TOP > 国際 > 緊急事態宣言、スペイン風邪では「一定の効果」 だが… [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

緊急事態宣言、スペイン風邪では「一定の効果」 だが… [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの感染症に対し、首相が「緊急事態」を宣言できる改正新型インフルエンザ等対策特別措置法13日、成立した。宣言を受け、都道府県知事が、外出自粛や休校などの要請や指示ができるようになった...

ツイッターのコメント(17)

1918年9月から12月末までの米国17都市について、流行の早い段階で学校の休校や集会の禁止、教会、劇場の閉鎖などの対策をした都市は、取らなかった都市に比べて流行ピーク時の死者を半分に抑えることができた
・コロナウイルス
中小企業の総倒れが起きる可能性が有る簡単には終息出来無く企業活動の自粛要請で体力の無い下請け企業から倒産して下請け企業が無く成る可能性も先が見通す事は不可能。
はっきり言えよ。
安倍総理の今回の対策はセントルイス型で武漢肺炎にはある程度効いており正解だと。
マスク消毒薬不足は悪徳再販業者の買い占めと部材の中国依存が原因だ。

緊急事態宣言スペイン風邪では「一定の効果」 ・コロナウイルス
>すでに行われているイベントの自粛や学校の休校といった社会、経済的な活動の制限は、感染症の拡大を防ぐ対策としては一定の効果がある
→ 「法的根拠がないにもかかわらず、政府のイベント自粛の要請に対し、多くの国民が従っている」と?何でも法的根拠が先だとでも?この論なら緊急対応など何も出来ない。国の後に法があり、国の前に法は無いと思うが。
社会、経済的な活動の制限は、感染症の拡大を防ぐのに有効なのか。100年ほど前のスペイン風邪では、「一定の効果があった」とされる米国の都市の取り組みが知られています。 ・コロナウイルス
今頃こんな記事を書いても単なるアリバイに過ぎない。どうせならもっと「提灯」記事を書いた方が良い。メディの幹部も喜ぶし政権も嬉しい。書いた本人もその方が居心地がいいだろうに!

:朝日新聞デジタル ・コロナウイルス
国民が「東名阪道」を勝手に封鎖(ほとんど移動しない)して、店も閉店同然(客が行かない)の現状、「緊急事態」より満員電車1両の窓を開ける等、個別の工夫が必要。
・コロナウイルス
グダグダ分かりにくい論調。
結論は《武漢肺炎》に対する《緊急事態宣言》は意味が無いと《遠回しに言いたい》朝日新聞。
それ程にまで、世界が混乱・暴動に荒れ狂うのが見たいの?
社会の《公器》ではなく、《悪の僕》と呼ぶべき朝日新聞。
<岡部信彦・川崎市健康安全研究所長は今回の法改正について、新型コロナウイルスが予想以上に広がり、なおかつ重症者が増えた場合に備えるための「『準備』としてなら賛成だが、あくまで伝家の宝刀であってやたらに抜くものではない」>

・コロナウイルス
緊急事態宣言を「伝家の宝刀」と表現したり、「法的根拠がないにもかかわらず国民が従っているから影響はない」と評価する異常さ。これがこの国の専門家・有識者と呼ばれる老爺集団の実態なわけだ。

緊急事態宣言
法制定の意義は、安倍政権の法的根拠無視の独断施策に対して枠をはめたこと(決して十分ではないが)。
「多くの専門家は…イベントの自粛や学校の休校といった社会、経済的な活動の制限は、感染症の拡大を防ぐ対策としては一定の効果があるとみている」 #立憲ボイス
新型コロナウイルスの感染症に対し、首相が「緊急事態」を宣言できる改正新型インフルエンザ等対策特別措置法13日、成立した。
新型コロナウイルスの感染症に対する「緊急事態」宣言。国民の生活や経済活動を制限するこのような措置は、海外では100年ほど前に流行したスペイン風邪でも行われていました。
・コロナウイルス
バカを集めて反日活動。人殺し
「宣言が出たとしても大きな変化はないだろう」。すでに大規模イベントの自粛や学校の一律休校済み。「法的根拠がないにもかかわらず、政府のイベント自粛の要請に対し、多くの国民が従っている」実質的な影響はないとみる。
我が国の緊急事態宣言といっても、立法例あっても実例がないし、私権制限といっても、土地の収容して感染者収容病院を新設する必要性が高いのかもよくわからず… 必要性がわからんといえば然り。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR