TOP > 政治・経済 > 米大統領「強力な報告書出る」 武漢研究所からの流出説 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

米大統領「強力な報告書出る」 武漢研究所からの流出説 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 トランプ米大統領は3日、新型コロナウイルスが中国・武漢のウイルス研究所から最初に広がったとの見方について、「何が起きたのか、非常に強力な報告書が出るだろう。決定的なものだ」と話した。出演したFOXニ...

ツイッターのコメント(36)

この記事の報告書って開示されているのだろうか?
中国が武漢の研究所から人工的なコロナが流出とのストーリだが・・・
これほんとだったらやばくね?
笑い者になりそう
「ポンペオ国務長官も(略)ウイルスについて「武漢の研究所から出たものだという多くの証拠がある」と話した」  トランプ政権だからこれなあ
あれ?「「決定的なものだ」ってのを抜いてるの何故ですかw
どんな報告書だろうか。
イランの時と同じじゃ無いよな?
そろそろ出そうです!(。◕ˇдˇ​◕。)/
今更 追求したとこで
ウイルスは なくならない

けど

SARS 鳥インフル
スペイン風邪 ペストetc.....
中国から出たウイルス

何度も何度もウイルスまいて
これからは気を付けてね
じゃすまないよね


武漢研究所からの流出
トランプ、1度言ってしまったので後には引かない。
まだわからないと声明出してた情報コミュニティも困ってるのでは。

政治介入パターンとしてはイラク大量破壊兵器誤分析に似てますが、当時はサダムの態度から隠してる可能性はあり得るとの前提はあった。今回は不明が前提
噂されていた武漢ウィルス研究所での事故でウィルス流出・・・が、いよいよ決定的に?
同研究所員がエビデンスを持ち亡命して明らかになったとか
ここまで言うからには、米側から政治パフォーマンス以上の何かが出てくることを期待したい。
戦争だ 金バエさんも言ってたし
戦争だな
武漢研究所からの流出説( )…トランプやポンペオがそう言うのだから、きっと大したものじゃない。そんな受け止めが一般化するに至った今の米国の悲惨さと言ったら…。
ウイルスについて「武漢の研究所から出たものだという多くの証拠がある」
いつ出るんだ、これは色々ひっくり返るか?
なるほど。人工的に造られたものではないが、出どころはウィルス研究所だと。
さてどうなるんですかね?
国外に批判を向けさせるトランプ政権のこういうやり方は危険を孕んでいると個人的には思っている。
おっと❗
ほんとに中国のバイオテロなのか❓
トランプ米大統領は3日、新型コロナウイルスが中国・武漢のウイルス研究所から最初に広がったとの見方について、「何が起きたのか、非常に強力な報告書が出るだろう。決定的なものだ」と話した。
トランプ大統領「何が起きたのか、非常に強力な報告書が出るだろう。決定的なものだ」
朝日と米国の発言を拡散するだけ。メディアの報道姿勢として、これで良いのか疑問。
武漢研究所からの流出説:朝日新聞
新型コロナウィルスはウィルス兵器?
朝日新聞デジタル: [新型コロナウイルス].
この報告書の真相などどうでもいい。
アメのヤル気は感じる。
サダムん時はガセやったけどな🤷🏻‍♂️⁉️ 今回は期待してええの❓しのほの言うとらんと、とにかく早うだしてっ😐‼️
怖すぎ。
諸外国ぶちギレ→経済補償からの戦争
米「んでドウメイコクノ日本どーする?」
日「憲法変えてないから答えだせない、金だけだすよ」→米「こっちは命かかけてんのに無責任だなおまえの国、失望」
こうなってしまうと、ある意味、アメリカが今一番怖い国のように思えてしまう。
トランプ、戦争しようとしてないか>>
疑って見せるだけでも有力な世論(愚民)操作術になりうると知っての行動だろう。トランプ自身が理解しているのか周りに操られているのかはわからんが。/
 武漢研究所からの流出説:朝日新聞
内容に注目だ。そしてその真偽の見極めが世界各国で行われるに違いない。偽となれば米国の信用が失墜し、真ならば中国はさらに警戒され、責任追及の嵐に見舞われるに違いない。>
「非常に強力な報告書が出るだろう。決定的なものだ」とのこと。中共のクロが確定したとして米国は何ができるのだろう。今の中国相手に軍事力行使の選択はありえないし。
トランプ米大統領は3日、新型コロナウイルスが中国・武漢のウイルス研究所から最初に広がったとの見方について、「何が起きたのか、非常に強力な報告書が出るだろう。決定的なものだ」と話した。
国外に「悪」が存在し、それを追求するというのは、一国のリーダーとしてカッコよさを演出できる状況ですね。
この場合はとくに、長い話になりそうなのも都合いいですね。
大統領選挙が逆風になっているから、こういう情報は眉唾物だけどね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR