忍び寄る「コロナ破産」 バス運転手、8月まで仕事なし [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

■見通しは何もたたない 新型コロナウイルスの感染拡大で経済が深刻な打撃を受けるなか、自己破産の危機に直面する人たちが相次ぐ。各地の相談窓口には悲鳴のような声が寄せられ、対応する弁護士らは「政府が早急に...

ツイッターのコメント(43)

僕のフォロワーさんには多分朝日嫌いな人も多いのかと思うけど、コロナの影響。休業止む無くさせられて自己破産に瀕している人が増える。これも自己責任?

[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
ここまでいかないと、日本ではお金がもらえないどころか、貸し付けてさえも、もらえない、、、
バス運転手や車の免許を持っている連中は需要が増えすぎドライバーの大幅不足で苦しんどる宅配業者のドライバーに転職という手があるだろ。
→多重債務等で苦しむ人々も減少し2003年の3万4000人のピーク時から2019年には2万人を切るところまできていた状況から、今年のコロナによる経済活動の停止。(続く)
>大阪なら大阪シティバス(大阪メトロ)でどんどん採用して生活安定させてあげるべき。
仕事を失い、住宅ローンなどが滞ると、たちまち自己破産せざるを得なくなる現実。
弁護士による相談窓口など掲載。ろぐいんすると全文が無料で読める記事です。
小久保哲郎弁護士(大阪弁護士会)は「定期収入の見込みがなくなり、個人再生ができる人が減るのではないか。住宅ローンなど借金返済の猶予や、生活保護の支給要件緩和といった措置が一時的にでも必要だ」と話した。
>国に望むのは、新型コロナ収束まで借金返済を一時的に猶予する制度だ。経済が持ち直し、仕事が回ってくれば自力で借金を返済できる。少しの時間がほしい。
為政者が過去の経験やしがらみに囚われ、人々の生活よりも業界に配慮してきた結果である。
ここまできたら、徳政令的な政策を打ち出さねば、この国は死ぬ。
Reading:
増えるだろうな仕方ないけど :
 
PR
PR