TOP > 社会 > スマホ使わぬ社員に現金支給 休み時間の風景が変わった:朝日新聞デジタル

スマホ使わぬ社員に現金支給 休み時間の風景が変わった:朝日新聞デジタル

 新聞購読手当や「脱スマホ」手当、ビブリオバトル(書評合戦)の開催など、アナログな取り組みで社員の育成に力を入れる、岐阜県関市の産業機械部品メーカー「岩田製作所」。社員の人間力を育てる長年の取り組みが…...

ツイッターのコメント(20)

『新聞購読手当や「脱スマホ」手当、ビブリオバトル(書評合戦)の開催など、アナログな取り組みで社員の育成に力を入れる』脱スマホはよく分からんが社内ビブリオバトルは良いぞ。チームビルドにも
なんか違う気がするが
何を基準に誰がどう「グッドカンパニー」と評価するのか基準が分からない。オフィスワーカーと工場労働者ではまた事情は変わってくる。名の知られた企業だが次の時代に生き残るかは知らぬ。

脱スマホ、いいねえ。休み時間ぐらい人間らしく過ごしてもらいたいわ。
"新聞購読手当や「脱スマホ」手当、ビブリオバトル(書評合戦)の開催など、アナログな取り組みで社員の育成に力を入れる"
休憩時間の行動に制限を設けている時点で結構法的にまずい気がするんですがそれは。休憩時間の行動で手当の支給が変わるのに休憩時間と言えます?
こういう意見が「前時代的だ」と言われないといいな。
「若手社員が新聞を購読し月1回の感想文を書けば2千円を支給する「新聞手当」の制度も始めた。「どんな仕事をするにも一般常識がベースにある。新聞を隅から隅まで読む力があれば、どんな仕事でもできる」と岩田社長。」
新聞購読手当や「 #脱スマホ 」手当、#ビブリオバトル (書評合戦)の開催など、アナログな取り組みで社員の育成に力を入れる企業が、岐阜県 #関市 にあります。
#デジタルミニマリスト だ
残念ながら必需品ではなくなってしまったのが現実だが、読まなくても生きていけるが読む人が減った分、読んでる人との差が大きいのは明らか。多様化と変革のスピードの速い時代に本当に新聞をお勧め出来る世の中になったとも思えます。
アホなのか?リテラシー下げる取り組みじゃん?朝日はやっぱりあかん
すばらしい!
スマホを使わない社員では仕事にならない当社とは、正反対ですなぁ。
岐阜県関市の機械部品メーカー「岩田製作所」が、グッドカンパニー大賞の優秀企業賞に選ばれました。社員を大切にするその経営方針とは?
「 休み時間の風景が変わった」 内容が読めない記事は見える範囲で判断されて然るべきだから言うんだけどそれ「休み時間のスマホ使用罰金」だろう。給与の一部を現金支給(所得税もかかるだろうし)って呼び、それを取り上げてるだけだ。
スマホで本読めるの知らないの?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR