TOP > 社会 > 風見しんごさん「交通事故って=地獄」娘と同年の記者へ:朝日新聞デジタル

風見しんごさん「交通事故って=地獄」娘と同年の記者へ:朝日新聞デジタル

17コメント 登録日時:2019-12-08 11:11 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 「交通事故って、イコール、地獄のことなんだ」。当時10歳だった長女のえみるさんが交通事故で亡くなってまもなく13年。タレントの風見しんごさん(57)が、えみるさんと同じ1996年生まれの記者(23)…...

ツイッターのコメント(17)

「交通事故=地獄」と分かるのは自分が交通事件の当事者になってからという悲劇。交通事件が社会の「人柱」かのような状況は、もういいかげん克服されてほしい。対策の本質は社会の在り様そのもの。政府が交通安全実現に本腰を入れるのが「美しい国」への近道なのに。
あの上級国民さん、ホントに逮捕されないのかな…
心に刺さります (ToT)
娘と同じ歳の記者に語った思い

えみるがこの世で最後に見た景色はどんな景色だったんだろうって考えてしまいます。人生の最後に見た景色が迫ってくるトラックだったら、それほど悲しい最後の景色ってと思うと悲しいどころじゃない。もう考えるだけでこっちも恐怖ですよね。
交通事故で、なぜ娘が亡くなったのか。
ずっと考え続けてきた深さが伝わってくる。風見しんごさんインタビュー。
10歳だったえみるちゃんと同じ年生まれの23歳記者が、聞く。
長男と同じ年だから覚えている。というか忘れられない。しんごさんを見るたびに娘さんのこと思い出してる。
遺族の心の穴は埋まらない。
+風見しんごさん「交通事故って=地獄」娘と同年の記者へ
”ゼロにするためには「運転をなくすこと」なんですよ。それが無理だったら「事故が起きない車にする」ことです。12年前は「歩行者のために自動で止まる」という機能を前面に出した車のコマーシャルなんてなかった。”
交通死亡事故を無くそう。😭
“苦しみを越えられないこの場所でも、家族がもう一度笑顔になれる方法があるんじゃないかなと思うようになったんです。”
許さないことを許すこと。乗り越えないことを受け入れること。
いい言葉を引き出しているな。
風見しんごさん「交通事故って=地獄」娘と同年の記者へ:朝日新聞
やはりクルマの広告にも警告表示が必要「運転者は事故と呼ばれる現象により、意図せずとも殺人者となり、被害者とその家族に癒えることのない苦痛を与える可能性があります」
「動画あり」
風見しんご(57歳)→タレント。13年前に当時10歳だった長女のえみるさんを交通事故で亡くす。
本当に悲しい。
風見しんごさん「交通事故って=地獄」娘と同年の記者へ
以上

記事本文: 風見しんごさん「交通事故って=地獄」娘と同年の記者へ:朝日新聞デジタル

いま話題の記事