TOP > 社会 > 奄美の希少クワガタ、撮影に成功 マニアの乱獲で激減:朝日新聞デジタル

奄美の希少クワガタ、撮影に成功 マニアの乱獲で激減:朝日新聞デジタル

13コメント 登録日時:2019-09-18 08:31 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 鹿児島県・奄美群島の請島だけに生息する希少種「ウケジママルバネクワガタ」が、地上で活動する季節になった。マニアによる捕獲などで激減し、めったに見られない姿を今月中旬、撮影した。 短いあごにずんぐりと…...

Twitterのコメント(13)

鹿児島県・奄美群島の請島だけに生息する希少種「ウケジママルバネクワガタ」が、地上で活動する季節になった。マニアによる捕獲などで激減し、めったに見られない
「乱獲は関係無くはないが、それよりも環境悪化が主な原因なんじゃないか。」

環境悪化も勿論あるとは思いますが、個体数の減少の要因として乱獲が入っている以上、虫屋は“一部の”バザーの二の舞にならないように気をつけなければなりませんね。
政府が乱獲に規制すべきだ!!!!
ウケジママルバネクワガタ カッコイイ👍
希少で珍しいものであるほど、気をつけなければならないのは一部の人間。
奄美群島の請島でそっとしておいてあげて欲しい。他の場所で野外に放たれ、万一、適してしまえば外来種にもなってしまう。
鹿児島県・奄美群島の請島だけに生息する希少種「ウケジママルバネクワガタ」が、地上で活動する季節になった。マニアによる捕獲などで激減し、めったに見られない姿を今月中旬、撮影した。
採集の影響が無いとは言わないが、それより生息地の環境悪化の方が深刻だと思う…
「マニアによる捕獲などで激減し、めったに見られない姿を今月中旬、撮影した」
奄美はノネコだけが問題ではない
固有種の密猟や持ち出しも大事な問題
危なっかしい記事だな >  マニアの乱獲で激減:朝日新聞
ネットでヘイトやスパムを振りまく連中同様、犯罪リピーターにはマーカーを義務付ける時代がすぐそこまで来ている。先進国は極右や犯罪者にもプライバシーを認めるだろうが、中国はすでに導入しつつある。/
 マニアの乱獲で激減:朝日新聞
乱獲か
見たい!が獲るんじゃねーよ。マニアって自分の手元に置きたがるんだよね?何でもそう言論でもね ( 笑 ) 奪るのが好きだったりするのかね?
以上

記事本文: 奄美の希少クワガタ、撮影に成功 マニアの乱獲で激減:朝日新聞デジタル

関連記事