TOP > 社会 > ハムスターも新型コロナ肺炎 人に似た症状、研究に光:朝日新聞デジタル

ハムスターも新型コロナ肺炎 人に似た症状、研究に光:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスがハムスターの気道や肺で増えやすく、人の患者と同様の肺炎を引き起こすことが、東京大などの研究でわかった。新型コロナの治療薬やワクチンの開発には、人の症状を再現できる動物の実験が重要…...

ツイッターのコメント(28)

イヌ⇒イヌ、ネコ⇒ネコの感染も確認された新型コロナウイルス。今度はハムスターにも感染確認・・・😢
実験にも、コロナにも感染し
なんか可哀想…💦
「感染から20日後、回復したハムスターに再びウイルスを加えると、いずれも肺や鼻の穴などからウイルスは検出されず、再感染に抵抗力があることもわかった」
飼ってる人は気を付けないと>>
ハム達が人を癒し、人を助ける存在になろうとしている!
心が痛くなる部分もあるけど、ハムスターのいる人間と共存する社会。それをハムスターと人間で作れることを祈ってます
ーー
・6/23
ハムスターの気道や肺で増えやすく、人の患者と同様の肺炎を引き起こすことが、東京大などの研究でわかった。新型コロナの治療薬やワクチンの開発には、人の症状を再現できる動物の実験が重要となり、ハムスターが有力な候補になりそうだ。
@asahi_kankyo ②重症急性呼吸器症候群(SARS)のコロナウイルスに感染することが知られている。東京大学医科学研究所の河岡義裕教授らのグループは、人の患者からとった新型コロナウイルスをハムスターの鼻の穴に入れ、気道や肺でよく増えることを確認した。
良いニュースとして出てるけど、見方変えたらネズミがキャリアになる可能性あるって話よな。
●ハムスターは人間とほぼ同じ病態を呈する
→気道や肺でウイルスが増殖し、感染後2日目で肺炎像が見られ、6-8日でピークとなり、その後に回復すると。
非常にヒトによく似た経過をたどるようです。
治療薬やワクチン開発のための動物モデルとして有力な候補になると。
まじっすか?
これもウイルス精製に時間をかけたとは思えない。その過程は語られない。そしてCT検査している。こんなものは非科学。/
種族的に考えてそれネズミが媒介するってことじゃね・・・?ヤバくね?
「回復したハムスターの血液から血清をとり、初めて新型コロナに感染させたハムスターに注射する血清療法の効果も調べた」 げっ歯類のハム,頑張れ。
記事の中身もだけど、このつぶらな瞳にみせられ、つい
富田さんが心配😭
雨合羽の次はハムスターの供出が始まる流れか(違|
科学者としては嬉しいだろうけど、ペット飼ってる人としては見てられないだろうなぁ
ハムスターも新型コロナ肺炎に罹患、人に似た症状、抗体’研究に光 #COVID19
「薬などの研究では人に近い症状を示し、扱いやすい小動物が求められていた」「獲得した免疫で再感染を抑えられたということは、少なくともウイルス毒性を弱めた生ワクチンは効く可能性が非常に高い」
より一層気を引き締めて手洗いうがいを徹底し絶対菌を持ち込まないようにする…
そしてハムスターが人間に生かされてるのではなく
人間がハムスターに生かされてるのではないかと思うなこれ…
うちにもいたハムちゃんが。。。
ハムスターの実験では再感染はしなかったらしい。朗報。それにしてもハムスターも感染するのか。新型コロナ恐るべし。
人の患者からとった新型コロナウイルスをハムスターの鼻の穴に入れ、気道や肺でよく増えることを確認した。
肺炎は2日目ごろから現れ、6~8日ごろピークになり、その後回復していった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR