TOP > 社会 > 在宅でキレられる父親たち コロナ反抗期、克服の方法は [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

在宅でキレられる父親たち コロナ反抗期、克服の方法は [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 コロナ禍で家族が在宅で一緒に過ごす時間が増える中、子どもたちに「コロナ反抗期」ともいえる現象が広がっている。「コロナ前」は適度な距離を保てていたが、「ステイ・ホーム」で家庭内が「密」になり関係が悪化...

ツイッターのコメント(12)

うんうん…。興味深く拝読しました。我が家の父子関係も悪化したよ。コロナのせいで…。
父親の仕事ぶりを見た子どもたちが「お父さんって、すごい」と見直すケースも、若干だが、ある

若干だが、ある
なんだか気の毒な話だけど私もお父さんと同じ家にいながら全然口聞いてないな
急に話しかけられたと思ったら「エコノミー症候群になるな」だったから謎だった
「『お父さんって、すごい』と見直すケースも、若干だが、あるのだという」
「若干」だそうです。
>>神奈川県に住む中学3年の息子は、40代半ばの父親が在宅勤務で、テレワークをいい加減にやったり、昼間から酒を飲んだりしているのを見て、「目障りだ。いい加減にしろよ!」。母親に「なんであんなお父さんと結婚したの?」と聞いてきたという。
まさにこれ。コロナ反抗期というパワーワード…
〝カウンセラーの岩井俊憲さんによると、コロナをきっかけに、父親の仕事ぶりを見た子どもたちが「お父さんって、すごい」と見直すケースも、若干だが、あるのだという〟夫婦が、お互いの仕事を知るきっかけになったということもあるかもしれませんね。
家庭内「密」で娘にキレられるお父さん、増えてるらしい。YOーSAYおじさんも身につまされる……
これは、お父さん切ないですね。
将来の我が身かと思ったら、そりゃ中3の息子にもキレられるって。在宅勤務中に酒飲んでたら。
コロナ反抗期、克服の方法は...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR