TOP > 社会 > 「全身マンガ家」吾妻ひでお氏をしのぶ 唐沢なをきさん:朝日新聞デジタル

「全身マンガ家」吾妻ひでお氏をしのぶ 唐沢なをきさん:朝日新聞デジタル

 北海道浦幌町出身のマンガ家・吾妻ひでおさんが10月に亡くなった。1980年前後、不条理ギャグや美少女が登場する幻想的な作品で多くのマニアの心をつかみ、後年には仕事や家庭を放棄して放浪生活を送った体験…...

ツイッターのコメント(17)

大好きな作品「リスの檻」が読めるのでみて【
吾妻さん(´;ω;`)
これは!初めて有料でも続き読もう!ってなった
ああああ、この記事は読みたいけど朝日に金だしたくない。
素晴らしい追悼談話。~
唐沢さんのサービス精神すごい。マンガの登場人物になりきっている。
3分の1しか読めないけど、アツいっすね。
なをさん、吾妻ひでお先生を語らせてもらいました!
これ読むために有料会員になっちゃった。ちなみに「全身マンガ家」は同じく癌で亡くなった白取千夏雄「全身編集者」にかけてあるのだろう。
/
有料会員じゃないから、全部読めなかったが、良い記事だ。
中途から有料で読めないけど良記事。確かにダンディー、このコマ見たら今だとモーニングあたりのシリアス漫画?とか思っちゃうな> 唐沢なをきさん:
あとで、ちゃんと読まなきゃ!!(>_<)>
同じ北海道出身、ギャグの感覚に道民独特のニオイを感じます
なんかこう、本州出身の人とは違うんだよねぇ
奇想天外の創刊号買ったの覚えてるから、その時から読んでる?
北海道浦幌町出身のマンガ家・吾妻ひでおさんが10月に亡くなった。
以上
 

いま話題のニュース

PR