TOP > 社会 > SARS研究の第一人者、新型肺炎に感染 現地調査で:朝日新聞デジタル

SARS研究の第一人者、新型肺炎に感染 現地調査で:朝日新聞デジタル

94コメント 登録日時:2020-01-22 13:32 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 中国中部の湖北省武漢市を中心に集団発生している新型コロナウイルスによる肺炎で、国の専門家グループの一員として現地調査に入った北京大学第一医院の王広発医師がウイルスに感染していたことが分かった。22日…...

ツイッターのコメント(94)

「コロナウイルスは正しく知れば「防御」できる」って言われると正論ぽく聞こえるんだけれど、実際の所は確率論でしかないんだよなぁ。
「 現地調査で」
過労が感染の最大の要因だろうね。>>>
うーん、この。 →
人類希望の火を絶やしてはいけない。
てかこれこないだ匙投げてたおプロさまだよね?w現地調査なんて絶対に感染対策してるはずなのに感染したってことは、感染力めちゃ高or蔓延半端ねぇってことではw    現地調査で
王氏は重症急性呼吸器症候群(SARS)研究の第一人者としても知られ、隔離された場所で治療中で、容体は安定
⬜️新型コロナウイルスによる肺炎で、国の専門家グループの一員として現地調査に入った北京大学第一医院の王広発医師がウイルスに感染していたことが分かった
王氏はSARS研究の第一人者としても知られ、隔離された場所で治療中で、容体は安定しているという。
とりあえず現時点の確定情報まとめ
潜伏期間二週間、潜伏中でも感染力があり
その為、問診や熱を測るだけでは防疫が困難
致死率3%を超えるのはほぼ確実

SARS対策の陣頭指揮を医師も現地で感染するくらい
患者に接触があると予防が難しい。
どうなっちゃうのさ、この先😭
感染力尋常じゃない。
「少なくとも8日間、現地に滞在したとみられる」
ここからバイオハザードのウイルスのように蔓延していくんですねわかります
空気感染を疑った方が良いのでは?
野口英世かな?
通常のサージカルマスクでは防ぎきれないのか?N95が品切れになるわけだ。感染力軽視し過ぎ?



専門家が感染したことについて、中国のSNS上では「完全な予防策はないということだ」「感染力が相当高いのでは」などの不安の声
マスクは気休めでしかないことの証左
調査に行った専門家まで感染したとなるとこれはかなりの感染力を持ったヤツであるということになるなぁ……
ますますパニック映画っぽくなってきたな。「私の体で新しい治療法を試せ」とか言うパターン。
結構な感染力だな

免疫力おちてる私は
たまらないな…😱
感染力すざまじい…
気をつけてたはずだろうに…
第一人者が感染で😰
どんなマスクでも通るウイルス?😰
専門家も感染とか、まじで映画でよく見たやつ…。
患専門家だから患者との濃厚な接触があったのだろうが、映像や写真で紹介されている「防護服」着用での感染だとすると、一層「怖さ」がつのる。
SARS研究の第一人者 北京大学第一医院の王広発医師、新型肺炎に感染 
>隔離された場所で治療中で、容体は安定しているという。
SARSについて誰よりも良く知っているはずの医師が、武漢に行って新型肺炎に感染したというのは、気になるニュース。予防法とかも良く知っていたはずなのに。。。
これって、マスクしようが何しようが感染するちうことやん。中国はどんだけ強力な生物兵器つくっとんの?
新型肺炎の続報。
アカンなぁ…飛沫感染か…
SARS研究の第一人者であり、「いかなる病気も予防が大切だ」と言っていた中国人の医師も新型肺炎にかかっている。感染力は相当高い可能性がある。そして、間違いなく「人から人の感染」が起きている。日本には明日から大量の中国人がやってくる。他人事ではなくなっている。
>中国のSARS研究の第一人者、北京大学第一医院の王広発医師が新型肺炎に感染し、隔離された場所で治療中wwwww
既に MARS、SARS超えのヒトからヒトへの感染力。米国のパンデミック仕掛けの耐性ウィルスは米国しか持ってないに決まってる★とりあえず、除菌徹底!海外訪問者と接しない事、旧正月狙ってる辺りが鬼‼️
感染症のプロがなんで感染したのだろう?
オタワ/(^o^)\
専門家でも感染するとか絶望的やん( ̄▽ ̄;)
ミイラ取りがミイラにw SARS研究の第一人者、新型肺炎に感染
@wasa__wasa 中国 1番の専門家は感染済み
これは相当、大変な事態なのでは? 外出るときはマスクするか…
だめじゃん。

国の専門家グループの一員として現地調査に入った北京大学第一医院の王広発医師がウイルスに感染していたことが分かった。
@iggy_sunamamire @arimoto_kaori

