TOP > 科学・学問 > ノーベル化学賞に吉野彰さんら リチウムイオン電池開発:朝日新聞デジタル

ノーベル化学賞に吉野彰さんら リチウムイオン電池開発:朝日新聞デジタル

 スウェーデン王立科学アカデミーは9日、今年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池の開発で、旭化成名誉フェローの吉野彰(あきら)氏(71)や英オックスフォード大教授だったジョン・グッドイナフ氏(97)…...

ツイッターのコメント(26)

昨日からラジオやテレビで「吉野さん、吉野さん」とやたら聞こえて来て、悪い気がしないシン・吉野。
高校も大学も同じ先輩だったとは…(≧▽≦)
ニコニコしてて少し軽い感じが京大卒っぽくなくていいね(笑)会見場である旭化成の雰囲気もいいね。ずっと社員でいるのもわかるわ。イヒッ!
10月9日の気になるニュース
今更ながら知ったけどすごい
でもこれは…世界一位と言ってもいいかもしれない(^^ゞ
会見のノーカット動画です。
ポケGOがっつり楽しめるのも吉野博士のおかげ😊
おめでとうございます🎊
今日は、携帯やノートパソコンに向かって「吉野さんありがとう」と念じながら寝ることにしよう。
日本の吉野彰氏らと共に2019年のノーベル化学賞を受賞した米国のジョン・グッドイナフ氏は、100年を超えるノーベル賞の歴史で、受賞時の年齢としては、全ての賞の中で史上最高齢の97歳。「史上最高」「史上初」等の枕詞がつくと、時事問題の作成者としても出題したくなります。
『自分も女の子にこれだけ泣かれる仕事がしたい!』
【朝日】 リチウムイオン電池開発
とにかく基礎研究。
“化学賞、吉野彰さんらに リチウムイオン電池開発:朝日新聞デジタル”
おめでとうございます。
リチウムイオン電池か。
日本はこの分野でかなりの貢献をしているのは慥かだな。
おめでとうございます。 今年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池の開発で、旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)や英オックスフォード大教授だったジョン・グッドイナフ氏らに贈ると発表した。
リチウムイオン電池開発:朝日新聞

日本の研究者の現況を考えたら「よろこんでる場合じゃねーぞ」とは言っておく。
ノーベル化学賞受賞、おめでとうございます!
リチウムイオン電池という、とても身近な物の開発で、とてもありがたいです😊 …
私たちが日常使っているリチウムイオン電池の開発で、旭化成の吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞されましたね。めでたいです。
素晴らしい!本当に凄い。これが続くように研究に予算を割こう!
おめでとうございます ㊗️
日本の人が開発したんだなぁ。
吉野さんの経歴を調べてみたら、京都大学(大学院)を出ているけど、博士の学位は大阪大学で取得したのですね。
おめでとうございます!/
リチウムイオン電池開発


スウェーデン王立科学アカデミーは、ノーベル化学賞をリチウムイオン電池の開発で、旭化成名誉フェローの吉野彰(あきら)氏(71)らに贈ると発表した。
"スウェーデン王立科学アカデミーは9日、今年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池の開発で、旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)らに贈ると発表。旭化成本社に待機していた報道陣の前に現れた吉野さんは「めでたく2019年のノーベル化学賞を受賞いたしました」と話した。"
この後の会見で喜びを語ります。化学賞、吉野彰さんらに
以上
 

いま話題の記事

PR