TOP > 政治・経済 > 丸投げする首相、あいまいな法相 混迷する検察庁法改正 [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

丸投げする首相、あいまいな法相 混迷する検察庁法改正 [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

63コメント 登録日時:2020-05-23 05:13 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 黒川弘務・東京高検検事長の辞職を受け、22日の国会では、政府・与党が今国会の成立を見送った検察庁法改正案への批判が相次いだ。答弁に立った安倍晋三首相は正面から説明することはなく、法案自体はいったん廃…...

ツイッターのコメント(63)

不祥事が起こった際に「俺は知らない」と現場のせいにするトップのいる組織ほど、後に空中分解をして崩壊したのを目にしてきました。政権と言えど例外にありません。
そろそろ終止符を打てなければ
自民党もマジでおしまいだわ。

既に死に体である安倍ゾンビ内閣が
改憲への執念でどれだけ延命するか見モノ
「法相からの閣議請議により閣議決定されるという適正なプロセスを経た」←森まさこセンセイ、スケープゴートにされ悲惨な状況。
前任の河井克行がアレで法相ポストを引き継いだが、法曹としての信用ガタ落ちで高い代償を払うことに。
/丸投げする首相
「法務省に質問して頂ければと思うところでありますが……」。首相は衆院厚生労働委員会での野党の追及に対し、法務省や検察庁に責任を「丸投げ」するような答弁を繰り返した
安倍「適切なプロセスを経た」

官邸入り浸りの今井、北村の案を安倍が朕は国家なりと官僚に指示。民主政治が死滅する日本。
政治が
責任逃れ。 @AbeShinzo の仕事って何なの?

>黒川氏の辞職を認めた理由を問われると、「森(雅子)法相より報告があり、それを認めた」。黒川氏への訓告処分が軽すぎるとの指摘には、「(稲田伸夫)検事総長が諸般の事情を考慮し判断し、私も了とした」と語るのみだった。
丸投げする首相、背負い投げする IKKO。
丸投げしたうえ責任もとらねえなら安倍が首相でいる必要がない
野党が反対する『検察庁法改正案』を『国家公務員法改正案』とすり替え、
国家公務員法改正案だけ廃案にした総理。
黒川さん居ないからもう要らないね。
検察庁法を含む国家公務員法関連法案の改正を断念した理由として政府が公式に挙げている理由は「世耕参議院議員が時代に合わないと発言したから」というもの。

これ、だいぶ問題よね。だって「国会必要ない」っていうてるのと同じだもの。
自らの都合で法律を無視しして閣議決定で黒川氏の定年延長をゴリ押ししながら問題が起きたら責任転嫁。開いた口が塞がらない。
何か問題(己が起因の)が起こると外部に丸投げ、人のせいにする。
こんなポンコツ上司じゃ嫌でしょ?大概にしてもうブタ箱に放り込みましょう。
そうでないと気が済まない。ここまで国をボロボロにされたんだから。
このバカ、辞め時さえわからんほど愚か>
自分では何も判断できない。なにかしようとすると大失敗して周りに迷惑をかけ足を引っ張る。「責任は自分にある」といいつつ責任はとらない。酷すぎる。
「責任は私にある」って言ったの、誰だっけ?
責任あるなら、他者に丸投げしないよな。
もともとやる気なかったみたいだからね。『検察庁法改正案~安倍政権が強くこだわった法案ではない“これまでの経緯”』という記事を記者さん読んでみたらいかがか。
安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!
言いがかりの朝日!
法案提出担当は、法務省だろうが。総理は、ただでさへ忙しい身なのに。何言ってんのこの新聞は!
なぜ異様な閣議決定をしてまで定年延長をしたのか?誰も答えていない。経緯を説明する公文書もない。

安住委員長「公務員バッシングのような話にすり替えている」

公明党幹部「黒川氏が辞めたから、取り下げたみたいだ。『やっぱり黒川氏のための法案だった』と批判される」
独裁と丸投げをアベガーで使い分けるダブスタ朝日新聞。
お子ちゃま政権の極み。
やりたいことは法律違反でもモンスターペアレンツばりの閣議決定で通してもらい、駄目になったら全部ポイ捨て、仲間うちで責任なすりつけ合い…
朝日 消えて無くなる予定の新聞
webの世界に朝日の信者はいない
いい加減疲れたよ
呆れきったよ@AbeShinzo
混迷する検察庁法改正:朝日新聞デジタル:「黒川氏への訓告処分が軽すぎるとの指摘には、「(稲田伸夫)検事総長が諸般の事情を考慮し判断し、私も了とした」と語るのみだった。 」-引用-
黒川弘務・東京高検検事長の辞職を受け、22日の国会では、政府・与党が今国会の成立を見送った検察庁法改正案への批判が相次いだ。法案はいったん廃案にする対応策が浮上している。
安倍さんも、いい面の皮ですよね、法務省から上がって来た人事案を承認したら、省内抗争に巻き込まれて、コロナ禍の中、勘弁してよですね!
内容は割とどうでもいいけど、朝日ってこんな煽り全開みたいな記事出す会社だったっけ?
“法解釈の変更まで持ち出して定年を延長させた東京高検検事長が、唐突に辞職する前代未聞の事態。黒川氏への処分は妥当だったのか。そもそも定年延長は適切な判断だったのか――。22日の国会ではそのことが問われた”
混迷する検察庁法改正:朝日 慰安婦問題を作った国賊の朝日が北の共産国の指令でまた問題を作り出そうとしている。国家公務員は、自衛隊を含めて職員の定年を65に引き上げて何が悪い。日本国が強くなると共産国は困からか。
『やっぱり黒川氏のための法案だったと批判される』…だってその通りでしょう。
公務員全体の定年延長など、もとから眼中にないのだ。
無責任。「『法務省に質問して頂ければと思うところでありますが…』。首相は衆院厚労委での野党の追及に対し、法務省や検察庁に責任を『丸投げ』するような答弁を繰り返した」。「 混迷する検察庁法改正」
部下に責任をなすりつける安倍首相、無責任の塊。維新も安倍支持者も梯子を外された。いつまでついていくの?
最早政府ではない❗️
「法務省に質問して頂ければ…」。首相は法務省や検察庁に責任を丸投げ。
黒川氏辞職を認めた理由は「森(雅子)法相より報告があり、それを認めた」。
異例の定年延長についても「法相からの閣議請議により」。
森氏の方は、あいまいな説明を繰り返した。
黒川検事長が辞職した途端、安倍首相が「の拡大で社会が厳しい状況になっている中で、公務員の定年延長について議論をすることについての批判もある」と言うのはおかしい。新型コロナ拡大は今に始まった話ではないのに
早よ辞めろや。
付ける薬がない安倍晋三に、国政を好き勝手させるなんてありえないでしょ!との思いが強まる日々ですね。。。