コレでも政府が動かないのは
異常を通り越してます‼️
「王氏は昨年12月、武漢で肺炎が広がった際に中国国家衛生健康委員会が現地に派遣した専門家グループのメンバーだった。少なくとも8日間、現地に滞在したとみられる。」
少なくとも12月時点で感染が拡大して、当局も相応の対応をしていたということか。
へ~ 「日本での研修歴もある」: -
なぜか日本国政府はひとひと感染を否定しているのよね。
現地調査で(朝日)

予防接種もヘッタクレもない病気に対し、診察という濃密な接触がある医者は、感染しやすい

「研究の第一人者」がコレでは、他はどうなるのか…?
どんどん不安材料が増えてますね
中国、どうするの・・・予防医学力を入れていたドクターだとか…
SARS並みそれ以上に感染力が高いと言うことでしょう…。
厳重な対策をしたであろう専門家も感染した
ということはどんなに対策しても
感染することがあるということだろう
ちょ🥶装備万全の知識のある専門家で感染ってやばいだろ。
@BIJapan いろいろ大変ジャマイカw。いや笑えん、マジに…。>
こいつなんかしたな
専門家が感染したことについて、中国のSNS上では「完全な予防策はないということだ」「感染力が相当高いのでは」などの不安の声が広がっている。
日本はもっと新型コロナウイルス持ちの中国人対策ちゃんやれってことよ
隔離された場所で治療中で、容体は安定しているという。
専門家すら感染するって絶望じゃないか?
SARS研究の第一人者が新型肺炎に感染したニュース。これは軽視しない方がいい。第一人者だから万全の感染対策をしていたはず。同様に相当な対策をしてたはずの医療従事者14人も感染。

こんなのが日本で蔓延したら真っ先に日本の医療従事者に危険が及ぶ。深刻な事態だ。
:朝日新聞デジタル

 専門家が感染したことについて、中国のSNS上では「完全な予防策はないということだ」「感染力が相当高いのでは」などの不安の声が広がっている。
ミイラ取りがミイラになりかけている、、、
あかんやつやないか|
防疫の専門家が感染って相当感染力が強いってことか? やべーな。
|
野口英雄を思い出すが、中国の事だから、「英雄」製造の最中にしか思えないんだよなぁ…  現地調査で
えっ!!武漢に来るな!!との理由が・・・・わかりそう( 一一)
映画コンテイジョンを思い浮かべてしまう。
2020年1月22日

国の専門家グループの一員として8日間 現地調査に入った北京大学第一医院の王広発医師がウイルスに感染していた
2003年にSARSが大流行した際は陣頭指揮をとった
認知症の第一人者の人も認知症になったという記事を読んだ気が致します。。
Oh....最も予防に詳しい第一人者まで
SFの一幕みたいな
もうダメだ・・・(絶望感)
現地調査で(朝日)1.22
コレは既に非常事態。
マジで、“武漢を封鎖すべき”じゃない?。
安倍政権には早急な対策を望む。
あぁ、もう春節で訪日客がどうのとか言っている場合じゃない(*_*;
日本も一刻も早く何らかの対策たてないと・・・。
オリンピックがあるのに・・・。
ミイラ取りがミイラになったか。
なんか、野口英世がかぶって見えた。第一線ってのはどこも命がけだよな。 >>>
北京大学第一医院の王広発医師がウイルスに感染していたことが分かった。22日、中国国営中央テレビなどが伝えた。王氏はSARS研究の第一人者としても知られ、隔離された場所で治療中で、容体は安定しているという。
だんだん心配になってきた
これなぁ、ちょっと気になる。感染力が案外強いのでは。。。
うーん、もし事実なら不安が強まるぞ。
あらまぁ
どこでコロナウイルスをもらってしまったのでしょう?
免疫を持っていないウイルスならほんの少数でも取り込んでしまうと一気に体内で繁殖して発症するのを抑えるのはできませんものね…
これが意味することはなにか。
ヤバいレベルに感染力が上がったのかな?・・・
キュリー夫人みたいだな…早く治ると良いな…。
中国中部の湖北省武漢市を中心に集団発生している新型コロナウイルスによる肺炎で、国の専門家グループの一員として現地調査に入った北京大学第一医院の王広発医師がウイルスに感染していたことが分かった。
細心の注意をしている専門家が感染するとは・・・予防のしようがないということなのか・・・
現地調査で( )…新型なんだし、感染経路もまだよくわからない。そう言う状況で真っ先に飛び込むんだから、感染しないほうがおかしいと思うよ。「第一人者なのに」というよりは「第一人者なればこそ」の感染なのだろう。
接触したって感染しなければ良い。感染しても発症しなければなんてことない。発症しなければわからないこともある。くらいな感じか?
感染調査に行った専門家は、濃厚接触ではあるが当然ながら万全の防護で現地へ向かったはずだ。それでも感染してしまったという事実が、予防が容易ではないことを感じさせてしまう。何はともあれ回復をお祈りします。
以上

記事本文: SARS研究の第一人者、新型肺炎に感染 現地調査で:朝日新聞デジタル

いま話題の記事