TOP > 政治・経済 > 家庭内のコロナ感染防げ ベッドサイズのシェルター開発 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

家庭内のコロナ感染防げ ベッドサイズのシェルター開発 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの家庭内や病院内での感染を防ぐ簡易的な隔離シェルターを、三重県の会社員が中心となって開発した。感染拡大が収まらないなか、「少しでも早く世に送り出したい」と、1カ月ほどで開発。費用は...

ツイッターのコメント(19)

家庭内隔離ならコレ!
後ろからグイグイ換気してくれるよ
三重県の大手電機メーカーに勤める有志5人が、ベッドサイズのシェルターを開発。
新型コロナによる飛沫感染を防ぐことを最大の目的にし、空気循環の換気扇も付けた。

家庭用らしいけど、避難所にも用意しとくといい。
後手後手にならないように今すぐ国や自治体は動け!
高さが狭そうとか、酸素本当に大丈夫なのかなとか思うことはあるけども、アイデアとか完成にこぎ着ける速さ、素晴らしいと思う。
家庭だけではなくて、小さな病院でも使えそう。ぜひ開発が進みますように🙏🙏🙏
家庭内隔離に需要あると思う。コロナ以降でもインフルや蚊除けなど広く活用出来そうだし、なにより落ち着けそう(*´-`)
これ、アイデア次第で 100均にあるものと透明のビニールクロスでつくれそうじゃない!?
頑張れー👊😆🎵
こういうのが早く流通するといいですね~日本はこういう発明や技術が優れているからもっとバンバン開発してもらいたいですね~
家庭内や病院内での感染を防ぐための簡易的な隔離シェルターを、三重県の会社員たちが開発しました。
効果は期待できないだろう。自宅にいる場合は、家族全員の2週間隔離が必要になる。症状が出ていれば隔離病棟に入院する以外ない。
商品化に向けて協力する事業者を募っている。問い合わせは開発メンバーの田中宏和さん(090・3252・3898)
協力者募る❗️家庭内だけではなく、医療機関の病床や、人が密集して感染拡大のリスクが高くなる体育館の避難所など災害時の活用も想定する❗️
《 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル》

ここまできたか…

自宅に核シェルターができる日も近い。それか地下施設住宅。

文明は地上から地下へ。
なんかどことなく近未来的(不謹慎含む)…。
>発想としては蚊帳だね。
飛沫感染を予防することに特化のため、換気扇をつけ空気は出し入れする。
40度近い発熱時には暑くないかな〜?ビニールハウス…
家で待機になるとこうなるかな

四万円かぁ😅
三重の萌hiroさん考案のパーソナル隔離シェルターが朝日新聞全国版に載った!萌hiroさんが世界を救うかも! --
なるほど・・・

いろいろ考えますね。

自宅療養で、

車中泊の換気とか断熱のワザも

応用できそうかも?
原価4万円ですか. . .
自宅隔離の場合、1室を閉鎖、窓を開けて換気しながらなら、組立パイプとビニールクロスでも作れそうな. . .

ちょっとやってみようかな?
インフルエンザにも使えそうだし
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR