TOP > 社会 > 富士山写真の最優秀賞に「合成」指摘 「満月撮れない」:朝日新聞デジタル

富士山写真の最優秀賞に「合成」指摘 「満月撮れない」:朝日新聞デジタル

 富士山など地元の景観を全国に発信しようと山梨県忍野村が1989年に始めた「富士忍野グランプリフォトコンテスト」で、今年の第30回グランプリ(最優秀)賞に輝いた作品が「合成写真だ」との指摘が相次いだ。…...

ツイッターのコメント(263)

正直もう時代が進んでるからええやろ感凄くある。
>満月の背景に雲が写るはずがなく、富士山頂の高さにある月は赤くならない

地元の選考者自身が本物の富士山を知らないというマニケな話。一見キレイに思えたら、ホンモノと思うんだろうな。まさに記憶改竄。/

 「満月撮れない」:朝日
うーん、多重露光の範疇ではないと思うなぁ。
これはダメなのか?応募規定は満たしてる。暗黙もしくは周知のルールなの?
深度合成や多重露出の花火は?技術に人の気持ちが追いついていない例ですね。

>>
忍野村役場や議会の仕事なんてこんなもの。村民のコロナ対策にはビタ一文出さないが、村民から集めた血税をこんなザルコンテストの賞金にはホイホイ払う。
これだけ大事になったのは、富士山が古くから日本人に愛され、それがけがされた思いが強かったからだろう。

倫理観とモラルを踏まえた理論は持っているのだけど、自分も合成となるシリーズを創作している。
益々倫理観やモラルを考えていきたい。
皆さんはどう思いますか…?
「合成は不可」といった作品規定自体が古いし、デジタル全盛の時代にこんなことが議論されているのも遅れていると思います。写真は本来制作過程でなく作品に価値があるわけで、もっと自由なものです
「満月撮れない」(朝日)

応募規定を見ましたが、微妙な書き方してました

「合成や加工は不可」と書いてありますが、それはデジタル画像に対してであり、アナログ写真に対しては明記されてない

抜け穴を突かれた感じ
多重露光するならもっと大胆に幻想的なイメージでやりたいよな。これはなんというか…ちょっとセコい感じに思えてしまうのは、ステキな多重露光作品の面白いのを見慣れてるせいだろう(個人の感想)
忍野村の風景、特に忍野村からの富士山は美しく素晴らしい‼️
合成は、いらない!
>受賞者は「多重露光で撮影し、カメラ内の技術で作った作品」などと説明

これ認めたらもうバーリトゥードな様相まっしぐらだな。認めちゃえ認めちゃえ
ぜひ詳報を。技術的に踏み込んだ記事を期待しています。
@Sankei_news

規定知らんけど、デジカメで撮影している時点で、もーリアルじゃないから別に良くないと思う。
知らんけど。
多重露光を「合成」と言ってしまうのもなんだかなぁ。
カメラには普通についてる機能だし。
こう言う話をたまに見るようになって、もう時代にそぐわないのかもと思うようになった。写真はもっと個人的に楽しむ物になっている気がする・・・
K.Y.珊瑚社が批判するっていうね
みたままを撮るのが写真ではないのが現代
月は球体なので、太陽という光源がどこにあるかをはっきりと示す。
山には斜光なのに月に順光なわけがないんだよ。
もはや老人会。
「満月の背景に雲が写るはずがなく、富士山頂の高さにある月は赤くならない」
確かに。
「満月」に射す太陽は撮影者の背後にある筈なのに、富士山は画面右に影が落ちている、つまり太陽は画面の左にある。たとえ技術的にOKでも不自然で気持ちが悪いと感じた。
"受賞者は「多重露光で撮影し、カメラ内の技術で作った作品」などと説明したという。デジタル技術が進歩し、写真のあり方を問う声も出ている"…
多重露光か。
フォトコンの規定に沿ってれば良いんだろうけど。
どうしてこの合成を見抜く知恵が審査員になかったのか
「現像」という名の画像弄りが当たり前の時代。これはもはや写真ではない。コンテスト写真も「作品」という名の笠を被った偽りそしてそれを推奨する写真家。もういちど「光画」の思想に戻るべき。
記事の最後の写真見て、馬鹿かと思った。
オリジナリティーとは?
合成もダメだけど。
捏造いかんねー。/
カメクラ各位
忍野中学校から見て富士山は南西で、朝焼けに沈む満月はほぼ真西。重なることはない。
ここまでは良いけど、「(この構図は)3年後までない」「月は富士山と逆の方角」って指摘はめちゃめちゃ。
受賞者は多重露光で撮った作品と話している。

それが提出時だろうが、後付けだろうが、主催者がNGと言わない限り違反にはなりませんよね。

多重露光も今では立派なカメラ機能ですから。
・・・なんでもありだなや。
月については、月齢・秤動の具合もあってる。色と富士山との位置関係の問題ってことか。
コンテストの応募規定に「合成不可」とあるから仕方ないか
どこまでが写真なのか、どういう写真が応募対象になるのかを明確に決めた方がいい時代だよね。

カメラ内で出来ることが多すぎて、RAW現像ですら写真と言えるのかなとか最近考える
すごい。月の向こうに雲がある。なんでこんなの選んだの。
月が雲の手前に写っている合成写真が最優秀賞!?

写真歴50年の富士山マニア「グランプリ作品は極めて稚拙な合成写真だ。満月の背景に雲が写るはずがなく、富士山頂の高さにある月は赤くならない」。
一目で分かる(笑)満月に近い月と同じ面を見せてる物体(富士)には影はほとんど出ないはず
何年も満月だけ撮影してるが満月の前の雲は映るが満月の後ろの雲は映らない つーか後ろに雲があるわけないw
おはようございます。

昔から『餅は餅屋』って言うもんなぁ、詳しい人はホントに詳しい!って改めて思う写真の話題です。
最近、レタッチソフトで大幅に修整した写真をコンテストに応募する人が増えて困っていると、審査員の方がこぼしておいでだった
今ではカメラのみでも修整出来るし、応募者のモラルが問われるのであろう
富士山自体とても綺麗に撮れてるんだけど、蛇足だった、って事か…。
逆にデジタル合成だとして、なんかダメなん?
撮る人の多い富士山だから判明したんで、他の絶景写真も合成が多いんじゃ
《受賞者は「多重露光で撮影し、カメラ内の技術で作った作品」などと説明したという。デジタル技術が進歩し、写真のあり方を問う声も》
新聞社の写真は望遠レンズの効果で極端な誇張はあっても合成はないものね。

今回は規定で合成はダメってあったのならダメでしょうか。なければアートとしてOKかな。
バカバカしいの一言。
「写真」としての価値を問うてどうする。
芸術作品は最後にできた画のみで評価されるべき。
こんなこと言う自称写真家が多いから
いつまでも写真は芸術になれない。
月の後ろに雲て、、、雑な合成だな
時間や偏向フィルターを駆使して他にない一枚を撮り、写真屋が腕で作品へもっていくコンビネーションはとーの昔に終わってますよ。
瞬間をとらえた作品なんか特に何の感動もしなくなりました。
もっと見る (残り約213件)
 

いま話題のニュース

PR