TOP > 社会 > 「死ぬの待てということか」ベッドない、武漢患者SOS:朝日新聞デジタル

「死ぬの待てということか」ベッドない、武漢患者SOS:朝日新聞デジタル

29コメント 登録日時:2020-02-05 05:12 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 「本当ならあなたには入院してもらうべきだが、ベッドがない。自分でなんとかして」 中国・湖北省武漢市に住む30代の女性は1月31日、受診先の病院で、医師にこう告げられたという。 朝日新聞は中国のSNS…...

ツイッターのコメント(29)

日本も、政府の対策の遅れで、こうなる可能性があると思います…

・コロナウイルス
・コロナウイルス

武漢ではパンデミックが起きているのが良くわかる。市民は治療されないまま死を迎える人ばかりだ。
・武漢では、急増する患者に医療態勢が追いつかず、住民が治療してもらいたくてもしてもらえない深刻な状況が続く
・病院のロビーで点滴と酸素ボンベを渡され、ひたすらベッドが空くのを待つ
いやいや、死ぬまで待てとは言ってないのではないか?
今死んでくれと 言ってるのではないか?!
共産党独裁国家はそういう政府だ・・・・・そして漢人の残酷さは昔からだ
・コロナウイルス
中国政府が悪いと思う
こうなるのが一番怖いんだよ。
適切な医療が受けられれば助かる命は多い気がする……。
ベットがないので、集団感染してもベットがある環境の方がいい現実😭🙏
病院にベットがないので、集団感染でもベットある環境の方がいいんだよ😭🦠非常に切ない状況でみんな頑張ってる😭🙏
国連WHO は無能集団なのでしょうか?今でさえパンデミックという言葉を避けているようですが収束どころか感染者拡大死者数増加が特効薬ができるまで増え続けると考えます→
これは今の日本の政治状況そのもの。野党が処方箋を作れないまま、メディアが対応しないまま、国民が覚醒しないまま、日本の民主制が死に絶える。
何という悲惨な状況。日本もいつ同じ状況になるか判らない。政府はもっと危機感を持って英断を行って欲しい。
「本当ならあなたには入院してもらうべきだが、ベッドがない。自分でなんとかして」。中国・湖北省武漢市に住む30代の女性は1月31日、受診先の病院で、医師にこう告げられたという。
こういうときこそ段ボールベッドを送ってあげるべきでは
新型コロナウイルスによる肺炎が広がる武漢では、医療態勢が追いついていません。「死ぬのを待てということか」。現地の患者が朝日新聞の電話取材に窮状を訴えました
まだ花見やってる野党はまじで潰れたほうがいいよ。
「ベッドがない。自分でなんとかして」--急増する患者に医療態勢が追いつかず、治療をしてもらえない。武漢市の住人たちが深刻な状況を証言した。
「治療が必要なのに医者は家に閉じこもっていろと言う。死ぬのを待てということか」検査に必要な器材も病床も足りない、混乱する武漢の現場。現場のキャパシティの不足が住民に動揺や不安を与え、混乱状態に。
おはようございます、千床の病院も焼け石に水、人口約千万人の2%が感染し20万人、うち2%が死亡で4千人、その10倍重症者がいるだろう、今がピーク、感染対策を怠ったらこうなる
一面トップがこれだもん。紙面の見出しは「武漢の病院『ベッドない』」「入院できずロビーで点滴」。 /
中国の死者が増えているのはそういうことだよね。
>ベッドない
落ち着いた行動が求められる。早く特効薬を発見して欲しい。武田薬品工業に頑張ってほしい。
「ベッド、自分でなんとかして」患者急増、ひっ迫の武漢
先日どこぞで、中国からの現場ビデオというのを、救急医という人が「重症患者に呼吸器もついていない、救急医療現場の常識に反しているからデマ」と切って捨てていたけど、ベッドも足りてないのに呼吸器が足りてるわけないやんね…
「ベッド、自分でなんとかして」患者急増、ひっ迫の武漢:朝日新聞デジタル
「ベッド、自分でなんとかして」患者急増、ひっ迫の武漢
以上

記事本文: 「死ぬの待てということか」ベッドない、武漢患者SOS:朝日新聞デジタル

いま話題の記事