TOP > 社会 > ジュンク堂京都店が2月末に閉店 観光地化が影響:朝日新聞デジタル

ジュンク堂京都店が2月末に閉店 観光地化が影響:朝日新聞デジタル

55コメント 登録日時:2020-02-20 00:31 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 書店大手の丸善ジュンク堂書店は、京都市下京区にある「ジュンク堂書店京都店」を2月末に閉店すると発表した。背景には、外国人観光客の増加による街並みの変化があるという。 京都店は1988年、現在の阪急京…...

ツイッターのコメント(55)

@sapporo_otaru 後はこれか。理由としたら。ビル老朽化と地勢変化。
昨日たまたま通った時に「また今度寄るしええかと」思ってたのに、、、。また一つ思い出の場所が消えてゆく。
デデドン
ここ品揃え豊富なのに…
閑散としてきましたが…
京都はジュンク堂も一見さんお断りなので、観光客は入れないとかなんとか😋

>
うーんまあいろんな背景もあるっぽいけど、やぱリアルは減るよなあ。
ぇ…
専門書探しによく通ってたし寂しい(´・ω・`)
これは寂しい。
学生時代はお世話になりました。
店の人は中国人観光客で成り立っているのかもしれないが我々日本人には京都は行きづらくなったね 昔の静かで風情ある京都に戻ってほしいと切望するのは自分だけ?   #インバウンド #京都 #ジュンク堂京都店
1872年 いやな~に、これが最初の陸蒸気、の年に京都に出店!
『京都には、小説家・梶井基次郎(1901~32)の代表作「檸檬(れもん)」で舞台となった「丸善京都本店」が、1872(明治5)年に出店』
その昔、ジュンク堂京都店で文庫本を数冊買はふとしてレジに持って行ったところ、レジ内に二人ゐた女性店員の片方が突然笑ひ出し、非常に不快な思ひをした。それ以降、ジュンク堂で本を購入することはなくなった。
えー、学生時代よく行ったな。しばらく京都行ってないけど、街並み変わってるんだろうなぁ…
観光地に住むということは、あなた自身の生活がショーになってしまうということだ。観光「地」が希少価値なのではなく、観光「客」が希少価値を持つので、
あなたは客の要望に沿う仮想現実を生きることになるだろう。あなたは生きるためにあなたの本当の生活を失うのだ。
先日、京都に行ったときも寂しい思いで店を眺めてきた。
「これ以上、投資しても厳しいだろうと。やむなく閉店することにした」
お世話になった本屋さんの閉店は寂しいですね。

”1988年、四条通沿いにオープン。オフィス街としてのイメージが強かったが、徐々に外国人観光客が増え、街並みや客層が変化”
入居しているビルの老朽化と、河原町に同じ系列の丸善があることから閉店を決断したという。また近隣に系列店舗があるという同じ理由で、名古屋のジュンク堂も今月末で閉店することも発表。
確かにあそこにはなかなか足をのばしにくくなっていたのだけど。厳しい……
書店大手の丸善ジュンク堂書店は、京都市下京区にある「ジュンク堂書店京都店」を2月末に閉店すると発表した。
HELLO WORLDのせかいせんと
友達バイトしてたとこ!寂しいな😢
寂しいですな。。ここで基本書や演習書買って必死こいて勉強した記憶があります。|
全然知らなかったけど、"檸檬"の舞台になった所はまだ残ってるのか。
あらー
お世話になりましたね。
こんなもん大嘘やで
観光客重視の内容になって通う意味が全くなくなったからお客さん減っただけよ
高校生くらいの時に変化出始めてここ10年くらいは地元民置き去りの内容やったで
これは悲しい。
出町柳界隈で小さく再開してくれないかなー
書店大手の丸善ジュンク堂書店は、「ジュンク堂書店京都店」(京都市下京区)を2月末に閉店すると発表しました。背景には、外国人観光客の増加による街並みや客層の変化、ビルの老朽化があるといいます。
福岡と対照的だな、京都もビッグバンすべき
まじでー
三月书店刚刚宣布关门,这又来一家。。。
うわーマジか残念。でも電子書籍買うようになってから行く頻度明らかに減ったしそういう事情もあるのかな。
とうとう…ノォォ━━(゚д゚;)━━ッ!!!!
この場所じゃないけど今日学生時代よく行きました( •̥́﹏•̀ू )
…ショック。゚(゚´Д`゚)゚。
大学の時は趣味系の本を探すにはうってつけのところだったのに。。。
昔この近くのECC予備校(今は無い)に通ってたので、ここも行きまくってた。通るたびに懐かしく思ってたけど…。
ちょっと前に告知されたとき夫婦で落涙しました。
大事な場所でした。
今でも大事な場所です。
最後ですから、当事者が納得したい閉店理由で一向に構わないですよね。。。

「ジュンク堂書店京都店」を2月末に閉店すると発表した。背景には、外国人観光客の増加による街並みの変化があるという。
もう本屋でぶらりと読んでから購入というのはできなくなるのかなー
オフィス街ではなかった気がするけど、雰囲気は変わったのは確かやもんな。ビルのファサードを新しくしはったとこやったのに。これで本を買うなら烏丸か河原町の両端に行かなあかんようになってしもた…
観光地化の影響なのだろうか、京都人が気位ばっか高くて本を読まないからでは
個人書店だけでなく大手書店も閉店ラッシュ >
まー書店は潰れる。石炭から石油になったようにな。
最近河原町の観光地化がやばいよね
地元の人寄り付かないんじゃ…?
なんとー。これも時代か…
うちも、最寄駅に線路を挟んで2店あったうち1店はだいぶ前に閉店してしまった。商売競争がニッチの追求の足かせになる現状では、急速に多様性がしぼんでいる。儲け度外視でも流石に赤字では維持できんから。/
知らんかった!
本が売れない云々と言うより、そういう事だったのか!
うーん、本屋がなくなるのは寂しい。
肉球関西のセミナーのフライヤーも置いてくれた。(ジュンク堂梅田さん)
店内にいすとテーブルを置くジュンク堂スタイルは、京都進出あたりから始まったような。
残念だがこの流れは止まらない。
以上

記事本文: ジュンク堂京都店が2月末に閉店 観光地化が影響:朝日新聞デジタル

いま話題の記事