TOP > 政治・経済 > 金融庁「悲願」のNISA恒久化 でも、あの報告書で…:朝日新聞デジタル

金融庁「悲願」のNISA恒久化 でも、あの報告書で…:朝日新聞デジタル

 年末の税制改正に向け、各省庁の税制改正要望が出そろった。10月に消費増税とそれに伴う軽減税率の導入を控え、例年と比べると大きな改正要望はみられない。その中で、金融庁審議会の報告書をきっかけに注目を集…...

ツイッターのコメント(18)

今年から始めたら19年間しか積立出来ないのは何だかなーって感じ😅

あとから成人して投資できるようになっても、積立期間短いと非課税の恩恵も少ないですよね。投資期間は確保して欲しい。
国民が寄ってたかって握りつぶした2000万円の報告書の件
老後2千万円を目指して株式や投信で運用する積立NISA。全ての運用成績を明らかにしたら損失の山、死屍累々だろうね。
「要望で、NISAの恒久化と、つみたてNISAの期限の延長を求めた」2制度の両立が良いものなのかどうなのか… /
つみたて NISA だと、
40 万円 × 20 年 = 800 万円 
老後の不足分 2000 万円を賄うには、基準価額が 2.5 倍に上がる必要があるのだが??
 
この記事のつみたてNISA、NISAの期限の説明おかしくない?
2037年に投資した分は2056年まで非課税なはず。
この書き方だと2037年のつみたてNISAは1年間しか非課税にならないことになる気がするけど。
受け取り拒否というのはお金が動く話だったわけでね
2000万円足りないからこそNISA、とすんなりいけないのが日本のだめなとこですね感。
恒久化すると、いつでも始めてやめられるので「とりあえずやってみよう」とさらにハードルが下がっていいと思います!
わざとらしい見出しだな。
がんばれぇ~!延ばして~!笑
微々たる投資をする身としては課税分が影響大きいもの。専業じゃないんだし優遇してほしいわ~~。 / (朝日新聞デジタル)
とはいえ、NISAは長期投資前提なんだろうから、恒久化しなければ、意味がないゾ。
"そもそもNISAはいつでも解約ができることから、老後の資産形成には向かないとの意見が多く、財務省内には恒久化への反対が多い。"
株価好調に付き

くらいの感覚で雑魚が時限法を延長・継続などとまた始めたのだろうが、
これでは社会保障の話を投資・運用の話にすり替え誤魔化していることを証明しているようなもの。
なんで、税金を少しでも搾り取ろうとする財務省の大臣と兼務する麻生太郎が、売買益と配当からの税収が減るNISA恒久化が嬉しいんだ?そのうち、120万円の限度額上がるぞ!税収減る話なのに。
2014年に始まったNISAは、株式や投資信託への投資で得た利益について、年120万円の投資額を上限に5年間非課税となる制度。つみたてNISAは20年間、年40万円まで非課税で投資できる制度で、18年から始まった。
要は博打な訳で…。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR