映画配給アップリンク、代表がパワハラか 元社員ら提訴:朝日新聞デジタル

 東京や京都で映画館も営む映画配給会社「アップリンク」(東京都)や関連会社に勤めていた元従業員の男女5人が16日、在職中に浅井隆代表(65)からパワーハラスメントを受けたなどとして、浅井氏と会社を相手...

ツイッターのコメント(48)

私も以前、自身の映画『ZONE存在しなかった命』でアップリンク上映した時に、出演者の1人が乱入警察沙汰になり被害者である私に全責任押し付けてアップリンク社長・浅井隆氏は以降私の映画をアップリンクでは上映しないと恫喝した。いつか提訴してやろうかと考えていましたが
アップリンク吉祥寺の利用者としては残念なニュースだが、エイドのこともあるし、声を上げた人たちと館の両方にとってもいいかたちで落ち着いてほしいものだなあ。/
〝やりがい詐取〟を元にしたこーいうパワハラ企業って結構あると思う。経験ある。
今までは泣き寝入り案件だが、SNSで排除していける良い時代になった。
映画とスタッフに罪はなく、権力握るために映画とスタッフが利用された。やりがい搾取を許す時代ではないんだろうなー。

 元社員ら提訴:
むつおさんのストーリーみて気になった。パワハラは今まで働いてきた環境どこにもあって、本当に嫌だなダサいなと思っている。
このニュースを「映画業界のやりがい搾取」に置き換えちゃってる人いるけど、なんか違和感。主語が大きくなるとゴニョゴニョってのはそういうことなのね。この会社は映画業界にあるけど「映画業界=この会社」ではないと思うの。

あ、パワハラは絶対ダメ。
社会派な映画が多いけど、そんな会社でパワハラ。
乙武さんの不倫といい(もう忘れてるかな)、
社会派な人たちの中にいるサイコパス多いよなあ
浅井さんより訴えられそうな人は他にもおるで。
「仕事のミスや自分の気に入らないことがあると、日常的に従業員に怒鳴ったり暴言を吐いたりした」

こんなのぼくも、前職では日常茶飯事だったなぁ(それで鬱病になった)。「仕事が好きだったので在職中に声を上げなかった」という被害者側の気持ちも痛いほどよくわかる。
浅井代表がコメントを発表しました。
「元従業員の方々から訴訟を提起されたことに関して、真摯に受け止めております。不適切な言動があったことを深く反省し、謝罪致します。」(続く)
 
PR
PR