TOP > 社会 > 屋根にブルーシートの光景変わるかも 応急処置に新手法:朝日新聞デジタル

屋根にブルーシートの光景変わるかも 応急処置に新手法:朝日新聞デジタル

 昨年9月に台風15号が千葉県内を直撃してから半年が過ぎた。県内では約7万4400棟の住宅が損壊し、今でも屋根を吹き飛ばされるなどした多くの家がブルーシートで覆われている。業者不足で、まだ修理が手つか...

ツイッターのコメント(26)

昨年9月に台風15号が千葉県内を直撃してから半年が過ぎた。県内では約7万4400棟の住宅が損壊し、今でも屋根を吹き飛ばされるなどした多くの家がブルーシートで覆われている。
〈フィルムを接着していけば、巨大な建造物などもすっぽりと覆うことができる。覆った後にバーナーで熱すると対象物の形に密着。〉

破れる心配少なく、平米1500円と安く、工事は半日。
〈「シュリンクフィルム」という、耐久性のある特殊なフィルムで屋根をすっぽり覆う技術が注目を集めている。〉
( ..)φ→「業者不足で、まだ修理が手つかずの住宅もある中で、「シュリンクフィルム」という、耐久性のある特殊なフィルムで屋根をすっぽり覆う技術が注目を集めている」【 応急処置に新手法:朝日新聞デジタル】
シュリンクフィルム、難燃性ポリエステル製、熱を加えると収縮する特性、対象物を包んでからバーナーで熱を加える。サイズの大型化、接着も可。耐性はどの程度?永続性を目的とした構造物にも使用できるのだろうか。

屋根にブルーシート
これは良さそう。-
屋根瓦の吹き替えのかわりにならんのかなこれ。長持ちする材質的な何かで
昔、竹の物干し竿のカバーに使っていたような物だろうか:朝日新聞デジタル
30㎝×500mで約1万円
微妙だなあ
屋根の覆うブルーシートに代わり、「シュリンクフィルム」という、耐久性のある特殊なフィルムで屋根をすっぽり覆う技術があります。

施工するのは、プロテクションサービス(川崎市)です
根本的な解決方法じゃないけども・・・
覆って熱を加えると縮んで屋根の形に密着。飛んで行ったり剥がれたりせず2年位もつらしい。工費は1平米1500円。屋根の修理を待つ間の応急措置として一つの選択肢になるかも知れない。でも社員3人
コロンブスの卵的な感覚を久々に味わっている>飛散物などで傷がつかない限り破れる心配は少なく約2年はもつ、工費は1平方メートル1500円ほど、一般的な家屋であれば工事は半日ほどで終わる|
屋根全体をまとめてラップするみたいな感じかな?
継ぎ目もなくて隙間風も入ってこないかな。
二年持つから、本格修理までのリリーフ!!

朝日新聞デジタル
建物を保護できるフィルムは厚さ0・15ミリ~約0・22ミリの難燃性ポリエステル製。大きいものでは1辺の長さが90メートルのものもあり、フィルムを接着していけば、巨大な建造物などもすっぽりと覆うことができる。
"業者不足で、まだ修理が手つかずの住宅もある中で、「シュリンクフィルム」という、耐久性のある特殊なフィルムで屋根をすっぽり覆う技術が注目を集めている。"
ブルーシートは風で飛ばされたり太陽光で素材が劣化して、数週間〜数ヶ月でダメになってしまうことがほとんど。
それでも次の雨風を防ぐために被災者の人たちは待てないからブルーシートだらけになる。

こういう技術を応急処置として素早く使えるようにできたらいいね!
真夏の気温でフィルム全体が縮小したら、屋根を壊してしまうのでは!?
フィルムは飛散物などで傷がつかない限り破れる心配は少なく約2年はもつ。工費は1平方メートル1500円ほどで一般的な家屋であれば工事は半日ほどで終わるという。「ブルーシートを張り替える手間や費用を考えれば
これは風に飛んだりせず密着するし、2年ほど保つなら最高ね!
前々から、もういっそ屋根を覆う用のブルーじゃないブルーシートをどこか販売したらいいのにと思ってたが、こっちの方が良さそう。むしろ最初から2年ごとに屋根を吹き替える建物を作ってしまう手もありそう。仮設住宅や店舗にも使えそうだし、光が透過して採光もいいのかな。
ポリエステル製シュリンクフィルム
ちょっとクリストっぽい
千葉)台風で飛んだ屋根に注目技術 シュリンクフィルム:朝日新聞デジタル
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR