TOP > 政治・経済 > 感染者0の岩手 県外客を恐れる県民に知事が説いた故事 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

感染者0の岩手 県外客を恐れる県民に知事が説いた故事 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 「コロナ対策により県外からのお客様の入店は固くお断り致します」 6月に新店舗が開店した岩手県沿岸部のすし店のチラシに、こんな一文が入っていた。別の焼き肉店の入り口にも「県外客お断り」と貼り紙があった…...

ツイッターのコメント(15)

”他県から来た源義経を虐げたとたんに奥州平泉が滅びた。県外の人を虐げないようにというのが歴史の教訓”
義経のときもそうだけど、結局他に選択肢はなかったのかと。そして「来ないで」と言ってしまった以上、こうなるのも仕方ない。
0が故、違う苦難が。排除差別分断が横行するのが問題。

「他県から来た源義経を虐げたとたんに奥州平泉が滅びた。県外の人を虐げないようにというのが歴史の教訓」
第1号になりたくない気持ちわかりますが、0であることにこだわり続けるとみんな疲れてしまうと思う。長いたたかいだから。
知事の呼びかけが届きますように。
「県は『第1号』になっても責めません。陽性になることは悪ではない」と検査を呼びかけた。
「他県から来た源義経を虐げたとたんに奥州平泉が滅びた。県外の人を虐げないようにというのが歴史の教訓」
なるほど
理由は結局分からないけど、共通する個性は県民として感じます。誠実で我慢強いんです: [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
・コロナへの対応を機に、地産地消が進めば、地域で経済を回せるようになるかもしれない
良記事 なお義経は()
インタビューに応じるだけマシな気もするけど、駅前の飲食店がこれ言っちゃうのは情けない・・・
≫達増拓也知事「他県から来た源義経を虐げたとたんに奥州平泉が滅びた。県外の人を虐げないようにというのが歴史の教訓」と発言。そのうえで「県は『第1号』になっても責めません。陽性になることは悪ではない」と検査を呼びかけた。:
朝日新聞の入県お断りが正しかったですね。お詫びして訂正致します。

[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
「コロナ対策により県外からのお客様の入店は固くお断り致します」
県外客を恐れる県民に知事が説いた故事...
以上
 

いま話題のニュース

PR