッターのコメント(20)

長期政権のおごりや飽きと言うレベルではなく、訴追を心配するレベル。失敗続きの外交、任命無責任などぼろぼろ。悪夢の再現を避けるには与党の自浄作用が最後の望み。
何を言ってるんだ
あんたがだらしないから腐敗政権が延命してるんじゃないか
自民党に謙虚な奴なんて居ないやろ。
自民党が存続することが日本の不幸や。
≫長期政権の驕りあるいは飽きがある‥
⇒真に ≪安倍愚猿政権への批判≫である。但し、直近時の批判だから、安倍愚猿の本質たる ≪己の無知に無知無学無教養無恥≫、要はリーダーの資質が欠片もないことに糾弾が及ばない。
⇒謙虚に受け止めても駄目な奴は駄目なのである。
お前も消えなさい・・
今さら善人面?
あんた方が「謙虚」だの「真摯」だのと言っても、ハナで嗤う以外にない。
主要国の首脳二期分程度の期間が長いっておかしいと思うんだけどな日本は短気
口ではなんとでも言える。本当にそう思っているとは思えない
もう手遅れです
 
PR
PR