TOP > 社会 > 認知症の人の預金、銀行の6割「親族の引き出し」に対応:朝日新聞デジタル

認知症の人の預金、銀行の6割「親族の引き出し」に対応:朝日新聞デジタル

 認知症の人の親族らが本人の生活費や医療費をおろすなどの取引を求めた際、約6割の銀行が、必要な範囲内で本人以外の取引にも応じていることがわかった。全国銀行協会の内部資料を朝日新聞が入手した。取引は本人...

ツイッターのコメント(12)

@0024ryo @you_you_1 横からですいません。本年3月の調査(通達前)ではすでに6割の銀行がなし崩し的に対応しており、今回の統一方針でそれは進むと思われます。というよりも、今の時点で対応が行われていない金融機関はかなり珍しいかと思われます。
後見人はつけたくない…
認知症であっても,その人の財産だ。親族といっても引き出しできる取扱は疑問。成年後見制度や信用金庫などの後見信託預金などの活用を。あるいは関係者が口座情報を共有し,使い込みを防ごう。
ここまで行き着くのに随分と時間がかかりました。
認知症の人の親族らが本人の生活費や医療費をおろすなどの取引を求めた際、約6割の銀行が、必要な範囲内で本人以外の取引にも応じていることがわかった…金融機関は少しは変わり始めたのか?
認知症の人の預金、銀行の6割「親族の引き出し」に対応:朝日新聞
『全体の約6割の64行が「必要な範囲内で本人以外の取引に応じる」とした。「証明書類で親族かを確認」61行、「複数の推定相続人に確認して応じる」55行』(複数回答)
認知症の人の預金、銀行の6割「親族の引き出し」に対応:
本人との取引が難しい場合の親族らとの取引対応について複数回答で聞いた。「成年後見制度の紹介」が105行と最も多く、次いで全体の約6割の64行が「必要な範囲内で本人以外の取引に応じる」とした。
良い傾向です。銀行の6割は、認知症の方の預金を成年後見制度を利用せずに親族が下ろせる。目指せ10割!
認知症の人の預金、銀行の6割「親族の引き出し」に対応


認知症の人の親族らが本人の生活費や医療費をおろすなどの取引を求めた際、約6割の銀行が、必要な範囲内で本人以外の取引にも応じていることがわかった。
不動産取引においても大きな課題!今後もどんどん増えていく‼︎
【成年後見制度】
思ってるほど、簡単じゃない!
取引は本人が原則だが、判断能力が落ちた人の対応に銀行は苦慮している。対応にばらつきがあり、協会は基本指針をまとめる考えだ。
認知症の人の預金、銀行の6割「親族の引き出し」に対応
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR