TOP > 国際 > 反米の保守強硬派が大勝、イラン選挙 投票率は過去最低:朝日新聞デジタル

反米の保守強硬派が大勝、イラン選挙 投票率は過去最低:朝日新聞デジタル

27コメント 登録日時:2020-02-23 22:13 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 21日に投票があったイラン国会(定数290)選挙で、イラン内務省は23日、開票結果を公表した。各政治勢力別の議席は公表していないが、地元メディアによると、反米を基調とする保守強硬派がテヘラン選挙区(…...

ツイッターのコメント(27)

21日に投票があったイラン国会(定数290)選挙で、イラン内務省は23日、開票結果を公表。反米を基調とする保守強硬派がテヘラン選挙区(定数30)で議席を独占するなど、大勝した。投票率は約42・6%で、前回の約62%を下回り、過去最低だった。
アメリカ大統領候補は選挙でイラン政策をどうするか、を発言しなければならない!
そらそやろ、としか…。あれだけ喧嘩を売られていて親米になるはずはない。
「最高指導者ハメネイ師の影響下にある護憲評議会による事前の資格審査で、対外融和路線のロハニ大統領を支持する改革派・保守穏健派の多くが失格となった」

要するに茶番。イランの選挙なんて元々こんなもの
一番のニュースはわずか42・6%という投票率の低さ。イランは投票率の高さ=政治参加の熱の高さ=現体制への信任とみるため、あの手この手で投票率アップに努める。つまりこれは体制への不信任に近い。
えー。反米強硬→小競り合い
誰も根本的には戦争していい事無いんだから、何とかならないか、、
嫌な流れになってきているが、やられた方は忘れないのでしょうがない。その前にアメリカが再度叩くか?
イラン政府による人権弾圧による投票率低下と、トランプ大統領の強硬策への反感による政権支持のあいまった結果ではないか。

この結果の「功績者」は、ハメネイ師とトランプ大統領の2人だろう。
事前審査で、「反米」の保守強硬派と、「反米」の穏健派しかでれない選挙なんだから、常に「反米」が勝つんだよwwwあの「選挙」は。
大統領を支持する改革派・保守穏健派の多くが選挙に出ようとしたら失格にされた
このような選挙への介入は、最高指導者ハメネイ師の意向が働いていないわけがない
世界中で投票率過去最低。皆、地上の権力者達に飽きれている。その中でも日本ダントツ低投票率。さすが日本。
ハメネイ氏が事実上選挙を仕切っていますけど、対米強行に進みそうですね。
現段階でも話し合いが進みそうに内のにだいぶレベルを上げそうな感じかな
トランプのバカたれ。穏健派おいつめてどーすんだよ。
選挙そのものが怪しい気がするし、前回と比べても異常に少ない投票率は、米国支持者には投票させてないとか…
いずれにせよ、記事が朝日新聞なので、更に歪曲した内容だと理解して読まないと。
タイといい最近の流行りは立候補させないことか /
指導者のどっちつかずな態度が民衆を失望させた結果。
イランと米国の緊張感はより一層高まりそう。😖
またガソリンも値上げするかも😣
イランの場合、選挙ではなく「選挙」です。選挙はありません。勘違いしてはいけない。民意を表していない。
イラン 投票率は過去最低に
・投票率42・6%、前回62%を下回り、過去最低
多数の候補が「護憲評議会」の事前審査で失格につき

・改革派・保守穏健派は大幅に議席を減らしたとみられる


・当選に必要な得票数に満たなかった議席は4月17日の第2回投票で選出
:なんちゃらあかりって人、この結果どう思ってんだろう…
イラン国会選挙、反米派が大勝するであろうことは予想できたけど、何でこんなに低投票率なの?>42.6%
COVID禍はこの国も地味に強いのだけど、その辺り含めた国民感情とかってどうなんだろう
>「投票率は約42・6%で、前回の約62%を下回り、過去最低だった」
トランプ氏の行動こそが反米保守の勝因だが、問題は低投票率であり、一部の声のでかい人たちによって国運が左右される状態でもあるということ。
そりゃイランだってブチ切れるよ。あんな事起きたら。無関心は国がいつまでも生活が向上しないからこその現れ。さぁ、トランプはどう動くかな?
21日に投票があったイラン国会(定数290)選挙で、イラン内務省は23日、開票結果を公表した。
以上

記事本文: 反米の保守強硬派が大勝、イラン選挙 投票率は過去最低:朝日新聞デジタル

いま話題の記事