TOP > 国際 > 中国、ビッグデータが感染者追う 「まるで指名手配犯」:朝日新聞デジタル

中国、ビッグデータが感染者追う 「まるで指名手配犯」:朝日新聞デジタル

16コメント 登録日時:2020-02-15 05:23 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が深刻な中国で、感染の蔓延(まんえん)を防ごうと、ビッグデータや最先端技術が活用されている。非常事態のなか、個人情報が当局に使われることに「やむなし」との声がある一…...

ツイッターのコメント(16)

新型肺炎。中国では、監視カメラの映像から感染者の過去の行動をあぶりだし、乗っていた鉄道やバスの便名、日時、車両番号まで公開される。「プライバシーという言葉は完全に消えた」
感染拡大が止まらないので中国のビッグデータは張り子の虎かと思っていたが、抜け目なくやっているわけか。今後、中国内は感染防御システムで防衛し、隣国に細菌兵器攻撃するという事態も?
・コロナウイルス
武漢肺の感染者追跡に中国がプライバシー無視の極悪システムを活用
最先端技術で追跡中
武漢肺炎の感染者追跡に中国がプライバシー無視‼️
極悪システムを活用して追跡中‼️😱

顔認証で個人を特定すると同時に体温を測定‼️
感染が疑われる人は追跡🧐

なんかヤベェ‼️😭

・コロナウイルス
新型コロナウイルスによる肺炎の感染が深刻な中国で、感染の蔓延(まんえん)を防ごうと、ビッグデータや最先端技術が活用されている。
・コロナウイルス
"山東省政府は1月下旬、煙台市内で確認された感染者の分刻みの足取りをHPに掲載した。

 1月20日 11時12分 三連区駅から公共バス乗車 11時26分 和平家電駅で下車――"
“山東省政府は感染者の分刻みの足取りをHPに掲載。

1月20日 11時12分 ○○駅から公共バス乗車 11時26分 ○○駅で下車――

監視カメラなどで把握した情報とみられ、「まるで指名手配犯扱いだ」と批判も出た”
こういう大きなできごとがあると可視化されるだけで、とうの昔に我々のプライバシーなんてものはなくなっちゃっているのかもしれないな、と思わされる話です。

・コロナウイルス
・コロナウイルス ☞いよいよ”1984”の世界が現実となる。
流石は共産主義国家。
・コロナウイルス
じー。「新華社通信によると、カメラは顔認証機能で個人を特定し、同時に赤外線で体温も計測できる。発熱が確認されれば、直ちに係員が誘導して検査する仕組みだ。技術は検索大手・百度が提供し、今月2日から運用が始まった。」
中国での市中の位置追跡はやり過ぎだと思う一方、日本では国境の出入りさえも把握されていないというのは、ちと頼りなさ過ぎるかな。/
 「まるで指名手配犯」:朝日新聞
・コロナウイルス
→独裁国家では人権は二の次であることは明白。中国民もそれを知らぬ訳はなかろうに。
・コロナウイルス 新約聖書のヨハネの黙示録に、今の中国を暗示するような事が書かれていましたな。獣の数字の刻印が無いと云々の下りが・・・。
以上

記事本文: 中国、ビッグデータが感染者追う 「まるで指名手配犯」:朝日新聞デジタル

いま話題の記事