TOP > 社会 > ガキたち、チャンスだぞ 五味太郎さんから子どもたちへ:朝日新聞デジタル

ガキたち、チャンスだぞ 五味太郎さんから子どもたちへ:朝日新聞デジタル

 突然の休校から学校再開と思ったら、また休校――。新型コロナウイルスを巡り二転三転する状況に、すっかり疲れている親子も多いのでは。しかし、絵本作家の五味太郎さんは、愛情を込めて「ガキ」と呼ぶ子どもたち…...

ツイッターのコメント(121)

幼稚園生のころ、いちばん好きだった絵本は五味太郎さんの「みんなうんち」でした💩

最近、絵本の良さをしみじみ感じる

「大人問題」も読んでみたい

🐱🍊🙉🎶🖼

ひろたあきら「むれ」
オススメ
高橋源一郎さんのコラムにも出てきた五味太郎さんインタビュー。
「早く元の生活に戻れるといいですね」って言葉、ママ友さん等とのLINEでもよく使われる。で、いつも、え?って思っちゃうのよね💦
いい記事だった。

「心」って漢字、確かにバラバラ。
元々バラバラなんだから、不安定で当然。
不安感じて当然。
――大人も子どもも心が不安定になっていると感じます。

 それじゃ、逆に聞くけど、コロナの前は安定してた? 居心地はよかった?(略)こういう時、いつも「早く元に戻ればいい」って言われがちだけど、じゃあその元は本当に充実してたの?と問うてみたい。
暴力を受けてた子たちは、このまま学校が始まらなきゃいいって考えてるだろう
今のうちに、校内暴力の問題をなんとかしてほしい
「心っていう漢字って、パラパラしてていいと思わない?先人の感性はキュートだな。心は乱れて当たり前。常に揺れ動いて変わる。不安定だからこそよく考える。もっと言えば、不安とか不安定こそが生きてるってことじゃないかな。」
ここ2ヶ月ぐらいのモヤモヤに五味太郎がぜんぶ答えをくれた感。

「戦後ずーっと『じょうぶな体』がいいと言われてきた。それはつまり、働かされちゃう体。『かしこい頭』っていうのは、うまく世の中と付き合いすぎちゃう頭で、きりがないし、いざという時に弱いからね」
“それじゃ逆に聞くけど、コロナの前は安定してた?居心地はよかった?普段から感じてる不安が、コロナ問題に移行しているだけじゃないかな。こういう時、いつも「早く元に戻ればいい」って言われがちだけどじゃあその元は本当に充実してたの?”
コロナは終息して欲しいけど、せっかくだから変わらなきゃ
「大人が褒めることで、子供の個性が失われる」
うーん…難しい… / (朝日新聞デジタル)
「逆に聞くけど、コロナの前は安定してた? 居心地はよかった? 普段から感じてる不安が、コロナ問題に移行しているだけじゃないかな。」
こちらは絵本作家の五味太郎さん。

「心も日常生活も、乱れるがゆえのチャンス。学校も仕事も、ある意味でいま枠組みが崩壊しているから、ふだんの何がつまらなかったのか、本当は何がしたいのか、ニュートラルに問いやすいときじゃない?」
絵本作家、五味太郎さん「感染者、株価と毎日ニュースで見せられて、グローバルと言っても、心でグローバルしてたんじゃなくてお金がグローバルしてただけなんだなとしみじみ思うよね。今みたいな時期こそ、自分で考える頭と、敏感で時折きちんとサボれる体が必要だと思う」
五味太郎さん。肌が黒くて全然西洋人然としてないサンタクロースが出てくる絵本(というか、みんな浅黒いんだけど)、子供心に何か響いて自由な気持ちになったの覚えてます。
いい記事だと思う。
五味さんの文章、大人も沁みる。
こんな気楽な…。地方では大学生呆然としている子もいるのに。
発想の転換ですね🎵→
「働き方も国会も学校も、色んなことの本質が露呈しちゃっている。五輪の延期も、オリンピックより人の命って結構大事なんだなとやっと再確認したんだろうし、優先順位がはっきりしてくる。」
さすが!五味さん!→
五味さん、よく見えてらっしゃる。今まで見えないフリしてきたものが、見えるようになったんですよ、コロナのおかげで。
もとの生活がベストではないよね、と言ってくれる大人の存在はとても大きいなとつくづく思う、どうかよりよい生活へと願わずにはおれないな
息子にとっても本当にチャンスです。
心っていう漢字って、パラパラしてていいと思わない? 先人の感性はキュートだな。心は乱れて当たり前。常に揺れ動いて変わる。不安定だからこそよく考える。
「心っていう漢字って、パラパラしてていいと思わない? 先人の感性はキュートだな。心は乱れて当たり前。常に揺れ動いて変わる。不安定だからこそよく考える。もっと言えば、不安とか不安定こそが生きてるってことじゃないかな。」
 
五味太郎
朝からなんだかすっきりした。言い得ぬ不安の正体がわかってきた気がする。
レールの上で戦ってきたからこそ、失われていくんじゃないかという不安。
でも、好きなことを好きにやってもいいのかも。
+


“感染者が何人、株価がどう、と毎日ニュースで急カーブのグラフばかり見せられて、グローバルと言っても、心でグローバルしてたんじゃなくてお金がグローバルしてただけ”
->ホントだな。
わあ五味さん
読みたいけど
有料…


朝日新聞デジタル
今みたいな時期こそ、自分で考える頭と、敏感で時折きちんとサボれる体が必要だと思う。
有料記事だけど、いたずらっ子のような五味先生の笑顔と
「逆に聞くけど、コロナの前は安定してた? 居心地はよかった? 普段から感じてる不安が、コロナ問題に移行しているだけじゃないかな」
いい!本当にそうだ。当たり前だと思っていた日常が今はない。
じゃあ、何をする、何を考える?人の指示を待っていちゃ何も変わらない。
>こういう時、いつも「早く元に戻ればいい」って言われがちだけど、じゃあその元は本当に充実してたの?と問うてみたい。
これは自慢にならない自慢なんですけど、俺は赤ちゃんの頃、五味太郎氏に抱っこされたことがある(記憶にない)
絵本作家の五味太郎さんの言葉に妙に納得。

『いつも「早く元に戻ればいい」って言われがちだけど、じゃあその元は本当に充実してたの?と問うてみたい』

そう!
元には戻りたくない!
あんなに働きたくない!
子供達に学校が苦痛と思ってほしくない!

朝日新聞デジタル
五味太郎さんの言葉、心にしみる😆

心っていう漢字って、パラパラしてていいと思わない? 先人の感性はキュートだな。心は乱れて当たり前。常に揺れ動いて変わる。不安定だからこそよく考える。不安とか不安定こそが生きてるってこと。
まさに!
五味太郎さんから子どもたちへ:

さすがやなー五味さん大好き。子どもじゃなくても今をチャンスと捉える大事さ
大きな声では言えないけれど、密かに持ってたギモン。少しここでスッキリしたなぁ。
読みたいやんか
ジワジワ心に突いてくる。
あーやっぱり言ってくださっていた よかった。
はあ、家にある五味太郎さん 読もうっと!
今みたいな時期こそ、自分で考える頭と、敏感で時折きちんとサボれる体が必要/
いいこというなー。
私はやれたい事、いまやっとできてるんだ。
はやく自分の心と頭でちゃんと考えてたら良かった。
くっそ・・・・これは有料でも読みたいわ
学校が嫌な場所側の子供からしたらコロナ様々なんやろなぁ。自分の過去を思い返せば、たぶんもう二度と「いつもの日常」なんて戻ってこないことを祈ってたと思う。
――急に学校が閉められて先の見通しも立たず、大人も子どもも心が不安定になっていると感じます。
 それじゃ、逆に聞くけど、コロナの前は安定してた? 居心地はよかった?
実はこの状況はチャンスかもしれない。このままの社会で良いのか?
五味太郎さんは本当にオススメの絵本作家さんです✨
もっと見る (残り約71件)
 

いま話題のニュース

PR