やまゆり園事件、植松被告に死刑判決 横浜地裁 [やまゆり園事件]:朝日新聞デジタル

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、利用者や職員45人を殺傷したなどとして殺人などの罪に問われた元職員植松聖(さとし)被告(30)の公判が16日、横浜地裁であり、青沼潔裁判長は植松被告に求刑...

ツイッターのコメント(55)

実際に働いてみないとわからない世界もある。
ようやっと決まったね
死刑に値しないなんて
アホな話はなくて
良かった
最期に一言〜とか言ってる
犯罪者に裁判官の却下
よくやった!

亡くなられた方のご冥福と
被害者、遺族の
安らかな日々を願って。
たぶんですが、今までがんばってきた人なんだと思います。小中高と成績あげようと、社会に出てからも目前の仕事を一生懸命に。そこで失敗して「あいつらばっかりズルい」と思い始めたのでは
さすがに一撃死刑やったな。そらそうよ。19人殺害て。 -
いつも思うが、死刑反対論者は、この事件では出てくるのか? 事件を選んでるようじゃ主張の動機が不純と言われかねないよ◆ 横浜地裁
気の触れた人間が「健常者は健常者である故に価値がある」言うてるんですよ、どうだ怖いやろ。でもな「生産性!」とか「価値なきものは去れ」とか嘯いてるネオリベ経営者やそのタイコモチが言う事と何が違うかというと。
記事に「過激な言動を重ねる海外の政治家を知り、…」とあるのは誰のことでしょうか?
「生産性のない人間は社会に必要ない」

これから執行までの間、今度は自分が拘置所で生産性のない生活を送る。
メモ。
同情の余地は一切ないという意味で妥当な判決だろう。しかし彼の存在を特殊例外的な存在として扱うのはあまりに危うい。彼がやったことは許されることではないが福祉従事者であれば誰でも彼のようになりうる
 
PR