TOP > 社会 > 性別を超えた愛情、演技で伝えられれば 草なぎ剛さん:朝日新聞デジタル

性別を超えた愛情、演技で伝えられれば 草なぎ剛さん:朝日新聞デジタル

 昨年撮影した映画「ミッドナイトスワン」の公開が秋に決まりました。僕は、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの凪沙(なぎさ)という役を演じました。いつも以上に想像力が必要な役で、事前に資料を読んだ...

ツイッターのコメント(13)

昨年撮影した映画「ミッドナイトスワン」の公開が秋に決まりました。
≪やったことのない役だと、演じられるのか不安があるんだけど、その方が自分の心の扉が開いていく感じがします。心配な要素があるがゆえに、その場その場でいろんな空気を吸収しようとする。そういう力って安心していたら出ないと思うんです≫
心と体の性が一致しないトランスジェンダーの凪沙(なぎさ)という役を演じました。いつも以上に想像力が必要な役で、事前に資料を読んだり、当事者の方に話を聞いたりして、役を膨らませていきました→
素敵💛💛💛
とても素敵な記事でした♪ #ミッドナイトスワン
「性別を超えた愛情」ですか…はぁ…。
こういう役をやっても、その「性別」がsexなのかgenderなのかには無頓着なのね。
つよぽんの写真、やわらかい雰囲気があふれてる……(^ー^)
今月は剛君✨どの写真も素敵😍
映画 観る前からドキドキしてしまう💛少しでも沢山の方々に観ていだだける環境で無事に公開されますように💗
こーいう記事を朝日新聞が書くと

現実に生きる私たちを無視して身勝手なロールモデルに押し込もうとしてるようにしか感じないのは何でだろね?

それは

私たち個々の当事者に対する地道な取材を全くしていないからだと思うのです

たぶん間違いない
#草なぎ剛 #草彅剛 草彅剛 #ミッドナイトスワン ミッドナイトスワン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR