TOP > 政治・経済 > 全国で最後、岡山県が手話通訳会見を導入 岡山 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

全国で最後、岡山県が手話通訳会見を導入 岡山 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 岡山県知事の定例記者会見で22日、初めて手話通訳がついた。コロナ禍の広がりに伴って記者会見に手話通訳をつける自治体が急増しており、これで47都道府県全てで手話通訳がついたことになる。総社市や岡山市は...

ツイッターのコメント(12)

東京アラートなど県独自の警戒レベルを示す対策。

やってない県は残りわずか。
また全国で最後になるかも。

岡山県知事はまたまたまた
「やり過ごす」つもりなのか…

[新型コロナウイルス]
岡山県の手話通訳の様子が斬新的でした。
ネットの不安定やハウリングで聞き取れなかったりと、課題はあるかもしれませんが、試行錯誤を積み重ねてより良いものにして欲しいですね!

[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
全都道府県が手話通訳を導入する。
すべての人に伝えることは大切だが「クラスター」「3密」「緊急事態宣言」など専門用語が飛び出す会見は、通訳を非常に困難。結果、聴覚障害者から、わかりにくいという意見が。
手話通訳やめて、Googleの自動字幕使えばいいのでは?
記事末尾、県聴覚障害者福祉協会会長が、テレビで常時手話通訳者がワイプで映るようにすることをどう思うかが述べられている。この部分を読むと、理想と現実は違うなと痛感する。

[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
各自治体首長の手話通訳ですが、やればできるはずなんですよね。遠隔手話通訳。
- この日朝9時、伊原木隆太知事の記者会見が始まった。知事の隣に置かれたスクリーンに手話通訳者が映る。約2キ…
岡山で最後なんだー、というより、自分の住んでる自治体が導入済みなのも知らなかった>岡山)全国で最後、岡山県が手話通訳会見を導入:朝日新聞デジタル
岡山)全国で最後、岡山県が手話通訳会見を導入:朝日新聞デジタル ”「ワイプ」という方法を使う自治体も複数ある。だが、意外にも県聴覚障害者福祉協会の中西厚美会長は「そこまでは望まない」という”
ようやく……でも、しないよりずっとまし
岡山)全国で最後、岡山県が手話通訳会見を導入:朝日新聞デジタル
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR