TOP > 社会 > 働かない「妖精さん」どう思う 様々な世代から届いた声:朝日新聞デジタル

働かない「妖精さん」どう思う 様々な世代から届いた声:朝日新聞デジタル

162コメント 登録日時:2020-01-19 10:13 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 年を取っても働き続ける――日本はそんな社会に近づいています。一方で、産業構造の変化などから、企業でベテラン社員が築いてきたスキルと業務がかみ合わず、やる気を失っている現実もあります。こうした「働かな…...

ツイッターのコメント(162)

正直俺も妖精さんだから耳が痛い。今週も風邪で2日間休んでしまったし。
妖精さんというニュアンスなつい
うちにもいるんだけど「妖精さん」なんて呼び名もかわいすぎる程ムカつく。前居た所でも迷惑で仲良し人事らしい。スキルないならそれなりの所で違う働き方すれば?うちに居るから妖精さんなんだよ。
働かない高齢者(50代以上)のことを「妖精さん」と呼ぶのか。初めて知った
新聞の記事で『会社に来ているけど、全然働いていない中高年の方々を「妖精さん」と呼ぶ』、という記事を読んで噴いてしまった。って事はオレも妖精サンだなー。平日昼のお屋敷は妖精サンだらけかもしれないね。1人だけせっせと働く本物の、正規の、妖精さん、居るけどw
『昔は妖精じゃなくて妖怪と言った。若い時はああなりたくはないと思ったが、年をとったら自分がそうなってしまった。変なプライドを持たずに、能力の50%でこなせる職に就くのが良いと思う。(京都府・60代男性)』
どう思うもくそもわてこそが妖精や
やあやあわれこそは妖精てなもんや
妖精さんは強い。縮小する業界で上に上がれる人は限られ、縮小による損害は弱い所にしわ寄せがゆく。
30代はアラフォーにいじめられ、40になっても年上年下、同年代から干され、妖精さんになれなかったな

 様々な世代から届いた声:朝日新聞
今の働かない会社のオジサンたち。若いころから自分の仕事を他人に押し付け、自分は責任から逃れる術を身に着けた人のみがそういう身分になれたわけです。そういう卑劣な努力を厭わないならば、若いあなたにも…
……あれ?私、妖精さんじゃね…?🧚‍♀️🧝‍♀️
自営業でよかった
ボーナスも退職金も
有給もないけど。

身の丈に合わせて
縮小していける。
株式会社インフィニアの営業事務職のみなさんに失礼だからネーミングを変えてくれ
この話も絡めて働き方について考えるタイミングなんだろうなと思った
ヒイイ😱
「昔は妖精じゃなくて妖怪と言った。若い時はああなりたくはないと思ったが、年をとったら自分がそうなってしまった」
老害窓際を「妖精さん」と表現するんですね。
勉強になりました。

自分が老害になった時、妖精さんになるはずですので、私は今の妖精さん達を批判できませんね。
仕事とのミスマッチもあるんだと思う。「一定の年齢になったら管理職」以外の選択肢が事実上ないのも問題かと。
新聞社は妖精さんが多い最たる職場かもね
これ取材する側も軽くバカにしてない?
定年延長したところで70歳までバリバリ成果を出せるのは極一部の人だけ。社会が差し伸べるべき福祉の手を会社に委ねてる感じ。雇用し続けるなら仕事に見合った給与にするなど肩身が狭くない配慮を。あと、妖精さんに成れるのは恵まれた極一部の人。

働かない「妖精さん」
私は将来,健康上の理由で「妖精さん」になりそうな気がする (´Д`)
……ので,正直,昇任・昇格はしたくない派.
“日本は年功序列や終身雇用を前提とした「メンバーシップ型社会」として発展してきました。1922年、呉海軍工廠(こうしょう)の技術将校が、年齢と家族数で賃金を決める生活給を提唱したのが出発点とされています。これが戦後、「電産型賃金体系」として確立しました。”
「妖精さん」は、働きたいのにやむを得ず離職した人や、ブランクから復職したくてもできない人や、氷河期非正規の人などから見たらなんともモヤモヤする存在ですが、決して彼らもハッピーなわけではないわけで、日本ってほんとに閉塞感。記事内の色々な声は良かった。
"まさに自分が妖精さんなので何も言えないですが、会社では出来るだけ存在を消し、再就職のための活動をしています。"
妖精っていたずらばっかしてふので、働かないのがデフォルト。
75まで適当に働ける仕事って、なんだろうなと。 政治家かなー選挙受かんないといけないから、ハードル高いよなー
---
即戦力な若手は高給で雇って妖精さんは給料下げればリストラやパワハラは必要ないんだけど、日本はそういう当たり前のことができないルールになってる。これを変えない限りアジアアフリカ諸国にどんどん抜かれていって最貧国になる。労組は一体何を守っているのか。
→一部企業では切り替え済みだと思うが、殆どの企業は職能給に切り替えないと存続が危ぶまれる。
千葉県 80代男性の意見が見事に絵を買いたようなゴミの意見で驚いた。
雇用が固定していると、自分に向いた職種のための技能を磨くインセンティブが失われ、技術の陳腐化と共に人材が陳腐化してしまう。
中年だって学べば技能は伸びるんだから、そういう仕組みの雇用形態の方が両得だと思うんだけどなあ。
この話、同級生が新卒の時に同じグラフ書いてプレゼンしていた記憶。「産業構造の変化」ではなく、「会社に将来の賃金的見返りという、一種の貯蓄を、安い労働で行う」のが旧来の給与体系という論。/
個人な感想。年齢という軸を取っ払って考えるのが必要では。給与は年功序列でなく労働成果に応じて決まるとすれば、若い年配関係なく「仕事ができるかどうか」のシンプルな話になるんでは?>
“若い頃は頑張ったものだ、と言われて10倍近い給与をもらっていきますが、本当にそれなら当時支払われるべきでは? 世代間のモヤモヤで転職を考えることもあります。(東京都・20代女性)”
「妖精さんのようにふんわりできるのはこれまでたまった年休消化のようなものだと大目に見てあげて。(東京都・60代男性)」

お、おう
妖精さん、いつの間にか仕事を片付けてくれてる人ってイメージがあるんだけど、今は働かない人への蔑称として使われるのか。前者の意味で使ってるつもりで後者として受け取られるとよくないし気をつけたい感じだ
アンケートのまとめと解説だけど、結構いい記事。有料限定なのがもったいない。
産業構造の変化などから、企業でベテラン社員が築いてきたスキルと業務がかみ合わず、やる気を失っている現実もあります。こうした「働かない」中高年を「妖精さん」と名付けた若手社員の記事を
妖精さんって、皆が知らない地味だけど必要な微調整とか日常監視とかをやっておいてくれる人のことじゃないのか…。
» 若い頃は頑張ったものだ、と言われて10倍近い給与をもらっていきますが、本当にそれなら当時支払われるべきでは?  様々な世代から届いた声:朝日新聞デジタル
日米教授の50代の論文の質や数に歴然と差があり、それは日本では退官前の消化試合になるのに対して、年齢差別も退官年齢もない米国では、業績次第で報酬も上がるから頑張るインセンティブがあるから、という指摘がある。年功序列から年齢関係なしの人事制度にすれば良いのでは
「政策への不信感が大きい。日本にはつい20~30年ほど前にバブル崩壊や就職氷河期があり、非正規社員を激増させてきました。単純に言えば、上の世代の既得権益を守り、若年層の雇用を犠牲にした。若い世代はこうした日本の歩みをよく見ています」(立教大の中原淳教授)
大企業になれば必ず出てくる問題だと思う。余裕がなければ雇えないのだから。ひと事としない事も大事。
目に余る妖精さんには去ってもらうしかねえだろ。ある程度見える形で仕事してもらわんと世代に関係なく単なる給料泥棒。会社に損害を及ぼしとるという事実の自覚は持ってもらいたいわ。
妖精って?
社内で働かない中高年が妖精と呼ばれるようになった…。組織と生産性圧力の犠牲な気もするし、自らの将来も同じ運命が待ってることの予測は真綿で首を絞める。でも、妖精というラベルに一抹の優しさを感じてもいいのか。。
ピエール瀧、、
外資系だと、60歳超えても普通にプレイヤーいるですよ>
「妖精」ですが何か?w
妖精🧚‍♀️とか妖怪とか…考えさせられるねぇ〜
世代や性別、雇用形態などで、経営者が勤労者同士の対立をあおり、職場で連帯しにくくする例を、特に中小の企業・法人で体感した。労働生産性の高い層への賃金配分は必要だが、中高年への給与削減が、全人件費の圧縮や雇用の劣化、勤務者数の減少に終わらないよう願う。
仕事してる若手に適切な給与を支払えば気にしない🤔
妖精がいるおかげで給与20%upになるならそれでも良いよ( ・∇・)
生産性×賃金で縦横軸を設定したときフリーランスのライターがどの位置に来るか考えて1秒でやめた(辛くて) /
いろんなケースがあるんだなと。/
①経営側の手抜きでは

本気で能力給にしないと

年取るとしんどい、つまりいままでのようにいかない

ただ、目に見えない、数字に現れない業績もあることは確か

それも含めて給与で調整しないと
「扶養家族」って呼ばれる会社があるのわらった
妖精じゃねえよ人間だ。60でリタイヤして年金で問題なく暮らせれば誰も悩まないっての。
きっちり数十年間年金を支払い続けた人が、なぜリタイヤ直前で不安に苛まれなければいけないのか?
職場にいる50代の2人に1人は妖精さんなイメージ。
足を引っ張らないようにして過密な労働をなくさないとな。
小さな分断は、会社の思うつぼだ。
労働者は、団結・塊を作るほうが有利。
派遣さんでザ・ニッポン企業だけど、社員の差(色んな意味)が大きく見える。派遣を顎で使うような人はいませんが、横より縦という感じでこっちに振られる事は多い気がする。社員間は色々あるだろう
妖精さんは、時代の変化に適応できず会社で価値を出せなくなった中高年社員のこと。仕事に慣れてあぐらをかいてたらいつの間にか時代遅れになってしまうんだろうな…。明日は我が身すぎて震える。
びっくりした。俺の事かもと思った /
煽り記事だな、はいはい、、、と思って読んだら割とよかった。
おはようございます

会社に貢献した人を実力主義や成果主義で切り捨てる社会は
ダメだと思うよ

そしてリストラで他社で契約社員の非正規労働力

妖精さんとは酷な言葉

貧富の格差を広げるな

もっと優しい社会をつくろうよ
ユメは思うよ
「世代間の対立をあおるのは非生産的」「ジョブ型正社員の普及を目指すなら、社会保障制度の強化が必要」「日本は『得』と『損』の差が大きいことが問題」「『システム全とっかえ』の議論を」
朝日サマはどうすか?
昔は年に一本しか記事を書かないなんていばってた記者がいましたよね
今日も妖精さんとお仕事です。
本人も辛いと思うがこちらも辛い。自分も将来陥るのかと思うと不安だし、複雑な気持ちだわ。
気がついたらそうなったのは自分のせいだろうが。要らないものは要らぬ。
>雇用形態に関わらず、自分に適した仕事への転職がもっと気軽に出来るようになればよい>……この意見に大いに共感する。
朝日新聞は、実態をわかっていない。
既に多くの大手企業が、高齢層の賃金を抑えている。

