市職員、生活保護受給女性にライン2千回 性的な内容も:朝日新聞デジタル

 北九州市は24日、担当する生活保護受給者の女性に無料通信アプリLINE(ライン)でメッセージを約2千回送ったなどとして、八幡西区役所保護第一課の木原和博主査(50)を停職6カ月の懲戒処分にし、発表し...

ツイッターのコメント(58)

あー、こういうのか。

市職員、生活保護受給女性にライン2千回
・生活保護女性へのライン。19年12月24日。北九州市50歳の主査に定職6か月の懲戒処分。性的な内容を含むラインを2か月間にわたり約2000回送る。生活保護の捕捉率の調査は18年5月まで行われず。
市職員、生活保護受給女性にライン2千回  内容はわからんけど、少なくともASAP人事異動させた方が良い。やるまいけど。
「北九州市は担当する生活保護受給者の女性にLINEを約2千回送ったなどとして、八幡西区役所保護第一課の木原和博主査(50)を停職6カ月の懲戒処分にし発表した。」(記事本文より)
朝日新聞デジタル
“8月8日から10月4日までのほぼ毎日、性的な内容を含むラインのメッセージを約2千回…女性は生活保護の受給に影響が出ることを懸念して…約1600回返信…やりとりの9割は私的な内容で、木原主査が勤務中のものも約190回…”

八幡西区役所保護第一課主査、50歳・・・。
北九州市は2000年代に悪名高い「水際作戦(門前払い)」「硫黄島作戦(生保の辞退強要)」により多数の餓死者を出した。こうした事件を受けてなお、現場では反省などまったく行わてなかったのか? むしろ生活困窮者に対する憎悪・蔑みだけを募らせていったのではないのか。
1日平均34回。毅然とした態度に出られなかった理由が「生活保護を打ち切られるリスク」ってのが…どちらも(まったく別の意味で)正常な判断ができていない。

市職員、生活保護受給女性にライン2千回
マジでなんでまだ息してんだろこのクソ野郎。
市職員、生活保護受給女性にライン2千回
潰して切り落としてしまえ→市職員、生活保護受給女性にライン2千回
これが免職にならないというのはつまり「生活保護受給者は、女性は、これぐらいの扱いを受けても仕方ない」と市が考えているわけ
 

 
PR