TOP > 社会 > アップリンクは「深刻さ自覚なし」 対策に元従業員反論:朝日新聞デジタル

アップリンクは「深刻さ自覚なし」 対策に元従業員反論:朝日新聞デジタル

 映画配給やミニシアターを運営する「アップリンク」(東京都渋谷区)の元従業員が、パワーハラスメントがあったなどとして同社と浅井隆代表に損害賠償を求めて提訴している問題で22日、原告3人が会見を開き「ま…...

ツイッターのコメント(11)

昨日、アップリンクのサイトに掲載された声明に対する原告団の見解と今後の要望について会見を開いて、説明させていただきました。
さっそく記事で取りあげていただきました。
ありがとうございます。

【朝日新聞】
「私たちと異なる場所で似たような悔しい思いをされていた方々がいると改めて知りました。社会全体でハラスメントの深刻さに向き合って、どんな事情があってもハラスメントは許さないという社会を築く重要性を痛感しています」
ラグビータックル事件のときといい
(このときはコミュニケーションが不足していてすいませんとかいう意味不明なものだった)

問題については謝罪ぜず、
問題をすり替えて謝る風潮なんなん?
アップリンク自体は好きなんですが…これはよっぽどのパワハラだったんだろうな…
謝罪しないとか…全然何とも思ってないんだろーな。
かわいそうだけど代表が辞任しない限り今後も何も変わらんね、きっと。
"錦織可南子さん(26)は「誰かの犠牲の上に成り立つ文化なんてありません。映画に関わるすべての人の尊厳が守られてこそ、文化は成り立つし、文化を発信する場所は生きてくるのだと思います」と涙ながらに訴えた"
原告の浅野百衣(もえ)さん(31)は「社会全体でハラスメントの深刻さに向き合って、どんな事情があってもハラスメントは許さないという社会を築く重要性を痛感しています」と語った。
アップリンク、パワハラ問題
浅井代表は早めに「謝罪文」出して、
火消しに走ったけど、
労働者は簡単にゆるさない

労働者たちの覚悟の深さを思い知る
とことんやろう
応援します

スレに全てリツイする


(朝日新聞)
何年も何年もパワハラを日常的に行ってきた人間が口にする改善を信じれるとしたら、そいつが自分がやってきたことで徹底的に社会的に死んでからだよ。人を正論でだますのはお手のもんだからね
「原告側に直接の謝罪はなかったという」
ダメな奴ってことですね、結局。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR