TOP > 社会 > 人事院局長、自らの答弁を撤回 検事長の定年延長問題:朝日新聞デジタル

人事院局長、自らの答弁を撤回 検事長の定年延長問題:朝日新聞デジタル

459コメント 登録日時:2020-02-19 17:28 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 東京高検検事長の定年延長問題をめぐり、人事院の松尾恵美子給与局長は19日の衆院予算委員会で、国家公務員法の延長規定が検察官には適用外とした1981年の政府答弁の解釈について「(人事院は)現在まで同じ…...

ツイッターのコメント(459)

「19日の衆院予算委員会で、国家公務員法の延長規定が検察官には適用外とした1981年の政府答弁の解釈について(略)12日の同委での自身の答弁を撤回」「法務省の見解とのずれをなくした形だ」
公務員になった方は国をよくしようという高い志があったはずです。思い出してください。
あなたがしていることを子どもに話すことができますか。
安倍政権はなんでも自分たちの都合が良いように法解釈をねじまげ続けている。
まぁ、もう、冗談抜きに、安倍政権はそもそも人事院とかなくなればいいとか思っていそう、とか、思っちゃいます、はははは...。(本気で国家機構を全て解体したいんでしょうね...)
アベは自分の犯罪行為を立件させないため、子飼いの黒川の定年を無茶な法解釈とヤクザまがいの恫喝で無理やり延長させた。反社に日本が乗っ取られそう!国民は反アベの強い意思表示を!
法治国家民主主義としての日本終わった感あるな。
GDPも下がったし安倍さん辞めてもらいたい。
現政権への庶民の対応策は香港が教えてくれた。
預貯金の現金化、国債の現金化、自営業の確定申告の延期
国家公務員法は検察官には適用外、との明確な1981年の政府解釈について、人事院の答弁が
12日「(人事院は)現在まで同じ解釈を続けている」
  ↓
19日「『現在』という言葉の使い方が不正確だった。撤回させていただく」

人事院にも、圧力で白を黒と言わせる政権。
そんな解釈できないのに間違っているとメディアは批判しないのか?
嫌な感じ。何でも総理の思い通り。これじゃ野党に政権なんて任すこと出来ない。野党は政権の暴走抑える大切な責任あるのでは?
批判なら、一般人でも十分なんだけど!
人事院も遂に安倍晋三によって腐敗したか!本当に安倍晋三を国民の手で即刻排除しない限り、日本の腐敗は手の施しようがなくなる事態にまできてしまっている!
もう情けない国になってしまった。さすがに酷すぎる。
もはや何言っても関係ないじゃん。あとで訂正しますーで全部済む。マジでほんとにこの国の状況はまずいって。
アベ政権を許したら、無法家国家な成り下がってしまう。
だから議事録等文書が必要なのに、肝心の文書を隠蔽、廃棄、捏造してしまうから何でもやり放題。大日本安倍王国か。
検事長の定年延長は違法です。

が、罰則もなく、客観訴訟ができない日本では、司法によって是正することはできない(でしょう)。

法は第一に「法を無視する内閣総理大臣を予定していなかった」
法は第二に「最終的には国民が(選挙等で)是正することを予定している」
人事院総裁は裁判官出身のはずなのに、すっかり政権に取り込まれちゃったんだな。地位と引き換えに、法曹としてのプライドも全部ドブに捨てたのかな。
本当に怖い世の中になってきた。。。。。。。
政府の答弁くらいあわせておけよ。バカじゃないの。もうダメだなこの内閣。
人事院って内閣からの影響を受けない機関って認識なんだけど、もし辻褄合わせをしているならかなりまずくないか?
まさに安倍独裁政治ですね。
これといいANAホテルといい、何をどういう「わからせ方」してるんだろうかな(、官邸は)…。
内閣に官僚人事を任せた事が失敗だったのではなく、愚者がトップに立つと、この制度は国を滅ぼしかねないという事を改めて実感する。
安倍流何でもかんでも私物化
国会内でも
「言い間違えました」
で物事済むので
もうこの国に常識だの良識だの要らない様です。
これが安倍政権を支える方々が望む
美しい日本なんだそうです。
このニュースにもあきれた。日本はもう法治国家じゃないんですね。政権による法運用のねじ曲げにつじつまを合わせるむちゃくちゃな対応。行政や検察に対する信頼を自ら破壊する
とは愚の骨頂。/
安倍晋三に麻生太郎
人事院は脅せてもコロナウイルスは脅せない ヤクザもマフィアも太刀打ち出来ませんからね。
検事長の定年延長問題(朝日)
ANAホテルもそうだが、法律を遵守して価値中立的に事実を事実として述べる「正直な人間」は、安倍政権の圧力で口封じや撤回を強いられる。安倍政権下の日本は、私的権力が法に勝る三流腐敗国家へ転げ堕ちている。
ドリルしか見えていない人ばかり。何故そこまでしたのかという、理由を深く考えない愚かさ。
人事院は解釈変更とやらの根拠を示せ。
発現を撤回したanaホテルも、人事院も責められない。今更ながらパスカルの名言が思い出されますね。「力亡き正義は無能なり(野党)、正義亡き力は圧政なり(与党)」
ウイルス危機のフェーズも変わったけど、安倍政権による独裁のフェーズも一段階進んだみたいね。
あっちでは感染症の専門家さんが恐怖して、こっちでは弁護士さんたちが「もはや法の支配ではない」と青ざめている。
こんな政権、官僚に
憲法論議をする資格ないな。
つじつま合わせで済ませる問題じゃないと強く思う。

まったく腹立たしい。
黒川氏は自ら延長せずに辞職するべきだ。恥ずかしくないのだろうか。
世の中コロナ一色だけど、この件も大々的に報じて欲しい。本当にヤバい国になる!
国会答弁を無謬なものとして神聖視しているからこういう苦しい理由付けになるのであって、純粋に局長として事実確認を誤っていたということではだめなのか
-
そんな重要な部分の言い間違いなんてあり得ないでしょ。酷すぎ。
新型コロナウイルスより危険なのが新型ABE(エービーイー)ウイルス。

主な症状は
・嘘をつく
・幼児のような言い逃れをする
・屁理屈をこねる
・内閣府から招待状が届く
なうぶら。:
人事院官僚が正当な答弁を撤回させられる。厚労省幹部がクルーズ船内告発を冷静に論評するが感染者は増加する。それぞれ専門知見は機能しているが、実際の行動は全く別な力で動いている。明治以降の後進国官僚の遺伝子は変わらないのか。
もはやこの国は法治国家ではない。→
▶️ 朝日新聞【 検事長の定年延長問題】

圧力。
凄まじく大きな力を持つ何か。
ここにも
YouTubeを消した岩田氏にも
いまにあなたに
すぐに私に……
.
.
アティータハ
超えていけ
本質は立ち現れる
準備さえ調えば
古代インドの聖者は言うけれど
こういうことが起きると、近い将来、国家公務員の採用に推薦枠が公然と設定され、大臣や議員や高級官僚の子供らが試験無しで官僚になるぞ、きっと。
摂関政治時代のいきなり従五位昇殿のように。
国会は行政府のチェックを行うところのはずが暴走を止められない。
もう何でもありの暴走国家になってしまった。
人事院の局長ってあんまり呼ばれないから、なれてないのが出ちゃったのかなぁ〜()
これは流石にやりすぎでわ??
もうやりたい放題😱
政権与党は衆参両院で過半数を握っているのだから検察庁法を改正しようとすればできる。
それをせずに法解釈の変更を押し通すのは法治ではない。
素直に。
ここまで耄碌してるなら辞めろ。
適性を既に欠いている。
もう法治国家ではない。白を黒と言わせて強引に法を曲げても通ってしまう。
舌先三寸で国家の一大事が決定されることはありえない。
一応、この決定に加わった人間を取り調べ、
拘留して、ぶち込もう。松尾氏はじき釈放。
安倍の悪行のために真面目な官僚が苛められてるようにしか見えない。
撤回というのもあり得ないが、人事院に確認、調整、根回しもできないでこのことをやったことが本当に・・。
もう、法治国家じゃないんだなあ
人事院も殺され、無法・脱法政府の仲間入り…
絶対的な総理様への御忖度で、もはや法律さえ無意味。法治国家から人治国家へ。醜すぎる。会計検査院も人事院も単なる総理の奴隷なら、その存在はむしろ社会の害悪。総理が恐ろしくて言うことも言えない、総理だけにとっての「美しい国へ」。詰まるところ頭が腐れば全部腐る。
人事院も検察官定年延長に異論はないということで政府と一致。
無理矢理感はかなり強いけど、政府、人事院共に検察官の定年延長は解釈変更でOKだという考え。法解釈の問題なので日本は法治国家です。違法と言うことが法を踏みにじる違法でありそもそもその判断は司法ですね
メディアが間違いを「間違いだ」と言えず(言わず)、官僚も間違いを「間違っている」と正せず、やがて国民も間違いを「間違いだ」と指摘できない社会になっていく。そうして全体主義国家は作られていくのかもしれません。
法治国家の前提が崩れていく。心底馬鹿馬鹿しい。やりたい放題じゃないか。
今国会のでたらめな与党側答弁の数々、小学校の道徳教科書に載せて欲しい。載せるべき。
検事長の定年延長って今年の夏までだっけ?だとしたら、おそらく今の内閣はオリンピックやりたいだけなんだろう。オリンピック前の現時点で既に景気悪化してるし、五輪終わったら適当な理由付けて辞めるだろうな。
「現在」は現在でしょう?
リアル「1984」始まる。怖い。。
人事院ってそういうとこだったんだー 信用できん
まさか、という思いと、またか、という思いと。

つまるところ、この惨状も、選挙で国民の多数が選んだ結果なのだよなあ。
官邸からの圧力があったとしか考えられない!。
少しずつ、でも確実に、この国が見てて恥ずかしくなってくる。。
@kantei

安倍のおかげで出世した方々は、後に笑い者となるでしょうね。
「人事院の松尾恵美子給与局長は19日の衆院予算委員会で、「(人事院は)現在まで同じ解釈を続けている」と述べた12日の同委での自身の答弁を撤回した。」安倍政権恐るべし。何処にでも圧力かけ放題。
自分達の都合が良いように勝手に解釈を変えていく安倍政権。彼等にかかれば「平和」とは「戦争」であると解釈されても不思議では無い。
「立憲民主党の山尾志桜里氏への答弁。松尾局長は19日の同委で、「『現在』という言葉の使い方が不正確だった。撤回させていただく」と述べた。」
ぶっちゃけ桜がどうのより、コッチ関連の件のほうが色んな意味でヤバいと思うんだけどなぁ…。
泣けばミルクが与えられる赤ん坊が国を動かしている。
そっかあ。「現在」っていうどう考えても使い誤らない言葉を適切でなかったと言い張るのか。こうなると、物事の時系列はどうでもよくなり、すべての答弁を後でいくらでもひっくり返せる。国会崩壊。
ホントにサラッと書いてくれやがるから一読しただけでは素人目からすると訳がわからん

だけど言いたいことは「首相の解釈変更に異を唱える気はない」ってのはわかった。おい、異を唱えろよ
今こそがまさに「悪夢のような…」だと思うのだが。
政府による言論統制が始まった。『(内閣が窮地に立った時の打開策としての)開戦』は近い。
なんで、*を追及しちゃったのかなあ。
こうなることは、わかってたよね?
人事院は39年前の事例に基づいた発言をしてたわけだから不可解にも程がある。黒川でも黒川じゃなくてもいいけど、東京高検検事長が黒川じゃないと困る人がいる。法を曲げてまで留任させることに違和感を抱かないと。
博多どんたくならぬ
霞が関忖度祭り開催中
あり得ないことが、法治国家である筈の日本で起きている。
問題となっている検察長の定年延長問題の発言を人事院局長が翻したのだ。モリカケや桜の問題等でも虚偽や歪曲された答弁が数多くあったが、法治国家として根幹に関わる事を政権の圧力で変える事を許してはならない。
もうめちゃくちゃすぎる。せめて「あの時点での人事局局長としての解釈はそうだった。内閣、法務省との連携が取れていなかった」とすればよかったのに。でもそうすると法相が嘘つきということになるからダメなのか。
「 検事長の定年延長問題」
後出しで理屈をそろえるってことに既視感。この内閣までに、なかったことはないのかもしれないけど、この頻度…
もうこの国の政事は異様としか言いようがない。嘘つきなアホのためならなんでもありか?@
2度とこんな最低の内閣を作らせない為に、とっとと倒閣し下野させ、首相の権力を制限する法改正をしないといけない。
弁護士 亀石倫子

みんな官邸の言いなり。
もう法治国家じゃない。
すごい勢いで崩壊していく。
過ちは、素直に改めよ!
もうめちゃくちゃ。これが許されているのは大手マスゴミが批判を野党にだけ押しつけているから。-------
安倍に脅されたか忖度したか。
なんで、そっちの方が、折れてるのさ?
法治主義って過去の話になったのか?
地獄におちろ。
検察庁は行政機関であるが司法の一面もある

不起訴という事実上の無罪裁定する裁量を与えられているから

この問題がいかに危険で三権分立崩壊に繋がるか

国民は知るべきだ

延長せざるを得ない正当な理由は何一つない
内閣の閣議決定で、法律の解釈を変更する。これは内閣の行う反社会的行為。クーデターだ。
安倍晋三は民主主義を破壊するテロリスト。
なんかもう日本てメチャクチャになってきましたね。
米国も司法への介入があからさまになってきて、世界はそういう方向に向かっているのでしょうか
人事院の身を捨てての辻褄合わせや!「現在まで(12日まで)」解釈を変えていないと言ったやろ。折角骨のある答弁と思ってたのに。
官僚は圧力さえかければ容易に屈する。その結果、法の支配が踏みにじられても選挙では自民が圧勝する ── 。この国は根本から狂い始めている。否、既に狂っている状態に慣れてしまったのか。
おいおい、人事院まで安倍官邸に取り込まれたのか?「国家公務員法の延長規定が検察官には適用外」とした1981年の政府答弁の解釈をいとも簡単に覆すような軽い扱いをしていいのか?解釈を変更するのなら、相応の理由と説明が必要で、最終責任を法務省に丸投げして逃げるなよ。
なんかさ
安倍総理とか安倍政権の
「矛盾」を正当化しようとして
無理やりこじつけてシナリオ作って
別の言い訳考えたり
「法解釈」変えたり、挙句
「公文書改竄」みたいなの
これで何回目よ?
もっと見る (残り約359件)

記事本文: 人事院局長、自らの答弁を撤回 検事長の定年延長問題:朝日新聞デジタル

いま話題の記事