証言でたどる被告の半生 やまゆり園事件、死刑の判決 [やまゆり園事件]:朝日新聞デジタル

  相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件発生から3年半。植松聖(さとし)被告(30)に対する横浜地裁の裁判員裁判で16日午後、死刑判決が言い渡された。 不当な差...

ツイッターのコメント(33)

教員志望だった容疑者は「利用者の人と一緒に過ごすのは楽しい。生活しているとかわいく思うよ」という幼馴染みの言葉で障害者施設に入職したらしい。なぜ容疑者は凶行におよんだのか。厳しく施設を行政が管理すれば利用者への虐待は防げるのだろうか。
懸命に異常を探している異常。
いや、写真がホラーじゃん
やまゆり園に就職した時の志望書はとても前向き。その後、なぜこう変わったのか。→証言でたどる被告の半生
証言でたどる被告の半生  かつての恋人は「(彼と交際してた期間は)よい思い出」と語る。「よい思い出」だった人がこうなってしまう。人生って何だろうということをずっと考えている。
淡々と事実を知れた。人の心とは欲求。似たような狂気はあたしにも出る。付き合いにくい=離れる。賃金格差・待遇格差・インスタントな人間関係も原因。いずれもないあたしは幸せ者。▼証言でたどる被告の半生
植松被告、めっちゃ普通の人生を送ってきた人なんだな。
明るくてクラスの人気者でバスケ部で彼女や友人を大切にしてて…

会員登録してないから途中までしか読んでないけど、普通すぎて驚いた。
記事の中の複数の証言だけで判断は出来ないが、几帳面、ポジティブ、行動力の裏で何か欠落を感じる。物事を表面でしかとらえず、思考の深さは感じられない。思考の浅さを感じる。
子ども時代の環境や高校の時の交際相手の話を読み、ますます謎が深まった。危険ドラッグや大麻のせいでないとなると何なのか?一方で大麻のせいだとしても遺族は納得できないだろうし。
→証言でたどる被告の半生 やまゆり園事件、死刑の判決
この人いい奴のように見えるけど、それまでの人生の決断と諦めも短絡的だな自分の事すら他人と思ってそう。自暴自棄とかそういうのではない感じ自分も俯瞰で見ちゃう3人称視点みたいなやつ。
 
PR
PR