TOP > 社会 > 「データ完全消去は不可能」HDD処理のアナログな現実:朝日新聞デジタル

「データ完全消去は不可能」HDD処理のアナログな現実:朝日新聞デジタル

 神奈川県庁の大量の行政文書が入ったハードディスク(HDD)が転売された今回の問題は、データ廃棄を請け負う業者への信頼を揺るがした。そもそも、個人情報はどのように処理されているのか。 「うちは今は何も…...

ツイッターのコメント(64)

動画:朝日新聞デジタル 特殊なドライバーで開いてディスクプラッタにドライバーあててハンマーで叩いてディスク割るから平気
>請け負う業者に取材を申し込むと、警戒感をあらわにし、口を閉ざす担当者が多かった。
そらあんたら妄想で言ってもない事を取材先が言うたって書くからだろ。@asahi
物理的にHDDにドリルで穴を空ければ完全に消去できる思ってますか?
アホでもわかるよう説明しますね。
昭和時代にあった円盤のレコードって知ってます?
黒くて表面にギザギザあるやつ。
あれドリルで何箇所か穴開けて全部消えますか?
完全にやるなら円盤ヤスリで削る。
ドリル優子を思い出すな(笑
『HDDに3カ所ずつ穴を開けた。(略)「これが最も確実な方法です。絶対にデータは漏れません」』3箇所程度ではデータ密度の高い今のHDDなら結構読めてしまうのでは?--
物理的破壊が一番ってことか……。
《下垣内さんも「確実にデータを消す最も安全な方法は、HDDを破壊すること」と言う。ディスクに直接傷をつけるか、ケースごとドリルで穴を開ける》
大量の行政文書が入ったハードディスクが転売されました。
そもそも、個人情報はどのように処理されているのでしょうか。
データをよみがえらせる達人にも話を聞きました。
専門業者がHDDにドリルで穴をあける動画!刃先が赤くなって白い煙がもっくもく!曰く「これが最も確実な方法です。絶対にデータは漏れません」
このニュース、5年前に秘書と会計が逮捕された小渕優子議員が「これ以上大きな話題になるな」と思っているに違いない。
ボール盤の使い方がクソ過ぎて引く。ドリル刃鈍りきって全然切れてないのに赤熱するまで無理に押し付けるとか火起こしですか?だいたいフレーム削ってるだけでプラッタ無傷では?あとプラッタに穴開けたくらいだと残ってる部分からデータ抜けるから不完全ぞ
火口とか溶鉱炉とかアカンのかしら

【「データ完全消去は不可能」HDD処理のアナログな現実:朝日新聞デジタル】
データを消去して復元は不可能な桜を見る会vsHDD流出。
矛vs盾。
どちらが本当でしょう??
某自民党議員は正しかった。

"「確実にデータを消す最も安全な方法は、HDDを破壊すること」と言う。ディスクに直接傷をつけるか、ケースごとドリルで穴を開ける。"
流石アサヒ、欲望が記事タイトルに出てるな。
穴開けは行き、ブロードリンクもやってるってアピールしてたからな。
穴をあけていないところから読みだせないのかなと素人としては思う。普通では無理だけど軍事機密が入っていることが分かっていればどうか。
>
なのに内閣府のデータは復元できないという。
ドリルだって完全な方法じゃないけどな。
バカみたいに金を掛ければ穴の無い部分のデータはある程度取れる可能性はある。
コストに見合う価値があるかは別。
📄 💬 星形ネジを開けるのはもう飽きた
小渕優子で有名な方法が確実なのか
『比較的新しいHDDは「内科的な処置」をしてリサイクル。22個のHDDがケーブルでパソコンにつながれ、ソフトウェアを使ったデータ消去。消去の完了まで最大4時間ほどかかる』
「データ完全消去は不可能」HDD処理のアナログな現実:朝日新聞
結局は物理的に破壊するしかないんやね。俺もパソコンを処分するときはHDDを破壊しよう。
手間がかかりすぎるから「ドリルで穴あけ」が進まないだけでしょ っていうか、アナログで処理しないとデータが戻せちゃうのは当たり前の話
ウソ書くなや……
全領域に書けば消え去るがな
人間は心にすべてを記憶していると、フロイトは考えました。思い出せないのは記憶が無意識の世界に落ち込んでいるだけで、夢などでひょっこり顔を表すことがある、と。
死ななければ記憶がなくならないのは、人間も、HDDも、同じなのかもしれません。
さんは「ハードディスクに記録されたデータを、100%安全に消去するのは不可能だ」と言い切る。
官庁がこんなレベルの業者に依頼してるのか
データ上書きソフトを使っても大抵はサルベージできるし、全部は無理でも断片は取り出せる!ドリル喰らわすのが正解by #小渕優子
意味の無いテキストファイルを作ってバッチで増殖させれば元のデータは簡単に消せます。でも、他人のパソコンでやるのは止めましょう。ウィルス扱いされます。絶対にやるなよ。
小渕優子は正しかった。/
「HDDのデータ完全消去は不可能ではとの質問があったが、内閣府のバックアップデータは磁気テープに記録されており、これはHDDとは全く異なるものだと報告を受けている」←言いそう
かつてHDD内の磁石集めを趣味にしていたので、ついでにプラッタと制御基板も破壊して、磁石以外は燃えないゴミに出していましたヽ(´ー`)ノ |
HDDはデータ構造の知識があれば復元できる。
DOSの時代は当たり前。
今では、復元ソフトがあれば誰でもできる。
「完全消去は不可能」は言い過ぎ。手間がかかるからやりたくないだけ。
朝日新聞は、あの名簿を復元したい思いを見出しにしちゃったんだね。

首相、データ完全消去は不可能だって・・・
先日国会で答弁をしていた。ハードディスクからのデータ復旧不可能。あれは真っ赤な嘘です。ハードディスクのデータ消去は物理的に破壊しか安全は保証できません。
煽ってるねぇ
「桜を見る会」参加者名簿も復活出来るんだね。
HDDは解体して、中の磁石が強いから使ってる。
あとは円盤をガリガリして破壊すべし
→犯罪の容疑者が証拠隠滅のために消した記録装置からデータを取り出す「達人」として、下垣内さんには全国の警察から依頼が舞い込む。
暗号化するのが一番で作業に5分もかからないのにやらないよね。リテラシーなさすぎなんだよな。
ドリル小淵優子(自民議員)が思い浮かぶ。犯罪者は証拠を隠滅する、全面否定する、雲隠れする。ドリルでHDDを破壊するのは完璧!アベ晋三も!? 内閣ぐるみで!
ドリルが一番確実
方法と同じくらい、誰(どこ)に依頼するかも大事なんですよ。俺がお役所ならここではない。
安倍さん、菅さん、内閣府の酒田元洋総務課長にお知らせしますね。
ハードディスクのデータは物理的に破壊しない限り消去はできないのです。
どのように消されましたか?是非丁寧に説明をして欲しいです。
「確実にデータを消す最も安全な方法は、ハードディスクを破壊すること」ですって。
こういう見出しだと朝日新聞の情報リテラシーを疑う。ハードディスク処分を考えれば当たり前に出てくる選択肢なのに。
「データ完全消去は不可能」HDD処理のアナログな現実:朝日新聞
神奈川県のHDD流出問題で記者がデータ消去や廃棄を請け負う業者へ取材しに行った記事なんだけど、業者の人が「これが最も確実」って言ってHDDにドリルで穴開けて壊してて、結果やっぱ小渕優子さすがだなという感想になった
物理的な破壊しか手はない、と。
+


物理的に溶かすとかしかないんじゃないか。あとは化学処理かな。溶かすのは実際やってる業者あるはず。なんで、そういうところに頼まないのか不思議。
普通滅却処理なら立ち会うとか破壊された実物を見るとか写真で確認するとか作業完了報告書をもらうとかするよね。>
今になって思うと、小渕優子の不正隠蔽意図は相当なものだったのだろうと・・・
溶鉱炉に突っ込めば100%消去できる。再利用したいなら、時間をかけて良ければ、元データを読めないようにはできる。 穴あけ物理破壊は100%確実では無い。
全部0でうめとけばw
神奈川県庁の大量の行政文書が入ったハードディスク(HDD)が転売された今回の問題は、データ廃棄を請け負う業者への信頼を揺るがした。そもそも、個人情報はどのように処理されているのか。
やはりドリルかw。
>「確実にデータを消す最も安全な方法は、ハードディスクを破壊すること」と言う。ディスクに直接傷をつけるか、ケースごとドリルで穴を開ける。

小渕優子呼んでこい。
「「データ完全消去は不可能」HDD処理のアナログな現実」 そんなコトこの業種でわかってない奴なんかいねーよ! 記事にあるドリルなどの物理破壊ですらカンペキであるものか。しかし今回の神奈川県庁のはそういうレベルですらねーから! こういう記事は感心しない。
ドリルで穴開け、ソフトで消去…HDDデータ処理の現場:朝日新聞デジタル
ドリルで穴開け、ソフトで消去…HDDデータ処理の現場
以上
 

いま話題のニュース

PR