TOP > 社会 > 動物園の不適切管理、マレーグマが死ぬ 動物福祉って?:朝日新聞デジタル

動物園の不適切管理、マレーグマが死ぬ 動物福祉って?:朝日新聞デジタル

14コメント 登録日時:2019-11-18 03:23 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 札幌市円山動物園が、動物園条例の制定に向けて準備を進めている。「動物福祉」という考え方を根幹とし、生物多様性の保全や教育、調査・研究に積極的に取り組むとの内容を盛り込んだ、国内初の条例を目指す。動物…...

ツイッターのコメント(14)

円山動物園が動物園条例の制定に向けて準備を進めているとのこと。「日本には動物園の意義や役割を定めた法律はない。動物愛護管理法ではペットショップと同列、都市公園法ではベンチや便所と同列の扱い」

レクリエーション機能が中心の動物園がどのように変わるか。また、一般の人にも動物園が果たす役割を伝えることができるか。条例のインパクトが正直よくわからないですが、注目です。
「日本には動物園の意義や役割を定めた法律はありません。動物愛護管理法ではペットショップと同列、都市公園法ではベンチや便所と同列の扱いです」
嘘でしょ?いま何世紀?😱😱😱
札幌市で検討されている条例は、円山動物園についての条例に過ぎない。市内の他の動物園、例えばノースサファリサッポロにはかからない。

つまり規制の意味合いはまったくないが、誤認させる記事だ。

【朝日新聞】
諸坂佐利・神奈川大准教授(公法学)
「日本には動物園の意義や役割を定めた法律はありません。動物愛護管理法ではペットショップと同列、都市公園法ではベンチや便所と同列の扱いです」

『 動物福祉って?』
動画あります(ゾウの単独飼育について)
#動物園 #愛 #祈り
札幌市円山動物園が、動物園条例の制定に向けて準備を進めている。「動物福祉」という考え方を根幹とし、生物多様性の保全や教育、調査・研究に積極的に取り組むとの内容を盛り込んだ、国内初の条例を目指す。
「動物と動物園、さらに働く人たちも守る条例を市民とともにつくりたい」
注目したいですね!
驚くことに日本は動物園に関する法律がない。主に明治時代以来の博物館法で対応して今に至る。つまり法的に動物園の定義もされていない。条例とともに、円山動物園がどう変わるのかも注目したい。
「「動物福祉」という考え方を根幹とし、生物多様性の保全や教育、調査・研究に積極的に取り組むとの内容を盛り込んだ、国内初の条例を目指す」これは目を離せない動き。「動物愛護」ではなく「動物福祉」という点も注目ですね。
以上

記事本文: 動物園の不適切管理、マレーグマが死ぬ 動物福祉って?:朝日新聞デジタル

いま話題の記事