一夜にして消えた首里城…翻弄された沖縄の歩みそのもの - 沖縄 [首里城火災]:朝日新聞デジタル

 青い空と濃い緑に、真っ赤な首里城はいつも鮮やかに映えていた。取材で沖縄を訪れるたびに足を運んだ、高台にそびえる琉球王国の遺産。その沖縄の誇りと人々の心のよりどころが、炎のなかに消えてしまった。漆黒の...

ツイッターのコメント(28)

火災の原因と歴史とは何の関連もない、朝日新聞のアホ記事。~
遺産は建物ではなく城郭、つまり石垣です
沖縄のグスクの石垣などの建造物はほとんどが琉球石灰岩から作られていて、白い。石灰岩はコンクリートの原料で、珊瑚や貝の死骸がもとになる加工しやすい軟石。元々は白い石垣だった。
首里城は日本本土とは別の道を歩んだ沖縄の歴史を体現し文化の多様性を物語る存在であり、地元のアイデンティティーの中核だった。近世の薩摩の侵攻や明治政府による日本に編入された琉球処分に始まる苦難の証言者でもあり、歴史に翻弄された沖縄の歩みそのものだったと言える
きびしいことになってしまった。
首里城が全焼したって……信じられない。でも現実だ。
何度見てもショックだなぁ。
朝知って即地元にLINEいれたし...

原因なんやろ。
おふざけはやめて下さいね
朝日はこうやって思想誘導する。火事と歴史は関係ない。
恥ずかしい報道機関だ
火事消失に無理にでも意味合いを持たせたいマスコミの典型例。

一夜にして消えた首里城…翻弄された沖縄の歩みそのもの - 沖縄 [首里城火災]:朝日新聞デジタル
 
PR