緊急事態宣言、5月6日で解除できる? 必要な条件は? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 緊急事態宣言の期間は全国で5月6日までとしている。解除の判断にはいくつもハードルがある。政府の諮問委員会の尾身茂会長は17日の会見で「先行きのことについては、今評価することは早すぎる。5月6日ごろに...

ツイッターのコメント(29)

今の流れで行くと、たぶん強引に「5月6日で一区切り」ということになるんじゃないかな。
公営施設の休業やイベントの自粛はまだしばらく続くと思うけど。

→ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
私の勤務先も多くが在宅勤務してるけど、普段は実験などしてる人達は自宅でできることがなくなってきたと嘆いてるし、延長になったら「在宅勤務」という訳にいかないかもなぁ。
ぎりぎりまで解除の判断はできないのですよね❗️❓
延長戦覚悟で明日から何ができるか考えよう💦
→今の所、通勤客数は「2割ほど減ったのでは」程度。半減以上でないと5月6日までの収束はあり得ない!
“ ハーバード大の予測では、今回の流行が終わった後も、外出規制を1度だけでも解除すればすぐに第2波が来るとしている。断続的に外出規制を行うと多くの人が感染し、集団免疫の獲得で流行が抑えられるのは2022年と推定。”

4月17日 朝日
《一部の県などで宣言を解除すると、そこに人が流入する事態を招きかねない。実際、7日に東京などに宣言が出た直後、宣言が出ていない地域に移動する人もいた。解除も全国をみすえた難しい判断を迫られる可能性がある》
休業要請の対象外の店舗・施設に人が集まってるから難しいかもしれん。
休校と同じだ。緊急事態宣言一律の弊害。「政府の諮問委員会後、委員の一人は『都道府県の実情に合わせて出していくだろうと思っていた』…一部の県などで宣言を解除すると、そこに人が流入する事態を招きかねない」
緊急事態宣言の期限は5月6日ですが、もし感染者の発生数に明らかな減少が見られない場合、延長や再宣言はある?
それともドイツの様に共存する手段をとる?

当然、現在の医療の状況、治験が6月に終わるアビガンや抗体検査の結果、なども判断要素になりそうですが。
・そもそも対策は長期化が避けられない
・今回の流行が終わった後も、外出規制を1度だけで解除すればすぐに第2波が来る
・集団免疫を獲得して流行が抑えられるのは2022年までかかる
 
PR
PR