TOP > 社会 > まるで「ホラー映画」の国 餓え死にも…帰れぬ人の苦悩 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

まるで「ホラー映画」の国 餓え死にも…帰れぬ人の苦悩 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの感染が急拡大している南米ペルーで足止めされ、日本に戻れない日系ペルー人の女性がいる。静岡県熱海市在住で、30年近く暮らしてきた日本への帰国を望むが、国全体に厳しい外出制限が敷かれ…...

ツイッターのコメント(10)

・自宅で死んだ家族の遺体を、玄関先に置いたままの家もある
・あいまいな外務省の基準
・入国できなければ航空会社の責任になるため、航空会社は確実に入国できる人しか搭乗を許可しない
「静岡県熱海市在住で、30年近く暮らしてきた西岡さんは1991年に来日。日系ペルー人の夫とともに息子2人を育て、日本の永住権を持つ」「ペルーでは、4月からコロナが猛威を振るい始めた。人口約3200万人の同国で、6月22日時点で感染者約25万人、死者約8千人に至っている」
ソラヤちゃんVISAが下りなくて3月に来られなかったけど、それで良かったと言ってた。でも、日本に来るために準備してたこと続けるモチベーション失ってた。:朝日新聞デジタル
ペルー国内事情や日系の置かれている問題を伝える良記事。
ペルーでは1日平均60人死亡。保健所が手一杯で玄関先に遺体をおいたままの所もあり。両親亡くなった幼子が助けをもとめてくる…。

[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
これはヤバい
日本に帰りたいのに帰れない日系ペルー人がいます。
ペルーをバカにするなー
新型コロナで両親を亡くした子の助けに、感染を恐れ答えられない。放置されたままの遺体。「...息子たちが住む日本に一刻も早く戻りたい」日本政府の曖昧な永住権や定住権を有する外国人の入国許可対応。入国できない際の責任は航空会社になるため、乗継時に搭乗拒否された人も
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR