TOP > スポーツ > ラーメン二郎愛するボクサー 300杯食べて減量の秘密 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

ラーメン二郎愛するボクサー 300杯食べて減量の秘密 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

 ボクシングと言えば、減量を避けて通れない。それなのに、ボリューム満点ラーメンの代表格「ラーメン二郎」をこよなく愛し、年間300杯以上のラーメンを食べるプロボクサーがいる。ジロリアン陸(32)。好きな…...

ツイッターのコメント(17)

ジロリアン陸
300杯食べて減量の秘密
朝日新聞デジタル

ジロリアンってそういうことなのか
@smmur5 はい、身体にいいラーメン、お待ち。
年300杯なら1日1杯未満で、他に何を食べてるか知らんが、「それだけ食べていながら減量なんて」というほどでもない気がするが
「おすすめはセブンイレブンのカレーうどん。ボリュームの割にカロリー、脂肪が少ない」「大事なのはすべてを記録すること。ただ、体の水分量でも体重は変わるので、一喜一憂しないことも大事」
@c_dalio 81.0kg



ちだ氏にピッタリな記事を見つけました
リングネームの「ジロリアン陸」で既に草生えるけど、体の内と外から肝臓と腎臓を痛め続けるとかようやるわ
「好きなものを食べながら、試合のたびに10キロ以上の減量に取り組む「減量のプロ」に、新型コロナウイルスによる自粛生活で太ってしまった人へ、ダイエット方法の助言をもらった。」
「ラーメン二郎をこよなく愛し、年間300杯以上のラーメンを食べるプロボクサー ジロリアン陸に、新型コロナウイルスによる自粛生活で太ってしまった人へ、ダイエット方法の助言をもらった」
すごいコンセプトの記事。
「減量法は、徹底したカロリー計算」とあるけども、二郎1杯のカロリーはいくらで計算しているんだろうか。
私に必要な記事みつけた、保存決定

好きなものを食べながら、試合のたびに10キロ以上の減量に取り組む「減量のプロ」に、新型コロナウイルスによる自粛生活で太ってしまった人へ、ダイエット方法の助言をもらった――
山口史朗記者が書いた原稿を読んで、ただ素直に、面白いと思いました。明日からヤマグチジロウ記者になって欲しいほど。

「減量中『二郎を食べて計量オーバーする夢を何度も見る』とも明かす。」。

好きなものを断つ上に、減量の苦しみ。想像を絶する。
おもしろいし、ためになる記事。今度買ってみよ。
「おすすめはセブンイレブンのカレーうどん。「ボリュームの割にカロリー、脂肪が少ない」のだとか。ビーフジャーキーやほっけもよく食べる。」
" 減量中、「二郎を食べて計量オーバーする夢を何度も見る」とも明かす。試合前日に計量が終わると、その足で二郎に向かうのが恒例行事だ。"
羨ましい・・・w ↓
「ラーメン二郎」をこよなく愛し、年間300杯以上のラーメンを食べるプロボクサーがいる。ジロリアン陸(32)。
6月26日昼。取材の待ち合わせ場所は東京都足立区の「ラーメン二郎千住大橋駅前店」だった。



 300杯食べて減量の秘密:朝日新聞
ボクシングと言えば、減量を避けて通れない。それなのに、ボリューム満点ラーメンの代表格「ラーメン二郎」をこよなく愛し、年間300杯以上のラーメンを食べるプロボクサーがいる。
以上
 

いま話題のニュース

PR