TOP > スポーツ > 大相撲春場所、戦後初の無観客開催へ 新型コロナ対策 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

大相撲春場所、戦後初の無観客開催へ 新型コロナ対策 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、日本相撲協会は1日、大相撲春場所(8日初日、エディオンアリーナ大阪)を無観客で開催すると発表した。同日午後、外部理事を含む臨時理事会を大阪市内で開いて決めた。...

ツイッターのコメント(13)

"ただし、同協会によると、場所開催中に力士が感染した場合は中止にするという。"って、バカなの?検査されるまでに最低4日は裸で取っ組み合いしてる事になるんですけど。
> ・コロナウイルス
これはこれで一興♪(´ε` )
欲しがりません、勝つまでは…
大相撲は「神事」の側面があるからなあ。
寂しすぎる😢もはやなんのために開催するのかわからない😅
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、日本相撲協会は1日、大相撲春場所(8日初日、エディオンアリーナ大阪)を無観客で開催すると発表
真夏の東京オリンピックも米国向けテレビ中継料目当てに開催されるのだから、コロナ感染が収まっていなければ、中止や延期せず無観客で全て開催すればよい。> ・コロナウイルス
イイねえ~ 最高だなぁ~ 桟敷もガラガラで…
客が居なければ旧態依然とした「相撲茶屋制度」等の利権屋が困るだろう、あのどこぞの追われた人気者の元親方がほくそ笑むかも知れないな…
相撲協会としては苦しい判断だろうが更に一歩踏み込んで中止でも良かったのではないか。力士同士の取組は言わば究極の濃厚接触だからだ。仮に感染しても場所中には発症せず潜伏期間中にも周囲にばらまく可能性がある。
あの・・・「技能審査場所」は別扱いなんでしょうか・・・? |
無観客で開催すれば損失は日割りで増える、力士やスタッフのウィルス感染への危険度も増す、それでも強行するメリット、若しくは中止する事のデメリットとはなんだ。

・コロナウイルス
やむを得ない措置ですが、6場所中1場所の収入が飛ぶのは痛い。今回は不祥事ではないだけに余計につらいところ
・コロナウイルス
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR