TOP > 政治・経済 > 国文書、ジャパンライフ巡り「特異性」記載か 野党追及:朝日新聞デジタル

国文書、ジャパンライフ巡り「特異性」記載か 野党追及:朝日新聞デジタル

17コメント 登録日時:2019-12-03 07:40 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 首相主催の「桜を見る会」に批判が集まる中、安倍晋三首相が2日の参院本会議で、12日ぶりの国会答弁に立った。新たに生じた疑問を次々とぶつけられたが、これまでの政府見解に沿った答えに終始した。野党は追及…...

ツイッターのコメント(17)

ごみくずジャパンンライフだけ優遇政治家と仲良し40年
そうして、桜を見る会問題が単独でおきてる混乱じゃなくてそれにつながる前段階の疑惑。ジャパンライフについて、霞が関の中でどういう扱いだったかが日本共産党の大門議員の国会での活躍で明るみに出された
ふーん。
>野党は追及を続ける構えで、政府・与党の思惑通りに幕引きできる気配はない。
ジャパンライフのちらしに後藤謙次が掲載されてたのですか?
野党追及 安倍首相が2日の参院本会議で12日ぶりの国会答弁に立った。新たに生じた疑問を次々とぶつけられたがこれまでの政府見解に沿った答えに終始。野党は追及を続ける構えで政府・与党の思惑通りに幕引きできる気配はない
悪質だね。↓

「共産党の大門実紀史・・消費者庁が作成したとする2014年の文書を」「特定商取引法違反の疑いを巡る同社への対処方針を議論した際の消費者庁の内部文書」「「本件の特異性」「要回収」などの言葉が記され、「政治的背景による余波懸念」といった記載も」。
野党追及
首相主催の「桜を見る会」に批判が集まる中、安倍晋三首相が2日の参院本会議で、12日ぶりの国会答弁に立った。
官僚は魅力のある仕事、ではないよなー
首相主催の「桜を見る会」に批判が集まる中、安倍晋三首相が2日の参院本会議で、12日ぶりの国会答弁に立った。新たに生じた疑問を次々とぶつけられたが、これまでの政府見解に沿った答えに終始した。野党は追及を続ける構えで、政府・与党の思惑通りに幕引きできる気配はない
桜を見る会、ジャパンライフ疑惑に。政治家の関与で立ち入り検査を見送り、消費者被害が拡大した。2015年1〜3月の被害激増期に利用されたのか、安倍総理からの桜を見る会招待状だった。
朝日!此の追求を報道するのも良いが、🇰🇷が🇨🇳と軍事協定を結んだという報道をすべきだし、国会で審議するより重要な法案や案件があるのではないのか?
"共産の大門氏は消費者庁が作成したとする2014年の文書を公開。大門氏によると、特定商取引法違反の疑いを巡る同社への対処方針を議論した際の消費者庁の内部文書だという。文書には「本件の特異性」「要回収」などの言葉が記され、「政治的背景による余波懸念」との記載も"
¯Â¿Â½Ã¯Â¿Â½Ã¯Â¿Â½Ã¯Â¿Â½Ã¯Â¿Â½Ã¯Â¿Â½Ã¯Â¿Â½Ã¯Â¿Â½
消費者庁が作成したとする2014年の文書には、「本件の特異性」「要回収」などの言葉が記され、「政治的背景による余波懸念」といった記載もある。
「政治的背景」野党追及 ジャパンライフ巡る国の文書か:朝日新聞デジタル
「政治的背景」野党追及 ジャパンライフ巡る国の文書か
以上

記事本文: 国文書、ジャパンライフ巡り「特異性」記載か 野党追及:朝日新聞デジタル