『丸投げする安倍晋三、あいまいな法相   朝日新聞』
頭の中身、コロナ対応の非科学的瑕疵はブラジルと変わらん。少ない死者は単なる偶然。
法相続投はダメ。というか、与党の支持率下がってるってわかってる?
自民党の身勝手政治と、ただ与党として在りたい公明党にウンザリ。
"「法務省に質問して頂ければと思うところでありますが……」。首相は衆院厚生労働委員会での野党の追及に対し、法務省や検察庁に責任を「丸投げ」するような答弁を繰り返した。"
失敗連発の森に丸投げ安倍の無責任。
・公文書なし検察庁法解釈変更
・検察逃げた発言で謝罪
・検察庁法改正案の世論反発・採決見送り
・法解釈歪めた定年延長の検事長が博打・辞任
滅茶苦茶やな。一個でも良いところないんかいな。
🌟相変わらず、首相を支えれば責任は軽く、将来があり、歯向かえば将来はない、官邸の支配はますます高まった。
ということ?上級国民では。
官僚の暴走を止められなかった責任はあるだろうな。
「なぜ首相が慰留したのかを問われると、森氏は「総理の心の中のことなので、お答えしかねる」。首相自身は厚労委で「法務省、検察庁において信頼回復に向け全力で務めて頂きたい」と述べるにとどめた」畜生どもは駆除するしかない 市民は今国会中に決着をつけよう
政策・任命、それらの誤りを客観的に反省し明確に説明ができぬ者に今後の処置など頼めない。安倍氏は責任をとり辞めるのが最量。当然、法務大臣も辞任。
#安倍晋三の辞職を求めます
適正じゃないから質問しているのに、いっつも「適正に対処」ばっか。
@kantei 「法務省に質問して頂ければと思うところでありますが……」

「森(雅子)法相より報告があり、それを認めた」???

まず
「すべて、私の責任」
として、緩和させ・・
「○○が、進退伺いを 出してきた」
で、責任回避する!

安倍の「国民愚弄定石」!!
衆院法務委で「黒川氏の経験・知識に基づく指揮・監督が必要不可欠であり、引き続き職務を遂行させる必要があるとの事務方の案に基づき、決定した」との従来の答弁を読み上げた。「詳しくお答えすることは差し控えさせて頂く。当時の判断は適切だった」と強調
→強行採決はなくなった❇️

(こらー、辞表を受けとるな 辞任でなく で


[検察庁法改正案]
おいおい、先週までは「必要な事」って恣意的延長法案を語ってたのを国民は忘れてないよ。それを今さら「法務省に聞け」って何だよ!!
丸投げする首相
≪責任を「丸投げ」するような答弁を繰り返した。黒川氏の辞職を認めた理由を問われると、「森法相より報告があり、それを認めた」。黒川氏への訓告処分が軽すぎるとの指摘には、「(稲田伸夫) 検事総長が諸般の事情を考慮し判断し、私も了とした」と語るのみ≫
#首相と法相 

下品な連中が権力を握り、国としての品格は地に堕ち、

あれだけ、不正と無責任な政権が存続するのも、同じく映る国民の責任。
「批判は真摯に受け止める」と言ってても、「責任は私にある」と明言しても、いつものように「丁寧な説明」はない。閣議決定は撤回しないし、任命責任を取ることもない。
先日、検察は絶対善だから、悪たる政府は検察人事に介入するな、と言ったかと思えば今度は、検察側が決めた処分人事に政府は介入し厳罰化しろと。結局、検察は身内に甘く自浄作用が効かない。OBの独善思考には聞いて呆れる。
とにかく一番、演技が下手なのはシンゾウだ‼️
元々公務員全体の定年延長の話で、それ程ご執心じゃなかった所にあのアホなツイッター工作でお流れになったんでやる気も失せたんでしょ(笑)
総理とは「総てをとりまとめて管理すること、人」の意。自分にその意識が無いのなら、辞めてしまえ。
以上

記事本文: 丸投げする首相、あいまいな法相 混迷する検察庁法改正 [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

いま話題の記事