TOP > 社会 > 感染症はワクチンで防げる コロナ禍でも予防接種受けて:朝日新聞デジタル

感染症はワクチンで防げる コロナ禍でも予防接種受けて:朝日新聞デジタル

 緊急事態宣言の対象地域が、全国に拡大しました。幼稚園や学校は休校、保育園に通う子どもも、できるだけ家で面倒を見てほしいと言われています。乳幼児は、説明しても現在の状況に応じた行動を取れませんから、ひ…...

ツイッターのコメント(10)

人類とウィルスは長い長い付き合い・・・。
森戸やすみ先生 @jasminjoy
のコラムです。

《2018年には、はしかのために亡くなった人が世界中で14万人います。生涯で2回、このワクチンを受ければ感染を防げるというのは、なんとも心強いことだと思いませんか?》

 コロナ禍でも予防接種受けて
相変わらずこんな時も金儲けの手先!
団塊の世代は誰もワクチンをうけず、みんな健康に長生きしているよ‼️
2歳までは受けるべきワクチンがたくさんあります。外出自粛で感染症にかかる機会は減っていますが、外出自粛が終わったときに何のワクチンも受けていないと、病気にかかる危険性が高まります。「今のうちに予防接種は受けて下さい」と、小児科医の森戸やすみさんは言います。
スーパー行くよりリスクは低いと思う。小児科が近くにある方、移動に不安が無い方(自家用車や自転車)ワクチンを打つ事で周りも守る事に我が子を守ることに何より繋がります。
上の子は今週中に就学前のムンプスと三種混合+不活化ポリオを接種予定(MRは接種済み)
健診・予防接種専用外来や専用時間枠を設けてある所で受けるから安心感があるよ☺️
ワクチン接種のための外出は外出自粛要請時でも堂々と行こう。小児科医・森戸やすみ先生の記事>
情報や交流はインターネットで。ワクチンは控えるべきものではありません。海外ではMMRワクチン接種のための外出制限が憂慮されていますが、日本はそうではありません。>
もうすぐ1歳健診なので気になってた。予防接種ちゃんと受けよう。

”外出自粛が終わり自由に往来できるようになったときに何のワクチンも受けていない乳幼児は、病気にかかる危険性が高まります”
"日本小児科学会は、予防接種を回避するデメリットは大きく、配慮しながらできるだけ予定通りに実施すべきだと言っています" "小児科で特別な時間枠を設けて予防接種と乳児健診を行っています。熱が出ていたり調子が悪かったりする子と一緒に、待たずにすむようになっている"
以上
 

いま話題のニュース

PR