TOP > 社会 > 元警官の罪名、「殺意あった」殺人罪に変更 米黒人死亡:朝日新聞デジタル

元警官の罪名、「殺意あった」殺人罪に変更 米黒人死亡:朝日新聞デジタル

 米中西部ミネソタ州ミネアポリス市で黒人のジョージ・フロイドさん(46)が死亡した事件で、州司法当局は3日、すでに起訴されていた元警官のデレク・チョービン被告(44)=懲戒免職=の罪名を、第3級からよ…...

ツイッターのコメント(44)

@Bill8oger リプありがとうございます。

すでに、起訴されておりますが

公正な裁判が行われるよう 祈りたいと思います

【2020年6月4日
 】
ジョージ・フロイドさん虐殺は、警察権力のみならずアメリカ社会そのものが抱える構造的問題の所産。殺害警官の重罰化で隠蔽できるものではない。第二第三のフロイドさんは必ず生み出される。これを根本的に解決できるのは唯一黒人解放運動の前進のみ。われわれも連帯しよう!
英語の国だからか、日本なら「未必の故意」という『死んでも構わない』とか『死が予測される』という表現があるが・・。
命乞いしていた被害者を躊躇いもなく殺した警察官
それを傍観していた警察官
第一級殺人罪だわ。
皆本当にありがとう。けどこれで終わった訳じゃない。社会や政府が考え方を変えて、黒人を平等に扱う日が来るまで終わらない。
これは当然
そもそも、第3級殺人罪で起訴っていう最初の判断がおかしい
意識を失ってから3分も頸部を圧迫し続けておいて過失致死な訳がない
これが第3級殺人(日本の過失致死罪に該当)では、批判が起こるのは当然です❗️
ジョージ氏を殺害したデレク氏を二級殺人の罪で起訴、あの場にいた他の3人も三級幇助で起訴された。ジョージ氏が動かなくなってからも抑え続けたことで二級となったが、二級は計画性なども問われる為二級有罪を勝ち取ることは難しい。二級となれば禁固40年。
殺人罪の等級は殺意や計画性、暴行の程度と関係する。司法当局はチョービン被告に殺害自体の意図はなかったとする一方、その様態は「重大な暴行」であり、その結果としてフロイドさんが亡くなったと認定。第3級殺人罪の法定刑は最長で禁錮25年だが、第2級では禁錮40年
当事者の元警官4名に重い罰を課してハイお仕舞い、では米国民(とりわけ黒人)は納得しないでしょう。
朝日新聞
(6/4 10:41)
この警官もやり過ぎだとは思うけれども、「故意の殺人罪」はさすがにひどいな。反日無罪みたいなポピュリズムを感じる。ジョージ・フロイド氏だって偽札使ってたわけでしょう? もちろんアメリカにひどい人種差別があって、由々しき問題なのは当然としても。
もうデモをする意味ないよねー。

暴れているのはもはやただのテロリスト。

-
ジョージ・フロイドさん(46)が死亡した事件で、州司法当局は3日、すでに起訴されていた元警官のデレク・チョービン被告(44)=懲戒免職=の罪名を、第3級からより重い第2級の殺人罪に変更したと発表した。
デモも激化してるしやっぱ感情論なんかなって、YouTubeで動画見てみたら結構胸クソだった
こういう処分をすることによって、差別殺人が減るといい。最近、NYの黒人医療従事者も警官に殺されてた。
たしかに映像を見る限り、やり過ぎ感はあるように思える。

 米黒人死亡(朝日新聞デジタル)
刑務所に入ったら黒人ギャングに数日中に殺されちゃうよ。
世論に敏感だね
米黒人死亡(朝日新聞デジタル)
最長40年か
アメリカの警官の仲間意識は強「すぎる」からな。有罪になるのかどうかはまだわからない。/
 米黒人死亡:朝日新聞

首を8分46分にわたりひざで押さえつけ、そのうち2分53秒間は意識がなくなってからだった。
やはりただのデモ活動くらいじゃ国は動かない。特に公務員が絡んでる事に対しては暴動も1つの手段に思えてくる。それくらいやらないと腐った馬鹿共は分からないのだから。
米黒人死亡(朝日新聞デジタル)8分間も無抵抗な人間の頸動脈に膝を落として呼吸を止めれば誰だって死ぬ。一体何の恨みがあるのか。全て映像に映っている。やり過ぎだ。厳罰に処すべきだ。
元警官のデレク・チョービンの罪名を、第3級からより重い第2級の殺人罪に変更した。第3級殺人罪の法定刑は最長で禁錮25年だが、第2級では禁錮40年となる。
今回は動画が拡散されたけど、過去には動画も撮られずに事故死扱いにされた同じような殺人が何件もあったんだろうね。その積み重ねか。
「チョービン被告はフロイドさんの首を8分46分ひざで押さえつけ、そのうち2分53秒間は意識がなくなってからだった。」
殺意が認定されたのは当然だが、懲戒免職、殺人罪に問われてまでのこの白人警官の強い殺意は何なのか。
警察官起訴のハードルの高さ : ➀訴追されたという点。②警察官の説明責任義務についての教育徹底。③合理的嫌疑の有無という点。④トライアル評決までには全員一致に至らせなければならない点。
「どう見ても殺意はあった。一般市民に動画を撮られている状況でよくできたものだ。おそろしい。」
なぜ日本も殺人の罪をこのように重くしないのか。加害者を守る法律日本強み。
記事:ミネソタ州における第2級殺人は「計画はしていなかったが、殺意があった」とされる罪
》根深さを知って、最初から複数人で計画的に暴動自体に発展させる意図があったのではないかとすら思う。
《米中西部ミネソタ州ミネアポリス市で黒人のジョージ・フロイドさん(46)が死亡した事件で、州司法当局は3日、すでに起訴されていた元警官の被告(44)=懲戒免職=の罪名を、第3級からより重い第2級の殺人罪に変更したと発表した。》
州司法当局は3日、すでに起訴されていた元警官のデレク・チョービン被告(44)=懲戒免職=の罪名を、第3級からより重い第2級の殺人罪に変更したと発表した。
あらまー

【 米黒人死亡:朝日新聞デジタル】
記事:ミネソタ州における第2級殺人は「計画はしていなかったが、殺意があった」とされる罪
>根深さを知って今思えば、複数人で計画的に暴動自体を誘発させる意図があったのではないかとすら思う。
第3級からより重い第2級の殺人罪に変更したと発表
ジョージ・フロイドの件、1つのゴールだね。、
妥当な変更だ。支持します。
💥 💥これまでも警察官の必要以上の"職質"が問題になっていた。開拓時代からの習性が現代に生きている。トランプ氏は所詮、経営者である。
「殺人罪の等級は殺意や計画性と関係し、ミネソタ州における第2級殺人は『計画はしていなかったが、殺意があった』とされる罪」
以上
 

いま話題の記事

135コメント 5 時間前 - note
PR