辺野古に波乱? 沖縄県議会、知事と距離ある議員が議長:朝日新聞デジタル

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画をめぐって政府と対立する玉城デニー知事の足元が揺らいでいる。県政与党が過半数をかろうじて維持した6月の県議選後、初の定例会で、県政与党側が推す議員が議長選...

ツイッターのコメント(10)

@doctor0621 沖縄は現在自民党の方が野党のようですし、、、。
ゴメン、意味が分からない。

与党ながら知事と一定の距離を置く会派「おきなわ」
「自民側はこの枠組みで、副議長と三つの委員長ポストも手に入れた。」
これは……。
この波は、辺野古に波乱を起こすだけでなく、香港や台湾にも影響を及ぼしかねない重要な出来事という認識を沖縄県議会の皆様に持って欲しい。
そりゃあんな知事とはやってらんねーという連中は多かろう
そりゃ現実を直視しない脳ミソお花畑な知事と県政与党に嫌気がさす人も増えるでしょうよ(笑)
議長に意欲のあった赤嶺氏と、2年後の知事選に向けて県議会で主導権を握りたい自民側の思惑が一致。19議席の自民会派の働きかけで、公明2人、中立2人に加え、会派「おきなわ」が赤嶺氏議長案で同意した。自民側はこの枠組みで、副議長と三つの委員長ポストも手に入れた。
赤嶺氏は報道陣に「与党のスタンスは変わっていない」と強調する一方、「(他の)与党会派との信頼関係が今はない」
沖縄県議会、知事と距離ある議員が議長
以上
 
PR
PR