TOP > 社会 > 藤井七段、棋聖挑戦権を獲得 タイトル挑戦の最年少記録:朝日新聞デジタル

藤井七段、棋聖挑戦権を獲得 タイトル挑戦の最年少記録:朝日新聞デジタル

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が4日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第91期棋聖戦(産経新聞社主催)の挑戦者を決めるトーナメントの決勝で永瀬拓矢二冠(27)に勝ち、渡辺明棋聖(36)=棋王...

ツイッターのコメント(16)

凄いのは分かるし批判するわけじゃないけど、たった4日の更新ってただの日程の問題なんじゃないの🤔
まさか、永瀬二冠を下すとは思っていなかった。さすがに、渡辺三冠にはかなわないだろう。
17歳10ヶ月20日・・・

みんな何してた?おれたぶん終わりなき旅聴いてアルマゲドン観てたわ。
AIを練習相手にしてきた新しい世代がまさに将棋界にパラダイムシフトを起こそうとしている。
31年ぶりの素晴らしい記録が生まれました。
本当にすごい
永瀬二冠は厳しいかなーと思ったけど
すごい
リアルな世界で、漫画の桐山零的な活躍をみせる高校生!
将棋は駒の動きすらあやしいのだが、『3月のライオン』は読んでるので「このヒト、まんがよりフィクションっぽい」ことだけはわかる。桐山くんより出世、早いよね。

タイトル挑戦の最年少記録:朝日新聞デジタル
がんばれ!!!→
記者会見(33分映像)が見られます😊
会見ライブ中継中です。
すごい勝負だった/
凄い!
最年少記録。藤井七段ならきっと塗り替えられると思います☺️
村)新型コロナウイルスの感染拡大に伴って対局がしばらく延期になっていましたが、強行日程が組まれたことが新記録につながりました。従来の最年少記録を「4日」上回ることになります。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR