TOP > 社会 > 10年前の悲劇が教訓に 巨人コーチ、AEDで人命救助:朝日新聞デジタル

10年前の悲劇が教訓に 巨人コーチ、AEDで人命救助:朝日新聞デジタル

 巨人に刻まれた悲しい記憶が、10年以上の時を経て人命救助につながった。プロ野球巨人の会田有志・3軍投手コーチ(36)が28日、倒れていた男性に救命措置を取って、男性が一命を取り留めるという出来事があ…...

ツイッターのコメント(16)

道徳の教科書に載せたい話
救命講習は受けたけど血だらけで心停止した人を目の当たりにした時に救護活動出来る自信はない。
せめてAEDくらいは躊躇なく使えるように心の準備はしておこう。
7月1日はAEDの日!

5年前の5月4日に僕はフットサルの試合中にシュートが胸に当たり心肺停止になりました。
でもAEDがあったから、AEDを使える人がいたから今こうして生きています!

知っているだけで救える命が沢山あります!

今大切な人が目の前で倒れたら助けれますか?
これは凄いことだなぁ‼️
簡単にはできない事だなぁ‼️
昔、AEDの練習をする機会がありました。講師の方に「自分がAEDを使ってもっと危険な状態にしてしまったらと思うと怖い」と伝えると『何もしないと目の前の人は死ぬかもしれません』と言われました。それから万が一このような場面に遭遇したら積極的になろうと決めています。
はい!今日のいいニュースです!
皆さん、AEDの使い方知ってますか?
毎年AED講習を受けていたと書かれていたが、それでも即座に行動するということは簡単なことではないと思うし、ものすごく勇気のある行動だ。これは実際の学校や職場でも毎年取り組んでもいい内容だと思うんだけどな。
木村拓也さん亡くなってたなんて知らなかった…。
人命救助の話で一番怖かったのが、倒れてるのに見て見ぬ振りされてた事。
東京ってガチでそうなのね。
何とか効果とか言ったよね。誰かが助けてくれるや〜ってなるの。ならないよ!
敵ながら素晴らしい!😊
おー、さすが我が後輩。
アップでバク宙してた記憶しかないがたいしたもんだ。
木村さん( ; ; )
いい話や。
キムタクも喜んでいることでしょう。
あれってもう10年前なんだな/
“実は会田コーチは毎年、国際武道大で救命の講習を受けている。そのきっかけはチームメートだった木村拓也さんの存在だ”
電車通勤(驚)
以上
 

いま話題の記事

PR