この新聞はどっちを向いているのか?
少し話が違うが、先日元職場の人と飲みに行ったとき、雇用整理救済再雇用で現在、元上司が関連職にいることを聞いた。その人は「妖精さん」ではないが、いわゆる「潰しが効かない人」。そして20年も正社員の席を追い続けている(らしい)。周辺は言わない。そりゃ言えないよ~。
様々な立場から様々な意見.面白い.
個人的に若手みたいに働く上司はウザいし若手潰しだと思う.
上に立てば,他にやることあると思う…ので「やってる感」は出さないよう気をつけてる
気の毒な人もいるけれど...『聞こえるようにひどいことを言われている時もあり、本人もつらいだろうに、そんな思いをしながら会社にしがみついて生きていかなければ...』 /
解決したい、この国の課題。
----------
またカスゴミによるネット用語の改変ですか。如何にも「日本型雇用の悪」としたいようだけど…日本型雇用が無くなった結果、技術の継承は行われなくなったよね?という実態もあるのだが('A`)
うちの会社はもちろんだけど、わたしの周りに「妖精さん」当てはまると思う人いないな。走れる大人はかっこいい
彼らの事を妖精さんって呼ぶ人僕以外にもおるのか….
扶養家族なら扶養家族でよさそうだけど、会社自体が妖精さんになってそう (
読んだ。…。/
プラマイゼロならまだいいけど、存在自体が若手のやる気を圧倒的に削ぐし能力のある人から会社を見限って流出していく原因ともなるのがしんどい。【Share】
情報化社会が進み業務効率も益々高まりつつある昨今、昔からいる窓際族の存在がより際立っているのだと思う。今後AIが世に浸透していくとこういった状況は更に加速する。>
千葉県80代さん、逃げ切り世代の高みの見物感がすごいな。 ——
様々な世代から届いた声:朝日
『身近にも差別的はある。ここぞとばかりに年配者をいじめる光景を何度も目にした。上からでも下からでも世代間のいじめ程嫌な物は無い。人ってどうして詰まらん事で優位に立ちたいんだろう?』
80歳のコメント見て笑ってしまったわ。だから老害って言われるんだと思う。
一部意見には同意するし、しがみ付くしか生きていけない体制も問題なのかな
妖精になりたい ( ̄ー ̄) /
○これの話かと思ったw
バブル崩壊後10年程度で年功序列からパフォーマンスペイに変えた会社が多いのですが、変更前入社がまだ相当残っているわけですね。
やば、僕完全に妖精さんじゃん。ひょえー。
ここで言われている「妖精さん」ががむしゃらに働きだしたら、成果は上がるのかな?非効率なのではないかという気がする。働く人同士の対立を無駄に煽る記事、なんなの?と思うわ。

私も妖精さんを目指す!!
80代男性は妖精なんて可愛いもんじゃないな。
妖精と揶揄される働かない中高年。
これ笑えん…
こうならないように、日々危機感をもって生きてます。
役員になるか妖精さんになるかで大違い。定年延長で40代50代から賃金水準を下げるだろうから、今の30代40代はやはり先行き暗いよね。能力評価も業績評価もさほど客観性が無い中、不毛な議論が続く。
お、妖精かな?

"すなわち、相当に長い文章(日本語)の読解力のテストを最重点に実施して頂きたい。ひまさえあればスマホをいじっている人間は、採用試験の受験を門前払いにすべきである。(千葉県・80代男性)"
他人事と思えない……→
千葉県80代のご意見がヤラセくさいけど、80代を老害と言ってヘイトする人たちの欲求不満度の方がずっと怖い。若さって傲慢になれる特権持ってるよね。80代と一緒に毎日過ごしていると、ただの老害とかそんな簡単な話じゃないよって思うようになる。
「妖精さん」といえば、寝ている間に原稿を完成させてくれる働き者と相場が決まっていたのに、時代は変わったな
つまりDTを貫かなくても妖精になれるということですね
( ・ω・)フムフム
これねぇ、80代の意見が一番共感できるな。
みなさんはどう思いますか?
これについて高みからコメントしてる各世代のやつ何様なんだろうか
他人事を煎じ詰めると妖精って表現になるのね
もっと見る (残り約62件)

記事本文: 働かない「妖精さん」どう思う 様々な世代から届いた声:朝日新聞デジタル

いま話題の記事