TOP > 社会 > 正社員と賞与差「10倍超」 他人事でない日本郵便訴訟:朝日新聞デジタル

正社員と賞与差「10倍超」 他人事でない日本郵便訴訟:朝日新聞デジタル

38コメント 登録日時:2020-02-15 05:22 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 日本郵便で働く非正社員ら約150人が全国6カ所で正社員との格差是正を求める訴訟を起こした。労働裁判としては異例の規模だ。今年4月から「同一労働同一賃金」に関連する法律が順次施行されるが、あいまいなま…...

ツイッターのコメント(38)

これだけの規模の労働裁判は過去ほぼ例がないとのこと。多くの原告の方々が厚労省クラブで顔を出して記者会見に臨みました。
まあ、今更感も強い気もするが・・・
そう考えるとJRは勝ち組なのかな??
正社員と非正社員の給与格差は「責任の差」という理屈が日本郵便では通用しないのですね。
非正規側が勝訴したら、正社員の賞与が切り捨てられる。これは、予言ではなくて規定事項(笑)
どの企業も同じような問題を抱えていますね
これからは正社員・非正規とか年功序列などの垣根がなくなっていくと思います。
ボーナスなんてやめにして能力に応じて分配すればいい。
就活して試験合格してやっと正社員、正社員になる意味ないわな、
「日本郵便で働く非正社員ら約150人が・・正社員との格差是正を求める訴訟を起こした」とのこと。弁護士にとって大きなマーケットになるのだろうか。
代理人の棗(なつめ)一郎弁護士は「賞与は10倍から20倍の差がある。賞与の格差が縮まるような判決が出てくれば、非正規労働者の生活はかなり楽になる」と話す。
非正規社員の賞与額が増えると思った?🤔
残念。正社員の賞与額を非正規に合わせます。
正社員と非正社員、賞与差「10倍超」
→少子化の大きな原因の一つが非正規雇用の拡大であることは明白なのに、政府は制限する気がない。年代別で20割を上限とすべし。違反企業は法人増税。
こうなると経営者が正社員で雇う必要性だよね
「原告側は、労働契約が無期か有期かで不合理な格差をもうけてはいけないとする労働契約法20条に違反するとして、損害賠償を請求」
裁判長  10,20倍の差は合理性に欠けるとまでは言い切れない却下😨
経営陣どうにかしてやれよ
もとはといえば、郵政民営化。
小泉純一郎・竹中平蔵のせいだ。
当たり前のことだと思う。

仏を作ったら、魂を入れるべし。
裁判所の判断になじまない案件の気がするね。
いいぞー!頑張って!!差を埋めて欲しい。郵政を皮切りに、他業種もどんどん変わっていってほしい。

正社員のその給与、安月給で耐える人達がいるからキープ出来てるのだぞ?
お前んとこは何倍かな。書けよ。ボケバカ記者にアホほど金出して、派遣社員を搾取しているだろう。
郵便局の非正規はむしろ待遇良すぎてずっといるイメージ
「賞与は10倍から20倍の差がある。賞与の格差が縮まるような判決が出てくれば、非正規労働者の生活はかなり楽になる」
期限つき雇用:昔は学生アルバイト:能力は勝ってる講師の給与の格差は:
若い医者は
長ーく
賞与ゼロだけどね
退職金もねーし
日本郵便訴訟
正社員と賞与差「10倍から20倍」
(朝日新聞)

日本郵便を被告とする訴訟はすでにいくつか
あるが、賞与の差を不合理だとした地裁や
高裁の判決はない(最高裁判決待ち)

しかし、同一労働同一賃金が法制化された今、
これだけの賞与格差が容認されるだろうか
こんな糞みたいな会社辞めたら?元は公務員のくせに、やらかした事は超がつくブラック企業。どれだけの利用者を苦しめた?勤めてるだけで恥だね。身内にいたら総スカン食らう。
労働者を馬鹿にした話だ。
じゃあ、自分のとこのバイトと正社員の格差是正でもすれば?
10倍超はともかく?ある程度の格差はあると思う😑
比較対象にはならないかもしれんけど😐新聞配達は朝夕やっていたら😐完全休みは1月2日だけ😩
拘束時間は短いけどかなりきついよ😎
給料も集金業務をしてある程度?もらえる😐
もう少し末端のひとたちのこと考えて😩
原告側は、労働契約法20条に違反するとして、損害賠償を請求している。正社員と非正社員の間で賞与や祝日手当の支給額に大きな差があるほか、住居手当、年末年始勤務手当、扶養手当などは正社員だけに支給されている。請求額は計約2億5千万円。
「10倍超」って、どういう計算なんでしょう。経験者限定の話ですが、うちの会社では正社員になると給与が下がるので、契約社員のままの人がいます。
本気で言ってんの?!「正社員じゃないから」と研修に出ず、無知のまま勝手に客説明して苦情が来たら「正社員じゃないから」と丸投げ。どこが同一労働?都合良く立場変え過ぎ…… /
経団連の顔色を伺ってニュースにはし辛いでしょうね。
ただ、これは日本郵便のみならず他企業にも波及する大事な訴訟です。
試用期間感覚で契約社員の雇用期間を捉えるから「全員が正社員を目指せ」というような傲慢性を帯びる。契約社員は本来的に職能で判断されるべきで、勤続年数によるヒエラルキーに組み込むのは違うだろうに。/
以上

記事本文: 正社員と賞与差「10倍超」 他人事でない日本郵便訴訟:朝日新聞デジタル

いま話題の記事